MFI化の大波到来

もう第何弾になるか分かりませんが、9月19日,20日でMFIになった連絡が非常に多く来ています。私のこのブログも来ましたし、私が管理しているサイトは7月頃から始まり今回で全てMFI化しました(いずれもレスポンシブウェブデザイン)。ということで、ちょっとレポートしてみたいと思います。

MFIイラスト

ふわふわ

今回のMFI対象はどんなもの?

相変わらずレスポンシブウェブデザインのサイトが大半(全て?)ですが、結構大規模なサイトにもMFI化が進んだようです。

そして今回から、件名こそ英語ではあるものの、本文は日本語に変わっています(今までは英語でした)。このことからもいよいよ日本にも今回で数多くのMFI化が進んだのではないかと推察できます。

MFI通知

ふわふわ

クロールはどうだったか

試しに私のこのブログのログを調べてみました。

ログを分析

過去1ヶ月のGooglebotを見ましたところ、既に1ヶ月前から圧倒的にモバイルbotの方が1日あたりの回遊数が多かったことが分かりました(直近日のログはまだ確認できない仕様でした)。

PCとMobileのボット数

ただ、他のサイトを見ても私のこのブログほど顕著にモバイルbotの方が多かったケースは無かったです。私のこのブログだけ異様にモバイルbotが多かったです。恐らくサイト個体差はあると思いますが、圧倒的にモバイルbotの方が多いのを見ると私のこのブログは既に結構前からMFI化されていたのかもしれません。

ふわふわ

ランキングには影響せず

8月に入ってからコアアルゴリズムのアップデートもあったりして、順位変動が激しい状態が続いています。なので、MFI化による検索順位の変動は分かりませんが、むしろ順位変動の影響がないからMFI化しているはずです。従って今回のMFI化が検索順位に影響しているとは思えません。

次にMFI化されるのはもっと大規模なレスポンシブウェブデザインのサイトか、それとも小規模なセパレートタイプのサイトか、ダイナミックサービングのサイトか…全然予測もつきませんが、Googleが「数年かけてMFI化する」と言ってはいたものの、もっと早く全てのMFI化が完了するかもしれませんね。


関連記事

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

About This Result機能の更新情報

まだ日本には導入されていませんが、既に英語圏では「About This Result(この検索結果について)」機能が実装されています。今回はこの機能によって知り得る情報に新しい情報が追加されたとのことで、The Keywordでその説明がされています。この「About This Result」機能は ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。