新GSCに機能追加

新しいGoogle Search Consoleの機能は亀の歩みのようにゆっくりと…ゆっくりと…拡張しているわけですが、今後1週間くらいで追加機能がロールアウトされると発表されましたので、ご紹介します。

G Search Console

ふわふわ

どんな機能?

今回は、「URLを検査」という項目が出来たようでして、これは新機能になります。分かりやすいのはGoogle金谷氏のツイートです。

このツイート時の画像を見る限り、新しい機能(というよりも、新しいSearch Consoleにおける追加機能)としては、5つあるように思えます。

  • URLを検査
  • ROBOTS.TXTによるブロックをテスト
  • FETCH AS GOOGLE
  • 検索結果として表示
  • インデックスに送信

ただ、実際にはrobots.txtテスターもFetch as Googleもありますし、「検索結果として表示」「インデックスに送信」も目新しい機能か分かりませんので、やはり「URLを検査」という項目だけ新しい機能になりそうです。

で、この「URLを検査」という機能は、海外SEO情報ブログにも記載されている通り、既にSearch Consoleヘルプとして紹介されています。

URL検査ツールには、Googleのインデックスに登録されたページの情報が表示されます。この情報にはAMPエラー、構造化データに関するエラー、インデックス登録での問題などが含まれます。

引用)Search Consoleヘルプ

要は調査したURLがGoogleにしっかりインデックスされているかチェックするツール機能です。1週間くらいで全員使用できる機能とのことなので待ってみたいと思います。

ふわふわ

Search Consoleにも色々変化?

最近、新Search ConsoleでAMPにおいて「カスタムJavaScriptは使用できません。」という新しい仕様変更が出たり、急に「サイトへのリンク」で過去の被リンクを大量に検知し出したり、プロパティごとに様々な変化が見受けられます。色々と裏側のデータベースをいじっているのでしょうか…。もちろん、運用サイト側(プロパティ側)にも何かしらの問題があるかもしれませんが、何となくまた、インフラストラクチャの更新を実施したのかなぁと思ってしまいました。

でも、今後は色々と新Google Search Consoleにじゃんじゃん機能追加されてきそうですね。


関連記事

英語版にて検索関連情報を通知

英語版のみですが、Google検索で知らない単語や難しい単語を検索した際、関連する情報の通知を設定できるようになりました。米国現地時間10月21日にThe Keywordにて案内されていますので、和訳してご紹介します。日本に導入した際、ちょっと捻ればSEOにも使えそうですので取り上げておきます。 辞 ...(続きを読む)

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。