モバイルファーストインデックスって?

ラスベガスで開催されたPubconで米Googleのゲイリー・イリーズ氏がデスクトップ(PC)よりモバイルの方を優先してインデックスすると発表したようです。イリーズ氏が先走って口にした感が強く、まだまだ内容が不確かなため情報が錯綜しています。

ヘルメット

ふわふわ

モバイルファーストインデックスにおける各記事

参考までに最低限確認しておく各記事を以下ご紹介します。

海外SEO情報ブログ

Googleがモバイル ファースト インデックスを導入予定、影響は?対応は?
 

SEMリサーチ

Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
 

SEO Japanブログ

数ヶ月以内にGoogleはインデックスを分割する。モバイルユーザーにより良く、新鮮なコンテンツを届けるためだ。
 

Search Engine Land

Within months, Google to divide its index, giving mobile users better & fresher content
 

The SEM Post

Google Search Switching to Mobile First Index from Desktop Index
 

ふわふわ

スマホが優先されるってどういうこと?

どうやら発表の中に「separate(分かれた)」とか「primary(主な)」という単語の後に「mobile index」や「desktop index」等の単語が続くため、「モバイル専用のアルゴリズムが出来上がって、モバイルとPCで別々にインデックスしていく(=検索結果画面をスマホとPCで分ける)」とか「あくまでインデックスは同じだけれどもモバイル専用のアルゴリズムの方が優先される」とか、の解釈が混在してしまっているようです。

しかしながら、現在では最終的に海外SEO情報ブログの内容が概ね正しいという認識で統一されているようです。

モバイル向けページがプライマリになり、PC向けページがセカンダリになります。
すなわち、モバイル向けページの評価に主に基づいて検索結果ができあがります。
たとえPCからの検索であったとしても、評価の対象になっているのはモバイル向けページです。
引用)海外SEO情報ブログ

 
私のイメージとしては、モバイルに関してはモバイル専用アルゴリズム(内部リンクでも表示速度でもコンテンツでも何でも)で存在し、モバイルの検索結果画面ではモバイルを優先してインデックスするという解釈だったのですが、どうやらPCでの検索結果にもモバイル専用アルゴリズムの方が優先されるようですね。

でも、今のGoogleではPCのアルゴリズムにモバイルフレンドリー要素(=スマホ対応しているか)が加わってPCの検索結果をカスタムした形でモバイルの検索結果が表示されています。それがいきなり真逆になるイメージなのでしょうか?今までのGoogleのスマホ検索に関する慎重さから、こんなにドラスティックに変更される想像がつきません。

つまり、私の解釈としては以下の違いを感じています。

大半の解釈

  • モバイル評価が主要になる
  • それはPC検索において、PC評価よりも優先される
  •  

    私のイメージ

  • モバイル評価がモバイル検索では主要になる
  • PC検索の場合はPC評価が主要になるが、モバイル評価も加味される

 
まぁ私なんかがこんなことを言っても何も始まらないですし、建設的でもないですよね…。あと数ヶ月以内にはより詳細な情報を受けられると思いますので、引き続き情報を待つとしましょう。

#追伸:その後やはり大半の解釈通りになりましたね。やっぱりモバイル最優先でインデックスするようになりました。

ふわふわ

スマホページのテコ入れは急務

既に検索市場においては、スマホでの検索数がPCよりも上回っています。同時にGoogleはスマホでの検索結果画面にパラドックスを抱えています。表示速度が良い例でしょう。「モバイルで最もユーザーがストレスを感じているのは表示速度だ」と公表しているわりには、Googleの検索結果はPCでの表示速度を評価対象としていますし。また、モバイルフレンドリーも現時点では単純にスマホ対応しているか否かでしか判断できていません。色々開発調整が大変なのだとは思いますが、そろそろスマホ専用のアルゴリズムを完遂すべき!という段階なのでしょう。

現時点でGoogleのスマホサイトページに対する評価軸は不明瞭ですが、いずれにしましても今のうちにスマホサイトページへのテコ入れは必須だと考えています。

各サイト、表示速度は充分か?内部リンク構造は充分か?コンテンツの簡潔さと量は充分か?等、見直すべきところは多いはずです。私のようにGoogleの評価の方を無駄に探るくらいなら、自分のスマホサイトを見直した方が建設的なのかもしれませんね(笑)。


関連記事

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

About This Result機能の更新情報

まだ日本には導入されていませんが、既に英語圏では「About This Result(この検索結果について)」機能が実装されています。今回はこの機能によって知り得る情報に新しい情報が追加されたとのことで、The Keywordでその説明がされています。この「About This Result」機能は ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。