旧Search Consoleの終了

ちょうど1年前に新Search Consoleがβ版から卒業し、それから今まで新Search Consoleと旧Search Consoleと両方のインターフェースを活用できていましたが、ついに旧Search Consoleが終わりました。Google Webmaster Central Blogで発表されています。

GSC

ふわふわ

旧サチコ終了のご挨拶

既に新しいSearch Console(以下:GSC)を利用している人の方が圧倒的に多かったと思いますので、古いGSCが使えなくなってももう問題ないかと思います。ちなみに、一部旧GSCでしか利用できなかったツールがありましたが、それらはいまだに利用できるようです。以下Webmaster Central Blogの和訳です。

古いSearch Consoleとのお別れ

本日、古いSearch Consoleのホームやダッシュボードページを含む多くのレポートを終了し、また1つの重要な節目を迎えました。これはWebの1つの歴史であり、これまで数百万ものWebサイトのウェブマスターから10億回以上も確認されてきました。これまで10年以上に渡り、サイトオーナーやウェブマスターがGoogle検索でのパフォーマンスをチェックするのに役立ってきました。

これからは古いSearch Consoleのホームページやダッシュボードにアクセスすると、対応する新しいSearch Consoleのページへとリダイレクトされます。今もまだ古いインターフェースで確認することができるいくつかのレポートについては、ヘルプセンターにある伝承ツールとレポートについてをご確認ください。Googleではこれらのレポートから知見を得て、新しいSearch Consoleに活かすよう引き続き邁進してまいりますので、ご期待ください。

以下は最後に感謝の意を表して、裏側で働いてくれた古いSearch Consoleのチームの写真を載せます。また皆様におきましても、以下に表示したSearch Consoleのホーム画面やダッシュボードページ(これに限らず古いSearch Consoleの全てのページ)との良い思い出などについて何かシェアできるものがございましたら、#SCmemoriesというハッシュタグでTwitterで共有くださいませ。

サチコチーム

写真:旧GSCに別れを告げるチーム

サチコ画面

画像:旧GSCのダッシュボード

Webをより良くするために一緒に働き続けてくれてありがとうございました、そして新しいSearch Consoleでまた会いましょう!何かフィードバックがあれば、ウェブマスターコミュニティを通してお知らせください。

引用)Webmaster Central Blogより和訳

ふわふわ

残ツールについて

旧GSCでしかまだ使えない残ツール(Googleはレガシーツールと呼んでいますが)に関しましては、以下のようにヘルプのレポート概要に格納されていますのでご確認ください。

残ツール

それにしても、旧GSCは旧GSCでシンプルで使いやすかったんですけどね。最近のツールは妙なJavaScriptとか挙動が多くて私のようなオジサンにはなかなか受け入れ難いような…(笑)。

とにかく、今後新GSCがどんどんパワーアップしてくれることを期待しましょう。


関連記事
「表示速度上げても検索順位が上がるか分からないんでしょ? じゃあ、そこに作業工数をかけません。」と言う人もいます。そんな時、私は閉口してしまいますが、それって本末転倒ではないでしょうか。 そこで、ちょっと私なりの意見を書いておこうかと思います。 目的は何か? 「検索順位を上げる」という目標を立てる人 ...(続きを読む)
「御社のサブドメインを使って情報発信メディアを作りませんか?情報発信メディアの作成やコンテンツライティング、SEOは弊社側で独自に行います!」という営業を受けたことはあるでしょうか? これ、海外では意外とそういう業者が横行しているようです。私は今のところ1回しかそういう業者に出くわしていませんが、G ...(続きを読む)
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)
今回は個人的な見解の話です。 最近は、ブラックなSEO業者もあぶり出されつつあるようで、SNSでも悪質なSEO業者だと指摘されるケースも多く見受けられます。それはそれでSEOが健全になっている証拠かとも思いますし、非常に良いことです。しかし同時に、それはSEO発注元とホワイトなSEO業者の声が強いわ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。