MFI導入の波到来

ようやく私が管理しているサイトにもMFI導入の連絡がきました。10ページ程度のWEBツール(サイト)ですので、やはり「とりあえず小規模のサイトから導入されがち」という噂は本当なのでしょうか。同時期に別で中規模サイト(約5,000ページのサイト)にも導入連絡が来ているようですので何とも言えませんが、今回はメッセージ内容についてご紹介したいと思います。

MFIイラスト

ふわふわ

メッセージ内容

To owner of https://■■■■■,

This means that you may see more traffic in your logs from Googlebot Smartphone. You may also see that snippets in Google Search results are now generated from the mobile version of your content.

Background: Mobile-first indexing means that Googlebot will now use the mobile version of your site for indexing and ranking, to better help our (primarily mobile) users find what they’re looking for. Google’s crawling, indexing, and ranking systems have historically used the desktop version of your site’s content, which can cause issues for mobile searchers when the desktop version differs from the mobile version. Our analysis indicates that the mobile and desktop versions of your site are comparable.

For more information:

  • Monitor your index coverage using the Index Status report.
  • Monitor your impressions, clicks, and site appearance using the Performance report.
  • If you have any additional questions, drop by our Webmaster forum for more help – mention message type [WNC-20058194] or our public events.

冒頭文を意訳すると以下のことが記載されています。

■■■■■のサイトオーナーへ
この通知をもって、あなたのサイトでスマホのGooglebotからのログが増加していることが確認できる状態だと存じます。またGoogle検索結果画面において、モバイルバージョンの方がスニペット化されていることも確認できるかと思います。

背景:MFIは、(大半がモバイルである)検索ユーザーがサイトをより見つけやすくできるよう、Googlebotがサイトのモバイルバージョンの方をインデックスやランキングに活用するものです。従来、Googleのクロール、インデックス、ランキングのシステムにおいて、サイトの中身を見るのに、PCバージョンをずっと活用してきました。従って、PCバージョンとモバイルバージョンの中身が違う場合、モバイル検索ユーザーにとっては見づらい状況になることもありました。しかし、私たちの分析では、あなたのサイトはモバイルバージョンもデスクトップバージョンも同じ内容であることがわかりました(ので、MFIの導入対象とさせていただきました)。

また、インデックス状況に不具合が無いかどうかはGoogle Search Consoleでのインデックス カバレッジを確認するよう書かれています。デバイス別のクリック状況や表示順位等は同じくGoogle Search Consoleの検索パフォーマンスを、不明な点はウェブマスターフォラームを活用するよう書かれています。

ふわふわ

スニペットでの変化

今回私のほうで確認できたMFI対象サイトは2つありましたが、2つ共レスポンシブウェブデザインですので、スニペットでの変化は見受けられませんでした。また、実際のセッションにおいてもモバイルからのアクセスが増加した等はございません。従来通りの流入セッション推移です。

つまり、レスポンシブウェブデザインであれば全くと言って良いほど何も変わらないわけですね。今までPCでしっかり運営しているサイトであれば、コンテンツページ追加の際も、スマホでの見え方や表示速度を確認する以外、特にSEO上の何かを行う必要は無さそうです。もうちょっと大型のサイトでMFI導入が開始されれば検証の余地はあるかもしれませんが、今の段階では比較的平和にMFI対応できています。

今後、MFI化の波が加速した時、サイトによっては面白い検証材料が出来てくるかもしれませんね。


関連記事

安全な検索体験を守るGoogle

Googleによるスパム対策の話や違法コンテンツに関する話が連日続いていましたが、同様に米国現地時間4月29日のThe Keywordにて、Googleが検索結果に対してどのような安全策を講じているのか、措置を行っているのか、改めて案内していますので和訳してご紹介します。ずっと検索やSEOに接してい ...(続きを読む)

違法コンテンツに対するGoogleの措置

SEOに取り組んでいるあまり、まるでGoogleを神様や法の裁定人かのように思いがちですが、GoogleはあくまでもWebサイトを検索ユーザーに紹介するだけのプラットフォームです。ですので、第3者として提供しているに過ぎません。しかしながら、ここまで世界的規模で利用されていたり、情報提供の正確さによ ...(続きを読む)

2020年のスパム対Google

毎年恒例となりましたGoogleによる前年のスパム対策振り返り。今年もGoogleはSearch Central Blogで2020年を振り返って発表していますので和訳してご紹介したいと思います。 Googleからの発表内容 米国現地時間4月29日にGoogleが発表した内容です。若干長文ですが、ご ...(続きを読む)

パラメータ付URLについて

SEOを考えた時、パラメータ付URLが存在しているものについて懸念する人が多いです。懸念する理由を聞くと「パラメータ付URLは良くないと聞いたから」「パラメータ付URLは何となく良くなさそう」等という曖昧な返答が多い気がします。そもそもパラメータ付URLの良し悪しはケースバイケースなので、Googl ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。