SXGがAMPテストとURL検査で確認可能に

Sighed Exchanges(Signed HTTP Excanges:以下SXG)という、URL表記を正規URLに転換できる方法が2019年4月にロールアウトされましたが、あれから1年と4ヶ月。そのSXGをGoogle Search ConsoleのURL検査とAMPテストツールで確認(エラー検証)できるようになりましたので、そのご紹介です。

ふわふわ

Signed (HTTP) Exchangesをおさらい

「SXGってなんだったっけ? 忘れちゃったよ」という人に改めてご紹介です。SXGとは、W3CによるWeb Packagesの仕様として開発された技術で、簡単に言うと、主にAMPで表示されるURLが従来のURL(AMP専用のURLだったり、Googleがキャッシュしているとgoogle.co.jp配下のURLだったりしているものに対して)ではなく、正規URL(オリジナルのURL)でツールバーに表示される機能です。つまりAMPで表示されている内容にも関わらず、表示URLは正規URLにすることができる機能です。それによって、SSLやコンテンツも担保しながらGoogle検索からのURL表示等に利用できます。
このSXGが実装されているAMP対象のWebページの場合、Google検索からタップして進んだWebページのURLをそのままコピペして誰かに共有したいと思った時に便利です。逆に言えば、SXGが実装されていないとAMPページからセッションしたりURL共有したりする際、非常に不便です。

ふわふわ

Googleからの発表内容

既に2019年4月から機能化されていたSXGですが、あとは各ブラウザのバージョンアップによる対応待ちな状態でした。その後多くのブラウザで対応できるようになりましたが、AMP自体を行っているWebサイトが少ない中、さらにSXGまで実装するWebサイトも限られており、認知度と浸透力は低かったのではないでしょうか。
そんな中、GoogleがWebmaster Central BlogでSXGに関するレポート機能を強化した旨発表しています。

Signed Exchanges(SXG)は、Web Packagingと呼ばれる新たな仕様の中の一部機能でして、パブリッシャー側のコンテンツ一致性と位置付けを維持しながら、安全にWebページを提供できる機能です。
2019年にGoogle検索では、AMPとしてGoogleのキャッシュが機能している際、Google検索から提供される正規URLに転換記載されたAMP表示ができるようになりました
この機能により、コンテンツページがそのWebサイトに正しく帰属していることを担保しつつ、プライバシー保護を維持したままキャッシュすることが可能になります。

本日より、AMPページにSXGを導入しているサイトにおいて、Google AMPキャッシュを使用しながらSXG機能ページを提供するにあたり、問題があるかどうか把握できるようになります。
AMPレポートを使用して、サイトにSXG関連の問題があるかどうか、自身のWebサイトに[Signed Exchange]を含む問題が発生しているかご確認ください。
また、新しい問題を検出した場合、メールでアラートを通知します。

SXG例

デバッグをしつつ、特定のページがSXGを使用して配信されているかどうかを確認するには、URL検査ツールを使用してURLを抽出し、分析のAMP項目内にSXG関連の問題が表示されているか確認します。

インデックスされたページに関する問題を診断したり、または[ライブテスト]オプションを使って、現在公開しているURLの有効性をチェックすることもできます。

SXG例

今回レポート可能になったSXG問題の種類についての詳細は、SXG問題に関するヘルプセンターの記事をご参照ください。 ご不明な点は、WebmastersコミュニティまたはGoogle WebmastersのTwitterでお気軽にお問い合わせください。

引用)Webmaster Central Blogより和訳

Search Consoleヘルプにも記載してある通り、Search Console内での確認は以下の方法があります。

  • URL検査ツールで、[AMP]内の[AMPバージョンの詳細]の下にある問題をクリック。
  • [拡張]内の[AMP]ステータスレポートで、問題の詳細の中に該当するURLをクリック。

ふわふわ

AMP実装してからSXGを実装してみよう

そもそも今回の話はAMP実装対象であるWebサイトであることが前提の話ですので、SXGが気になる人はまずAMPを実装することから始めてみましょう。私のこのブログはAMP対応しているのですが、(そもそもエージェントワークとして行っている他Webサイトへの対応がプライオリティとして高いですし)SXGは実装していませんでした。

でもせっかくですので、これを機にSXG対応を進めてみたいと思います。


関連記事

GSCの関連付け機能が拡張

Googleは、Search Consoleに関連付けられるサービスが新しく増えた旨、発表しました。今まではGoogle Analyticsとだけ関連付けられましたが、Google広告やYouTube等が加わる形になっています。ここでは、その発表内容の和訳とともにご紹介します。 Googleからの発 ...(続きを読む)

画像検索結果を多様化

Googleは画像検索結果にも多様性を持たせる動きを加えたと米国現地時間2月11日にツイートしました。画像検索結果に様々な画像を表示することで、ユーザーの選択肢や情報を増やすことを目的としているようです。 TwitterでのGoogle発表内容 まずは以下のツイート内容をご確認ください。 Have ...(続きを読む)

Passage(文節)ランキング始動

昨年10月に告知されたGoogleのPassage Indexingについて、「文節単位でしっかりとインデックスしてランキング」しますというPassage Ranking(パッセージランキング)が米国現地時間2月10日にローンチしたと発表されましたのでご紹介します。 Googleの発表内容 Goog ...(続きを読む)

Discoverレポート対象がChromeも

2019年4月から始まったGoogle Search ConsoleにおけるDiscoverのレポートですが、今まではAndroidとiOSのGoogleアプリでの表示に関するレポートだけが対象でした。でも、この度Chromeでの表示に関するレポートも含有されるようになったとSearch Centr ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。