• Search Consoleを改善していくみたい

Search Consoleを改善していくみたい

2018年1月から全ユーザーが徐々に新しいSearch Consoleへリニューアルされるようになり、2019年9月に旧Search Consoleが完全に終了しました。それから2年以上、機能の追加はあったものの、基本的UIは変わらなかったSearch Consoleですが、この度デザインが変わりました。そして今後も徐々に変わっていくとのことでしたので、ご紹介しておきます。

G Search Console

Googleからの発表内容

今回のSearch Consoleの仕様変更は、Googleが米国現地時間11月22日にTwitterで発表しています。

Search Consoleの見た目と印象を変えていく作業を始めています。今後数ヶ月かけて、アクセシビリティとユーザー体験を一式改善することを目的に、ちょっとずつ変化が見受けられるようになるでしょう。気に入っていただければ幸いです。

引用)@googlesearchcより和訳

どうでしょう?見やすくなりましたでしょうか。海外の意見では「これを機にGoogle Analytics4で改善された要素も反映されると嬉しい」等の声もあるようですが、Googleが発表した「Look&Feel」という言い方ですと、変わるのはUIやデザインだけなのかなぁ、という気がしますが…実際のところはどうなんでしょう。「improve accessibility and user experience in general」という言葉の中に機能面が含まれるのかどうか…使いやすさという意味では変わるかもしれませんが、取得データ方法や新機能云々という話にはならなそうな気がしています。

個人的には

とはいえ、個人的には見た目は良くなったと思います。というか…私がこのブログをリニューアルしようとしているデザインに似てて…まるで私がパクったみたいになっちゃうと嫌だなぁ、と思っています(笑)。ちなみに、以下が今当ブログのリニューアル予定デザインです。ニューモーフィズムデザインで作成中ですが、色味はちょっと似ています(笑)。うーん…先を越されて悔しいです!

話を戻しますと、確かに今のSearch Consoleではパッチワークで機能を追加していったため、後半に追加された機能は使い勝手が悪く感じたのは事実です。私自身、後半に追加された機能に関してはいまだに苦手意識があります。ですので、せっかく機能が揃った上でUIデザインを変更するのであれば、今後のSearch Consoleの使い勝手に期待したいと思います。


カテゴリー

新着記事

人気記事

過去記事