Instagramで利用者主導のフィルタ機能

Instagramでは、自分の投稿に対して嫌がらせと感じる語句がコメント内に含まれている場合、ユーザーが予めその語句を指定しておくことで、コメントとして表示されないという機能を実装しました。それは一部の(投稿頻度の多い)ユーザーのみが使える機能でしたが、間もなく利用者全員が使える機能になるとのことです。

インスタグラム画面

ふわふわ

禁句の設定

コメントを完全に遮断しない人は、禁句のリストを作る。それらの語句のあるコメントは、表示されないようになる。もうすぐこの機能は、投稿数がそんなに多くない一般ユーザーにも提供される。
引用)TechCrunch Japan

 

The network will soon allow users to filter their own comment streams — and, if they wish, completely turn off comments — on their own posts.
While Instagram has general policies for what constitutes acceptable speech on its network, different words or phrases are offensive to different people. So this new feature is designed to let users take the mood of their accounts into their own hands and weed out comments that use terms that account holders find personally offensive.

<意訳>
そもそも自分のコメント欄をフィルタリングするために、投稿でのコメントオフ機能を使えば、表示させないことはすぐに出来ます。
Instagram側で公序良俗に反するポリシーを日々改訂していても、その間に新しい語句やポリシーを掻い潜った不快ワードは生まれ続けます。そこでこの度、ユーザー自身が個人的に不快だと思われる語句を設定することで、その語句が含まれるコメントを除外できる機能を実装しました。
引用)The Washington Post

 
例えば「死ね」という言葉は公序良俗に反するコメントとして禁止したり、取り締まることはInstagram側でも行っています。一方で悪質なユーザーは「タヒね」(カタカナの「タ」と「ヒ」を半角入力している)と入力することで、「死ね」という言葉を想起させるコメントを入れたりします。本当に心が荒むイタチごっこですが、こういった新しい書き方や、ユーザー個人にとっては嫌がらせと解釈するような言葉はInstagram側(メディア側)でも取り締まりが追い付かないのも事実です。

そこで、利用者(アカウント)主導でいわゆる“禁句”を設定することで、そのワードを含むコメントが投稿されたら、表示から除外されるという機能が実装されたということです。もともと1ヶ月程前から法人アカウントでは実装されていましたが、近いうちに利用者全員が設定できるようです。おそらくInstagramの設定画面内のオプションに「Comments moderation(コメント調整)」的な項目ができるのではないでしょうか。

ふわふわ

良し悪しかも…

The Washington Postでは、以下のような憂慮も掲げています。

By putting these controls in the hands of users, Instagram has decided to let individual people and businesses make the decision about where to draw the line about what’s acceptable for them. That has its downsides. The possibility of heavy filtering is something that all users should take into account if they turn to the social network to get a read on what people think about a certain topic or to make decisions about which products to buy.

<意訳>
Instagramでは、こうした規制範疇(誰の、どこまでの、どんな内容を制限範疇にするか)をアカウント単位の手に委ねました。ただ、副作用もあります。やたらコメントをフィルタリング設定してしまうと、コメント評価を参考にする閲覧者側からすれば、他のユーザーが実際にどんな評価をしてるか、生の声が分からなくなってしまうことです。(法人アカウントであればフィルタリングのしすぎは閲覧者の商品購入機会を失いかねません。←意訳しすぎかも…)
引用)The Washington Post

 
確かにフィルタリングできる範疇と言いますか…節度をどこまでにするのかで法人アカウント運用している企業側には明暗が分かれるかもしれません。

ただ、そこは目的に合わせてポリシーやコンプライアンスを決めれば良いような気もしています。情報発信としてInstagram活用しているのか、ユーザーコミュニケーションとしてInstagram活用しているのかによって、制限の強弱を考えると良いでしょう。


関連記事

Twitter:スペース(Spaces)について

このブログでClubhouseを紹介して、Instagramライブルームを紹介しておきながら、Twitterのスペースを紹介するわけにもいかないので、2020年12月からベータ版で展開しているTwitterスペースもご紹介します。 Twitterスペース(Spaces)とは Twitterを利用した ...(続きを読む)

Instagram:ライブルーム新設

Instagramのライブ配信は人気の機能ですよね。インフルエンサーが視聴者にライブ動画を配信する機能です。これはインフルエンサーとなるユーザーが別の不特定多数ユーザーに配信するだけでなく、ホストとなって他のユーザーとの1対1のコミュニケーション動画もライブ配信することができました。つまり2人のやり ...(続きを読む)

Twitter:クソリプ抑止テスト再開

以前より、Twitterではリプライ時にセンシティブな内容を含んでいる場合、いったん立ち止まって考えるようiOSアプリでテストをしていました。これが2020年5月頃の話です。その後2020年8月にiOSやAndroidアプリ、Webにてテストを行いつつ、並行してツイート時にリプできる対象者を絞る機能 ...(続きを読む)

人がメディア化する時代のYouTube

私は常々「人がメディア化している今の時代において、もはやプラットフォームはなんでも良い」と言っています。TwitterやYouTube、Instagram等のSNSが盛んになることで、ユーザーは当初そのプラットフォームの可能性を楽しんでいましたが、SNSが成長期から成熟期になるにつれ、プラットフォー ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。