商品のリッチリザルトもGSCで確認

先日、Google Search Consoleでリッチリザルト表示の確認についてご紹介したところでしたが、早速追加で商品リッチリザルトについても確認できるようになりましたのでご紹介します。

リッチリザルト

ふわふわ

商品リッチリザルトの確認

商品リッチリザルトとは、検索結果のスニペット部分に以下の要素が出ているものを指します。サイトページによって表示要素は様々ですが、どれも一応商品リッチリザルトです。

  • ☆評価:
  • 票数
  • レビュー数
  • 価格
  • 在庫あり/なし

このリッチリザルトの表示やクリックについてGSCで確認できるようになったと、Webmaster Central Blogで米国現地時間11月20日に発表されています。

Search Console上で商品結果の新しいレポーティング

先日、Google検索でのショッピング体験をより豊かにするためにGoogleマーチャントセンターとGoogle Manufacturer Centerを通じて、商品のデータフィードをschema.orgのマークアップに追加したことを発表しました。そしてこの度、Search Consoleのパフォーマンスレポート上で[検索での見え方]におけるGoogle検索での商品のリッチリザルトの検索データを新しく確認できるようになりました。

ユーザーはどの商品やブランドを購入するか、決定したり、比較したり、そもそも見つけたりするためにGoogleを使います。ユーザーに対して商品の有益情報を提供するために、Googleは商品説明や価格、在庫などの商品の細かいデータを検索結果に表示させます。

商品リッチリザルト例

イメージ:Google検索結果の商品リッチリザルト表示

サイトオーナーはこういったリッチリザルトの影響力を知っておいたほうが良いでしょう。Google Search Consoleのパフォーマンスレポートはクリック数や表示回数などの重要な指標を提供し、それによりGoogle検索でのパフォーマンスを最適化するためのウェブマスターの理解に繋がるはずです。これらの指標はデバイスごと、地域ごと、クエリごとにより詳しく分類して確認することができます。

そのWebサイトが商品の検索結果に表示されるようになったら、Search Consoleの検索での見え方で[商品の結果]と呼ばれる新しい検索パフォーマンスを分析できるようになります。

商品の結果例

イメージ:[商品の結果]確認例

(上記スクリーンショットにあるように)新しい[商品の結果]確認表示のされ方は、Webサイトオーナーが商品のリッチリザルトについて検索パフォーマンスを理解するのに役立ちます。例えば、以下のような質問に対して回答することができるでしょう:

  • 価格や在庫などのリッチデータを通して、どのくらいのトラフィックがあるのか?
  • 買い物のトラフィックは時間経過に合わせてどう変容するのか、そしてどの検索クエリが表示されているのか?

お気づきの点は、フォーラムTwitterでお知らせ下さい。

引用)Webmaster Central Blogより和訳

ふわふわ

ECサイト必見

まぁ、検索ユーザーからすれば商品リッチリザルトを見ると本能的に「あ、売ってる」って分かりますよね。なので比較検討や購入検討している場合はクリックしやすいです。☆がいっぱい書いてあるのに「在庫なし」って書かれていたりすると若干がっかりしますが…(笑)。

たとえECサイトでなくても、いつ何を販売するか分かりませんので、一応知っておくと良いでしょう。


関連記事

英語版にて検索関連情報を通知

英語版のみですが、Google検索で知らない単語や難しい単語を検索した際、関連する情報の通知を設定できるようになりました。米国現地時間10月21日にThe Keywordにて案内されていますので、和訳してご紹介します。日本に導入した際、ちょっと捻ればSEOにも使えそうですので取り上げておきます。 辞 ...(続きを読む)

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。