旧Search Consoleの終了

ちょうど1年前に新Search Consoleがβ版から卒業し、それから今まで新Search Consoleと旧Search Consoleと両方のインターフェースを活用できていましたが、ついに旧Search Consoleが終わりました。Google Webmaster Central Blogで発表されています。

GSC

ふわふわ

旧サチコ終了のご挨拶

既に新しいSearch Console(以下:GSC)を利用している人の方が圧倒的に多かったと思いますので、古いGSCが使えなくなってももう問題ないかと思います。ちなみに、一部旧GSCでしか利用できなかったツールがありましたが、それらはいまだに利用できるようです。以下Webmaster Central Blogの和訳です。

古いSearch Consoleとのお別れ

本日、古いSearch Consoleのホームやダッシュボードページを含む多くのレポートを終了し、また1つの重要な節目を迎えました。これはWebの1つの歴史であり、これまで数百万ものWebサイトのウェブマスターから10億回以上も確認されてきました。これまで10年以上に渡り、サイトオーナーやウェブマスターがGoogle検索でのパフォーマンスをチェックするのに役立ってきました。

これからは古いSearch Consoleのホームページやダッシュボードにアクセスすると、対応する新しいSearch Consoleのページへとリダイレクトされます。今もまだ古いインターフェースで確認することができるいくつかのレポートについては、ヘルプセンターにある伝承ツールとレポートについてをご確認ください。Googleではこれらのレポートから知見を得て、新しいSearch Consoleに活かすよう引き続き邁進してまいりますので、ご期待ください。

以下は最後に感謝の意を表して、裏側で働いてくれた古いSearch Consoleのチームの写真を載せます。また皆様におきましても、以下に表示したSearch Consoleのホーム画面やダッシュボードページ(これに限らず古いSearch Consoleの全てのページ)との良い思い出などについて何かシェアできるものがございましたら、#SCmemoriesというハッシュタグでTwitterで共有くださいませ。

サチコチーム

写真:旧GSCに別れを告げるチーム

サチコ画面

画像:旧GSCのダッシュボード

Webをより良くするために一緒に働き続けてくれてありがとうございました、そして新しいSearch Consoleでまた会いましょう!何かフィードバックがあれば、ウェブマスターコミュニティを通してお知らせください。

引用)Webmaster Central Blogより和訳

ふわふわ

残ツールについて

旧GSCでしかまだ使えない残ツール(Googleはレガシーツールと呼んでいますが)に関しましては、以下のようにヘルプのレポート概要に格納されていますのでご確認ください。

残ツール

それにしても、旧GSCは旧GSCでシンプルで使いやすかったんですけどね。最近のツールは妙なJavaScriptとか挙動が多くて私のようなオジサンにはなかなか受け入れ難いような…(笑)。

とにかく、今後新GSCがどんどんパワーアップしてくれることを期待しましょう。


関連記事

GoogleがHTTP/2に対応

Googleが2020年11月から一部のサイトでHTTP/2もクロールするようになります。私は2016年にHTTP/2を実装してみましたが、明らかにユーザー体験上の効果が出ました。そしてこの度、GooglebotもHTTP/2プロトコルを検知するようになるとGoogleが発表していますので、そのご紹 ...(続きを読む)

Googleにとって初めてのイベント結果

Googleが米国現地時間2020年8月26日にバーチャルウェブマスターアンカンファレンスを催しました。その結果の感想がWebmaster Central Blogに掲載されていましたので和訳してご紹介しておきます。SEO業界における全体の感覚を知っておくのには参考になると思います。 開催報告 新型 ...(続きを読む)

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。