モバイルでのインターステイシャルは今後順位を下げる

Googleでは昨年9月にモバイルでアプリインストール型のインターステイシャルに関して検索順位を下げると発表していましたが、来年の1月10日より画面を覆い尽くすインターステイシャル型のものは全てモバイル検索順位を下げるとGoogleウェブマスター向け公式ブログで発表されましたのでご紹介します。

表面

ふわふわ

どういうこと?

要はモバイル検索から進んだページに思いっきり画面を覆い尽くすようなインターステイシャルやポップアップがあると鬱陶しくてユーザーにストレスだから、そういうのは検索順位を下げていくよ、というお話です。
 
インターステイシャルって
 

煩わしいインタースティシャルが表示されるページは、すぐにコンテンツにアクセスできるページに比べユーザー エクスペリエンスが低くなります。画面が小さいモバイル端末であればなおさらです。Googleでは、モバイル検索時のユーザー体験をさらに高めるため、ユーザーがモバイル検索結果からページに遷移した際、すぐにコンテンツにアクセスできないようなページを、2017年1月10日より、これまでよりも低く掲載する可能性があります。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
これまではアプリインストールを促すインターステイシャルのみモバイルでの検索順位を下げていくという話でしたが、今後はどんな促進の目的であれ、インターステイシャルであれポップアップであれ、画面を覆い尽くすやつはモバイルフレンドリー・アップデートにより検索順位を下げていくようです(モバイルユーザビリティレポートやモバイルフレンドリーテストに組み込むということはモバイルフレンドリー・アップデートにも組み込むということでしょう)。

ふわふわ

具体的には

Googleウェブマスター向け公式ブログでは、具体例にもイラスト付きで触れています。

コンテンツにアクセスしにくくなる手法についていくつか例を挙げておきましょう。

  • ユーザーが検索結果からページに移動した直後やページを閲覧している最中に、メインのコンテンツを覆い隠すようにポップアップを表示する。
  • スタンドアロン インタースティシャルを表示して、それを閉じないとメインのコンテンツにアクセスできないようにする。
  • スクロールせずに見える部分がスタンドアロン インタースティシャルのように見えるレイアウトを使用して、インラインのメインのコンテンツはスクロールしないと見えないようにする。

 
具体例

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

ちなみに、インターステイシャルやポップアップが全てダメというわけではなく、一部例外も挙げていますのでご紹介しておきます。
 

一方、正しく使うことで、新しいランキング要素の影響を受けない手法についても例を挙げておきます。

  • 法律上の必要性に基づいて表示されているように見えるインタースティシャル(Cookieの使用、年齢確認など)。
  • 一般公開されていないコンテンツ(そのためインデックス登録ができない)を有するサイトが表示するログイン ダイアログ。たとえば、メールサービスのように個人的なコンテンツが含まれる、有料のコンテンツであるためインデックス登録できない、などの場合が考えられます。
  • 画面スペースから見て妥当な大きさで、簡単に閉じることのできるバナー。ここで言う妥当な大きさとは、たとえばSafariやChromeに表示されるアプリインストールバナー程度の大きさです。
  •  
    例外

    引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

     

    ふわふわ

    まぁそんな話もある、程度で

    私が見る限り、日本のスマホサイトでは、もうアプリインストールを促進するインターステイシャルやポップアップは見ませんし、一部広告枠としてインターステイシャルを行っているメディアも今後は無くなっていくでしょう。特に広告枠に関しては契約上すぐには対応できないということからも、Googleは2017年の1月10日という実装猶予を設けたのかもしれません。

    普通にSEOを行っていてユーザー体験を考えれば、本件に抵触するサイトも無いと思いますので、「まぁ、そんな話もある」程度で捉えて置いてください。


    関連記事

    Search On 2020の内容

    米国現地時間10月15日にGoogleがオンライン開催したSearch On 2020。このフォローアップ記事がThe Keywordに掲載されていますので、和訳しながらご紹介したいと思います。結構長いので、挫けず頑張ります...。 The Keywordより ブログ掲載されている内容をまずは和訳し ...(続きを読む)

    文節(passages)単位でマッチング

    Googleは検索クエリに対するマッチングとして、ただのページ単位での概念でなく、コンテンツの一節のみでも最適な回答になっていると判断した場合、検索上位に影響してくる旨を発表しました。Search Onのイベント内で発表したようですが、Twitterでもフォローアップしていましたので、ご紹介したいと ...(続きを読む)

    今後のコンテンツと目次

    Googleのニューラルマッチングシステムの技術により、検索クエリを通して検索者を理解する概念が高まっています。検索者を理解する概念というのは、つまり「どんな人によるニーズか」という概念です。そして、その概念が、(今度はRankBrainによって概念化された)コンテンツとどうマッチングして検索ランキ ...(続きを読む)

    鼻歌検索

    いよいよGoogle検索を通して鼻歌で曲を探すことができるようになりました。(Googleアシスタント等に入力される)音声検索で音の連鎖でマッチングした結果を表示するようです。米国現地時間10月15日にGoogleが発表しました。 Googleの発表内容 The Keywordで発表されたGoogl ...(続きを読む)

    コメントを書く

    コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。