GSCでリッチリザルト表示を確認

最近、非常に多くなってきたリッチリザルト。構造化データのマークアップによるものが多いですが、マークアップはしたものの、サイトオーナーは「本当に出ているのかなぁ」と疑問に思うかもしれません。そこで、Google Search Console(以下:GSC)でリッチリザルト表示がどうやって確認できるかについてご紹介したいと思います。

リッチリザルト

ふわふわ

自分のサイトのリッチリザルトを確認するには

今のGoogle検索結果にはFAQやHow to、AMP等様々なリッチリザルト表示があります。そして、自分のサイトにもリッチリザルトに対応できるよう構造化データをマークアップしたり、コンテンツを調整したりすると思いますが、それが実際にどこまで表示されているか確認したいですよね。それはGSCの「検索パフォーマンスレポート」の中で確認できます。[検索パフォーマンスレポート]の中の[+新規]をクリックし、[検索での見え方]から確認可能です。

検索パフォーマンスレポート⇒検索での見え方

ちなみに、ここにタイプ(項目)として出現するのは、サポートされているリッチリザルトのタイプに該当するマークアップやコーディングがされており、且つ実際のGoogle検索結果に表示されたことがある場合のみです。

ふわふわ

表示確認できるプロパティの種類

では、[検索での見え方]のタイプとして表示対象になるものはどんな種類があるのか。Search Consoleヘルプによると、2019年10月現在では以下がサポート対象のタイプとなります。

  • 画像検索結果のAMP
  • AMP記事の非リッチリザルト
  • AMP記事のリッチリザルト
  • AMPストーリー
  • Androidアプリ
  • イベント
  • FAQ
  • Google Play Instant
  • ハウツー
  • 求人の詳細
  • 求人の一覧
  • メディア操作
  • Q&Aのリッチリザルト
  • リッチリザルト
  • 検索結果のリンク
  • Web Lightの結果
  • 動画
  • 商品

※ 米国現地時間2019年11月20日に商品リッチリザルトが加わったので追記。

これだけ見ても分からないタイプがあるかと思いますので、詳しくはSearch Consoleヘルプ内の検索パフォーマンスレポートをご覧ください。その中にある「検索での見え方」で確認できます。

ふわふわ

ダイレクトアンサー枠は対象外

よく「○○とは」等で検索して表示されるダイレクトアンサー枠がありますが、こういったものはリッチリザルトではなく、強調スニペットと言います。また、マイビジネスや著名人が検索結果画面の右上に表示されたりしますが、それはナレッジパネルカードでして、やはりリッチリザルトではありません。ですので、強調スニペットやナレッジパネルカードはGSCの検索パフォーマンスレポート内に普通にカウントされています。抜き出して表示回数やクリック数を確認することは出来ません。
ちなみに、ダイレクトアンサー枠はGSCの検索パフォーマンスレポートでは掲載順位が1位で、ナレッジパネルカードは検索結果1ページ目の最後の順位としてカウントされます。

ほとんどの検索結果要素には、そのページでの掲載順位を表す数値が割り当てられています。次の図に示す検索結果ページは、青色のリンク部(1、3、4、5)、AMPカルーセル(2)、ナレッジパネル カード(6)で構成されています。それぞれの掲載順位は、矢印が示すようにページのメイン部分(左側)の上から下、ページのサブ部分(右側)の上から下の順に計算されます(右から左に読む言語の場合は右側がメイン)。
順位のカウント

引用)Search Consoleヘルプ

ふわふわ

ぜひ検証してみてください

構造化データのマークアップによってリッチリザルト化した場合、検索結果画面で情報に満足するユーザーもいるケースが生じ、結果としてクリック率が落ちるのではないか、という意見も出たりします。実際、私が検証したサイトページではリッチリザルト化してクリック率が下落したパターンもございました。一方で逆にクリック率が上昇したケースも多く、たとえクリックされなくても検索ユーザーにポジティブな印象を与えられたと判断したサイトオーナーもいるようです。

こういった内容もコンテンツ内容によって変わってくるかと思いますので、是非GSCの検索パフォーマンスレポート機能を使って比較してみてください。そして、サイトページ単位で最適解を探ってみてはいかがでしょうか。


関連記事
ディレクトリと内部リンク構造(パンくずリスト)がコンテンツテーマに則したツリー構造になっていて、それが相似しているとクローラビリティ(回遊性)とインデックス効率が良い、という話は何度かさせていただいています。これが実現できれば確かに最も美しいと思います。しかし一方で、これを遵守するあまりユーザーにと ...(続きを読む)
Googleの画像検索結果において、フェイク画像が入っていたりしてユーザーの混乱を招くこともあります。そこで、Googleではファクトチェックした画像には事実確認済みである情報を表記するようになりました。既に世界的規模で導入されているそうで、The Keywordで発表しています。私が確認した限り、 ...(続きを読む)
2018年にも発表がありましたGoogleのスパムレポートについて、2019年度版がウェブマスター向け公式ブログで発表されましたので、ご紹介します。これぞまさしくイタチごっこかもしれませんが、壮大なスパム対Googleの戦いの話です。 概要 2019年を振り返って、Googleからのレポートをまとめ ...(続きを読む)
Core Web Vitalsに関して、Googleがweb.devで計測ツールを紹介してくれていますので、和訳記事をご紹介します。Core Web Vitalsに関しては以下のページもご参考ください。 ウェブに関する主な指標 Core Web Vitalsの登場記事 Core Web Vitals ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。