MFI化の大波到来

もう第何弾になるか分かりませんが、9月19日,20日でMFIになった連絡が非常に多く来ています。私のこのブログも来ましたし、私が管理しているサイトは7月頃から始まり今回で全てMFI化しました(いずれもレスポンシブウェブデザイン)。ということで、ちょっとレポートしてみたいと思います。

MFIイラスト

ふわふわ

今回のMFI対象はどんなもの?

相変わらずレスポンシブウェブデザインのサイトが大半(全て?)ですが、結構大規模なサイトにもMFI化が進んだようです。

そして今回から、件名こそ英語ではあるものの、本文は日本語に変わっています(今までは英語でした)。このことからもいよいよ日本にも今回で数多くのMFI化が進んだのではないかと推察できます。

MFI通知

ふわふわ

クロールはどうだったか

試しに私のこのブログのログを調べてみました。

ログを分析

過去1ヶ月のGooglebotを見ましたところ、既に1ヶ月前から圧倒的にモバイルbotの方が1日あたりの回遊数が多かったことが分かりました(直近日のログはまだ確認できない仕様でした)。

PCとMobileのボット数

ただ、他のサイトを見ても私のこのブログほど顕著にモバイルbotの方が多かったケースは無かったです。私のこのブログだけ異様にモバイルbotが多かったです。恐らくサイト個体差はあると思いますが、圧倒的にモバイルbotの方が多いのを見ると私のこのブログは既に結構前からMFI化されていたのかもしれません。

ふわふわ

ランキングには影響せず

8月に入ってからコアアルゴリズムのアップデートもあったりして、順位変動が激しい状態が続いています。なので、MFI化による検索順位の変動は分かりませんが、むしろ順位変動の影響がないからMFI化しているはずです。従って今回のMFI化が検索順位に影響しているとは思えません。

次にMFI化されるのはもっと大規模なレスポンシブウェブデザインのサイトか、それとも小規模なセパレートタイプのサイトか、ダイナミックサービングのサイトか…全然予測もつきませんが、Googleが「数年かけてMFI化する」と言ってはいたものの、もっと早く全てのMFI化が完了するかもしれませんね。


関連記事
昨年の10月にGoogle Search Consoleで[アドレス変更]機能が追加されましたが、今回はその[アドレス変更]の中でも2つの新機能が追加されたとGoogleがツイート発表しました。 Googleからの発表内容 既にドメインを引越す場合の[アドレス変更]の使い方について私は記事化していま ...(続きを読む)
何においても基本情報はあるものです。サービスに関しても一般的で基本的なサービスや情報があるからこそ、特殊なサービスや情報が活きてきます。そこで今回は、それと同様に「検索結果においてもまずは基本情報やサービス等、マジョリティとなるコンテンツが優先されるのでは...?」という持論の話です。民主主義な検索 ...(続きを読む)
リッチリザルトに関しては、リッチリザルトテストツールを使うことで、リッチリザルト対象ページの有無や構造化データマークアップの整合性やリッチリザルト化した表示例(結果のプレビュー)を確認することが出来ました。一方でSearch Console(以下:GSC)における[拡張]機能内にある構造化データのマ ...(続きを読む)
Google検索がWebmaster Central Blogにて2020年1月に行ったことを発表しました。同じく12月の際に、Google検索が2019年11月に行ったことを発表しましたが、その続編的に2020年1月にGoogle検索が行ったことを教えてくれていますので、ここでおさらいとしてご紹介 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。