やっぱりモバイル最優先でSEO

モバイルファーストインデックスについて、ついにGoogleウェブマスター向け公式ブログで公式発表されましたのでその内容をご紹介します。結論から申しますと、GoogleのSEOアルゴリズムはモバイル視点でランキングされていくようです。

モバイルファースト

ふわふわ

モバイルファーストインデックスとは

私は、「モバイルはモバイルページへのアルゴリズム中心にランキング」「PCはPCページへのアルゴリズム中心にランキング」が最もな手法だと思っていましたが、PCでもモバイルページへのアルゴリズム中心にランキングしていくようになるそうです。

Googleではモバイルファーストのインデックス登録に向けた実験を開始しています。Google検索のインデックスは、サイトやアプリについての単一のインデックスとして存続しますが、将来的にGoogleのアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになります。つまり、ページのランキングを決定したり、構造化データを理解したり、検索結果にスニペットを表示する際も、モバイル版のコンテンツが使用されるようになります。
引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
Googleのインデックス方針を根底から変更することになります。これは相当な大工事になると思いますので、数ヶ月間のテストや検証を経てローンチしていくようです。Googleは過去モバイルに関する大きな変更は(Xデーを決めて)極力事前アナウンスしてくれてきましたが、どうなっていくのでしょう。スケジュールに関しては引き続き情報を待つことになりそうです。

ふわふわ

じゃあ、サイト運用側は今後どうする?

Googleからはとりあえず以下の点を準備しておくと良いと書かれています。どんな感じかというのを一部抜粋して引用紹介します。

  • レスポンシブデザインや動的な配信を行っているサイトで、主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で同一である場合は、何も変更する必要はありません。
  • 主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で異なるようなサイトの設定を行っている場合、いくつか変更を検討してみてください。
  • Search Consoleでデスクトップ版のサイトしか確認していないサイト所有者は、モバイル版のサイトの追加および確認を行ってください。
  • デスクトップ版のサイトしか存在しない場合、Googleは引き続きデスクトップ版のサイトをインデックスします。モバイルユーザーエージェントを使用してアクセスする際も問題ありません。デスクトップユーザーにとって使いやすいサイトは、壊れたり不完全なモバイルサイトよりも、モバイルユーザーにとって好ましい場合があります。モバイルサイトを作成する際は、サイトが完成し準備が整ってから公開することをおすすめします。

引用)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
PCとモバイルでファイルが異なる場合、そのアルゴリズムや細かなアノテーション等に関しては都度対応が必要になるとは思いますが、今の段階で何か特別な対応を余儀なくされるイメージは無いですね。
むしろアノテーション設定等の物理的な作業以外で今のうちに協議が必要なものがあります。PCとモバイルでファイルが異なる場合のモバイルには無いコンテンツページをどうするか…ですね。

「SEOのことを考えればPCにあるような一般情報も必要だけど、モバイルではコンバージョン動線上必要無い」という考えを持って、PCとモバイルを別ファイルで管理しつつモバイルのコンテンツページを省略しているサイト運営者は要注意です。

まぁ、私から言わせれば、モバイルで必要無いページはPCでも必要無いんじゃないかと思ってしまいますけどね(笑)。SEOのことを考えたところで、モバイルに必要無いページをPCで作っていること自体が私にはナンセンスです。それって「ユーザーには刺さらないけど、Googleのアルゴリズムには刺さる!」って概念ですからね…。

私は「ユーザーに刺さるコンテンツがGoogleのアルゴリズムにも刺さる!」と思い込んでいるので、基本的にはPCページにあるものはモバイルページでもあった方が良いと考えています。

但し、コンテンツ掲載の優先順位はあると思いますので、作成した上で内部リンクを目立たせないというか…リンク導線を消極的にしておけば良いかな、と考えています。PCの際には検知しないと言われていたアコーディオン形式のリンクやコンテンツ等もモバイルファーストインデックスでは検知させていくようですので。

ふわふわ

モバイルのUIをしっかり見直すこと

そうなってくるといよいよモバイルでの情報設計も本腰で挑むべきだと思います。今までは単純なレスポンシブウェブデザインだったり、別ファイルにしてLPの集合体的イメージ程度でしかモバイルページを捉えていなかった人も、今後のモバイルファーストインデックスに向けてコンテンツ情報設計を見直してみてはいかがでしょうか。

そうなると、自ずとUIも考察し直さなければなりませんし、JavaScriptと表示速度の関係等も多角的に優先付けしながら制作着手することになるでしょう。

私も一応このブログのリニューアルに着手し始めました。
そこで、どなたか一緒にモバイルのUI最適解について、私と語り合ってくれる方を募集します(笑)。


関連記事
何においても基本情報はあるものです。サービスに関しても一般的で基本的なサービスや情報があるからこそ、特殊なサービスや情報が活きてきます。そこで今回は、それと同様に「検索結果においてもまずは基本情報やサービス等、マジョリティとなるコンテンツが優先されるのでは...?」という持論の話です。民主主義な検索 ...(続きを読む)
リッチリザルトに関しては、リッチリザルトテストツールを使うことで、リッチリザルト対象ページの有無や構造化データマークアップの整合性やリッチリザルト化した表示例(結果のプレビュー)を確認することが出来ました。一方でSearch Console(以下:GSC)における[拡張]機能内にある構造化データのマ ...(続きを読む)
Google検索がWebmaster Central Blogにて2020年1月に行ったことを発表しました。同じく12月の際に、Google検索が2019年11月に行ったことを発表しましたが、その続編的に2020年1月にGoogle検索が行ったことを教えてくれていますので、ここでおさらいとしてご紹介 ...(続きを読む)
先日、強調スニペット化したサイトページの所在についてご紹介しましたが、まだまだこれが結構厄介な状態になっています。本来、強調スニペット化することでサイトページイメージの向上や通常スニペット部分のクリック率の向上、GoogleにとってもGoogleアシスタント機能への好転(強調スニペット部分を音声で回 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。