スニペットにレコメンド!?

モバイルでGoogle検索している時(safari)に、今まで見なかった現象が見受けられたので、備忘録的にメモしておきます。テストか何かでしょうか…。

複雑

ふわふわ

体験した内容

Googleでのモバイル検索の上位サイトをクリックし、リンク先サイトに行ったものの、ブラウザの戻るボタンですぐに戻った場合、クリックしたサイトページのスニペット部分に「他の人はこちらも検索」という関連ワードが8つ登場するのです。

モバイル検索結果
例えば「猫」と検索して…

モバイル検索結果からクリック
1番目のサイトをクリック

戻る
リンク先から検索結果に戻って見ると…

レコメンド
「他の人はこちらも検索」が登場。

ふわふわ

確認したこと

私が確認したところ、このレコメンドキーワード(と勝手に読んでいますw)には以下の特徴が見受けられました。

  • 登場するキーワードは8つ。カルーセル表示される。
  • 登場するキーワードは検索した関連ワードに近似しているが全く同じではない。
  • 出現する箇所は1つの検索結果画面に1箇所とは限らない。
  • サイトリンクが出現しているスニペットにはレコメンドキーワードが出現しない。
  • 実際には以下のように2箇所でレコメンドキーワードが出現し、サイトリンクのあるスニペット部分には出現していません。

    他の検索結果

    ふわふわ

    とりあえず情報待ち

    先ほど発見したばかりで、まだ何も情報を得ていませんし、今後どうなっていく機能なのかさっぱり分かりません。他からの情報を待ちます。

    ただ、この機能は“Googleがクリックした先のユーザー動線を追うことが出来ていること”を証明していると言えますね。(以前からGoogle側が述べているように)直帰率が検索順位には影響を及ぼさないまでも、検索心理(インテント)を掌握し、ハミングバードを強化していく上で何かしらのデータは蓄積しているのでしょう。

    しかしながら、こういった立体的機能の充実を「使い勝手が良い」と捉えるのか「複雑で使いづらい」と捉えるのか意見が分かれそうです。ユーザー側にも“検索の知恵”や“検索慣れ”が必要になってくるのかもしれませんね(笑)。


    関連記事
    たまにtitleタグや見出しタグに施策キーワードを入れ込んだり、変更したりしただけで施策キーワードの順位が向上するケースがあると思います。一方で変更しただけでは検索順位がビクともしないケースもあります。これにはどんなメカニズムが働いているのか、私なりにご紹介します。 まずはtitleタグや見出しタグ ...(続きを読む)
    Googleは画像ライセンスに関する構造化データのマークアップに関して、2020年2月に導入して以来、ずっと開発中でした(マークアップしておくことはできた)。ベータ版というのはそのままですが、この度、その画像ライセンスに関して、リッチリザルトテストツールで検証でき、Google Search Con ...(続きを読む)
    Googleは、従来のAMPテストツールに関して、ウェブストーリー化できているかの確認もできるようになったと発表しました。ウェブストーリーはもともとAMPストーリーと呼ばれていたものでして、検索結果から対応しているサイトページ内の画像や動画のスライドショーを閲覧できる機能(Instagramストーリ ...(続きを読む)
    今年3月にGoogleは9月に全サイトページを強制的にモバイルファーストインデックス(以下:MFI)化すると発表していましたが、コロナ禍ということもあり、来年(2021年)3月に延期することを決めました。併せて、改めてMFIに向けて事前に準備しておきましょう的な記事を公開しておりますので、和訳してご ...(続きを読む)

    コメントを書く

    コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。