旧Search Consoleの終了

ちょうど1年前に新Search Consoleがβ版から卒業し、それから今まで新Search Consoleと旧Search Consoleと両方のインターフェースを活用できていましたが、ついに旧Search Consoleが終わりました。Google Webmaster Central Blogで発表されています。

GSC

ふわふわ

旧サチコ終了のご挨拶

既に新しいSearch Console(以下:GSC)を利用している人の方が圧倒的に多かったと思いますので、古いGSCが使えなくなってももう問題ないかと思います。ちなみに、一部旧GSCでしか利用できなかったツールがありましたが、それらはいまだに利用できるようです。以下Webmaster Central Blogの和訳です。

古いSearch Consoleとのお別れ

本日、古いSearch Consoleのホームやダッシュボードページを含む多くのレポートを終了し、また1つの重要な節目を迎えました。これはWebの1つの歴史であり、これまで数百万ものWebサイトのウェブマスターから10億回以上も確認されてきました。これまで10年以上に渡り、サイトオーナーやウェブマスターがGoogle検索でのパフォーマンスをチェックするのに役立ってきました。

これからは古いSearch Consoleのホームページやダッシュボードにアクセスすると、対応する新しいSearch Consoleのページへとリダイレクトされます。今もまだ古いインターフェースで確認することができるいくつかのレポートについては、ヘルプセンターにある伝承ツールとレポートについてをご確認ください。Googleではこれらのレポートから知見を得て、新しいSearch Consoleに活かすよう引き続き邁進してまいりますので、ご期待ください。

以下は最後に感謝の意を表して、裏側で働いてくれた古いSearch Consoleのチームの写真を載せます。また皆様におきましても、以下に表示したSearch Consoleのホーム画面やダッシュボードページ(これに限らず古いSearch Consoleの全てのページ)との良い思い出などについて何かシェアできるものがございましたら、#SCmemoriesというハッシュタグでTwitterで共有くださいませ。

サチコチーム

写真:旧GSCに別れを告げるチーム

サチコ画面

画像:旧GSCのダッシュボード

Webをより良くするために一緒に働き続けてくれてありがとうございました、そして新しいSearch Consoleでまた会いましょう!何かフィードバックがあれば、ウェブマスターコミュニティを通してお知らせください。

引用)Webmaster Central Blogより和訳

ふわふわ

残ツールについて

旧GSCでしかまだ使えない残ツール(Googleはレガシーツールと呼んでいますが)に関しましては、以下のようにヘルプのレポート概要に格納されていますのでご確認ください。

残ツール

それにしても、旧GSCは旧GSCでシンプルで使いやすかったんですけどね。最近のツールは妙なJavaScriptとか挙動が多くて私のようなオジサンにはなかなか受け入れ難いような…(笑)。

とにかく、今後新GSCがどんどんパワーアップしてくれることを期待しましょう。


関連記事

GSCに2つの新機能

Google Search Consoleに新しい機能が2つ追加されました。米国現地時間4月7日のSearch Central Blogにて発表されていましたので、和訳と同時に使い方をご紹介します。 Googleからの発表内容 まずは、Search Central Blogの発表内容を和訳します。お ...(続きを読む)

CWV等に関するFAQ

2021年5月のCore Web Vitalsを含んだページエクスペリエンスのアルゴリズム導入まで1ヶ月を切りました。そんな中、Googleが先日Search Console HelpにてCore Web Vitals及びページエクスペリエンスに関して、よくある質問をまとめていましたので、和訳してご ...(続きを読む)

CLSにおける改善成功事例

さて、来る2021年5月からのCore Web Vitalsを含んだページエクスペリエンスのランキングアルゴリズム導入まで残り1ヶ月を切りました。私の周りでもワチャワチャし出しているところがチラホラ...。まぁ、ページ単位での評価ですので重要なページから焦らず見直していくと良いのですが。そんな中、Y ...(続きを読む)

練習問題と数式の構造化データ

米国現地時間3月25日、Googleでは、新型コロナ禍において教育機会を逸した人々に対して、学習意欲を援助できるように新しい構造化データを設置したことをSearch Central Blogで発表しました。どうやら日本版Googleの検索結果にはまだ対応していないようですが、既に英語圏では対応してい ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。