ユーザー生成スパムを未然に防ぐ

Googleウェブマスター向け公式ブログでユーザー生成スパムに対する記事があがっていましたのでご紹介します。自分の保有するサイトやブログを知らない間に第3者から悪用されないよう、Googleから注意喚起されていました。

雪

ふわふわ

ユーザー生成スパムとは

例えば所有しているブログのコメント欄や、UGC(User Generated Contents)を生成できるサイトの運用者等にとって、たまに訳の分からないコメントや投稿をされたり、機械的にジャンジャン宣伝コメントをされたりするケースがあると思います。

SNSにおけるアカウントユーザーとしてであればInstagramが利用者主導のフィルタリングを出来るようにしたりしていますが、そもそもSNSやUGCを運用管理している側として、こういったものは非常に鬱陶しいと思います。

所有するウェブサイトのコメント欄やフォーラム内のスレッドに、自動生成されたコンテンツが書き込まれているのを見かけたことはないでしょうか。このようなコンテンツは、サイトを訪れた人々にとって迷惑なだけでなく、Google などの検索エンジンによって、望ましくないコンテンツがサイトに関連付けられるおそれがあります。

<中略>

ユーザー生成スパムとは、スパマーが自分のサイトへのトラフィックを増やす目的で、他人が所有するサイトに不正なコンテンツやリンクを投稿する行為です。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

ふわふわ

対処法

こうしたユーザー生成スパムの目的は、誘導目的だったり外部リンク目的だったりしていますので、とにかくそういう悪質なスパム側の利点を無くすような対策が必要ですね。

Googleからは以下9つの対処法を例として挙げています。詳細は元記事をご確認ください。

  • フォーラム ソフトウェアを常に最新の状態に保つ。
  • キャプチャを追加する。
  • 疑わしい動作をブロックする。
  • フォーラムの上位投稿者を毎日確認する。
  • 特定の種類のコメントを無効にすることを検討する。
  • コメントの管理機能を活用する。
  • スパム用語のブラックリスト作成を検討する。
  • コメント欄のリンクに「nofollow」属性を使用する。
  • 自動化されたシステムを利用してサイトを保護する。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

まぁシステムの技術力次第でいくらでもスパム対策は出来ると思いますが、確かにAkismetのようなプラグインは日進月歩で増えていますので、要件定義しながら色々なシステムを探してみると良いでしょう。


関連記事
Googleのリッチリザルトテストツールにおいて、テスト結果内に表示される「ページの読み込みに関する問題 詳細を表示」をクリックすると読み込めない外部リソースを指摘してくれる機能が追加された、とGoogleがツイート発表していましたのでご紹介します。 どういう内容? まずはGoogleのツイート内容 ...(続きを読む)
Googleはモバイルの検索結果画面のデザインを2019年5月に変えました。アイコン表示によってサイト選択の直観性を重視した形となりました。その後、デスクトップ版でも同様の検索結果デザインが散見されましたが、いよいよ正式にデスクトップの検索結果デザインも変更したとツイート発表されましたのでご紹介しま ...(続きを読む)
米国現地時間1月13日にコアアップデートを行うとGoogleがツイート発表しました。正確には現地時間13日の夜にコアアップデートを行うという事前告知でしたので、このブログを執筆しているタイミング(日本時間1月14日午後)にはアップデートが始まっているかと思います。 発表内容 Later today, ...(続きを読む)
SEOにおいて考える時、まず最初に「サイトをどうしたいのか」という要件が必要です。もう数年前までのように「○○というキーワードで検索1位を」云々という人はおらず、どういう市場に対してどうアプローチをしていくべきか、までしっかり見定めてからご相談いただくケースも多くなってきています。しかし、その時点で ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。