MFIの注意再喚起

Google WebmastersがTwitterでモバイルファーストインデックスについていくつかツイートしていました。海外SEO情報ブログでもフォローアップされていましたが、Googleの金谷氏が和訳ツイートしてくださっていましたので、ご紹介したいと思います。

MFI問題

ふわふわ

金谷氏のツイートに合わせて

金谷氏の和訳ツイート(英語版原文を100%和訳したわけではないとのこと)のうち9つをピックアップしてご紹介します。

ということなので、ツイート別にポイントを確認してみましょう。

検索結果の表示は一応それぞれのデバイスに合わせてくれるそうですが、MFI後のサイトに関しては、インデックス対象コンテンツはモバイルだけになります。PCのコンテンツを見てくれなくなります。これに関しては昔からのサイト運用者は長年の癖や考えを変えていかなければなりませんね。UIの仕切り直し時等は必ずモバイル中心に設計すべきですね。

当該サイトへのクロールバジェットは変わらず、比率としてスマホのGooglebotが増えてくるという話です。

検索結果から当該サイトページのキャッシュを確認できますが、今現在MFIサイトはバグで見れなくなっているそうです。

7月のスピードアップデート(モバイルで極端に表示速度が遅いページは若干ランキングが下がる)はMFIに影響したり条件付けしたりするアルゴリズムではありません、と。

PCではハンバーガー形式やアコーディオン形式、タブ形式等でクリックしないと見えないコンテンツはGoogleは読み込んでいませんでした(もしくは読み込まないのと同等の扱いになる)。しかしモバイルの場合は、そんなこと言ってたらエラいことになってしまうので、ハンバーガー形式やアコーディオン形式であってもコンテンツをしっかり読み込みます、とのことです。

PCサイトしかなくても、一応MFI対象です(対象になるのは後回しになるかもしれませんが…)。

MFIはあくまでもインデックスの話で、ランキング付けする話ではありません、とのことです。つまりランキング方法は従来の通りです。

ふわふわ

おさらいです

まぁ、以前からMFIを理解していれば、特段新しい話ではありませんが、人によっては情報が歯抜け状態で理解していたりもします。「アレは知っていたけど、コレは知らなかった」みたいなことが結構起こっているようです。

ですので、理解しているつもりでも一応目は通しておきましょう。でもまぁ確かにMFIに関しましては誤解も多いので、Google側も定期的に喚起したほうが良いのかもしれませんね。


関連記事
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)
今回は個人的な見解の話です。 最近は、ブラックなSEO業者もあぶり出されつつあるようで、SNSでも悪質なSEO業者だと指摘されるケースも多く見受けられます。それはそれでSEOが健全になっている証拠かとも思いますし、非常に良いことです。しかし同時に、それはSEO発注元とホワイトなSEO業者の声が強いわ ...(続きを読む)
Googleは、米国現地時間2019年8月7日、Googleの各種ツール内でもレンダリング結果を最新で確認できるようになったとWebmaster Central Blogで発表しましたので、その内容をご紹介します。 あらゆるツールでGoogleのレンダリング状況を最新に Googleでは、今年の5月 ...(続きを読む)
既に何度かテスト的に経験したことがあるかとは思いますが、米国現地時間8月6日、Googleは正式に検索結果画面のUIデザインを変更したことを発表しました。The Keywordより意訳してご紹介します。 画像検索から検索心理を満たしやすくするために... The Keywordでは、以下のように紹介 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。