MFI導入の波到来

ようやく私が管理しているサイトにもMFI導入の連絡がきました。10ページ程度のWEBツール(サイト)ですので、やはり「とりあえず小規模のサイトから導入されがち」という噂は本当なのでしょうか。同時期に別で中規模サイト(約5,000ページのサイト)にも導入連絡が来ているようですので何とも言えませんが、今回はメッセージ内容についてご紹介したいと思います。

MFIイラスト

ふわふわ

メッセージ内容

To owner of https://■■■■■,

This means that you may see more traffic in your logs from Googlebot Smartphone. You may also see that snippets in Google Search results are now generated from the mobile version of your content.

Background: Mobile-first indexing means that Googlebot will now use the mobile version of your site for indexing and ranking, to better help our (primarily mobile) users find what they’re looking for. Google’s crawling, indexing, and ranking systems have historically used the desktop version of your site’s content, which can cause issues for mobile searchers when the desktop version differs from the mobile version. Our analysis indicates that the mobile and desktop versions of your site are comparable.

For more information:

  • Monitor your index coverage using the Index Status report.
  • Monitor your impressions, clicks, and site appearance using the Performance report.
  • If you have any additional questions, drop by our Webmaster forum for more help – mention message type [WNC-20058194] or our public events.

冒頭文を意訳すると以下のことが記載されています。

■■■■■のサイトオーナーへ
この通知をもって、あなたのサイトでスマホのGooglebotからのログが増加していることが確認できる状態だと存じます。またGoogle検索結果画面において、モバイルバージョンの方がスニペット化されていることも確認できるかと思います。

背景:MFIは、(大半がモバイルである)検索ユーザーがサイトをより見つけやすくできるよう、Googlebotがサイトのモバイルバージョンの方をインデックスやランキングに活用するものです。従来、Googleのクロール、インデックス、ランキングのシステムにおいて、サイトの中身を見るのに、PCバージョンをずっと活用してきました。従って、PCバージョンとモバイルバージョンの中身が違う場合、モバイル検索ユーザーにとっては見づらい状況になることもありました。しかし、私たちの分析では、あなたのサイトはモバイルバージョンもデスクトップバージョンも同じ内容であることがわかりました(ので、MFIの導入対象とさせていただきました)。

また、インデックス状況に不具合が無いかどうかはGoogle Search Consoleでのインデックス カバレッジを確認するよう書かれています。デバイス別のクリック状況や表示順位等は同じくGoogle Search Consoleの検索パフォーマンスを、不明な点はウェブマスターフォラームを活用するよう書かれています。

ふわふわ

スニペットでの変化

今回私のほうで確認できたMFI対象サイトは2つありましたが、2つ共レスポンシブウェブデザインですので、スニペットでの変化は見受けられませんでした。また、実際のセッションにおいてもモバイルからのアクセスが増加した等はございません。従来通りの流入セッション推移です。

つまり、レスポンシブウェブデザインであれば全くと言って良いほど何も変わらないわけですね。今までPCでしっかり運営しているサイトであれば、コンテンツページ追加の際も、スマホでの見え方や表示速度を確認する以外、特にSEO上の何かを行う必要は無さそうです。もうちょっと大型のサイトでMFI導入が開始されれば検証の余地はあるかもしれませんが、今の段階では比較的平和にMFI対応できています。

今後、MFI化の波が加速した時、サイトによっては面白い検証材料が出来てくるかもしれませんね。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。