高まるGoogleのインテント理解

先日、「ニューラルマッチングによる検索クエリの理解度が高まっている」話をご紹介しましたが、具体的にどういう形で理解が高まっているのか、今回はその例をご説明したいと思います。

ニューラルネットワーク

ふわふわ

「求人」と「転職」の違い

「○○士(師) 求人」とか「○○士(師) 転職」等のキーワードでSEO施策を行う転職サイトは非常に多くあると思います。そして転職サイト側は、今まで「求人」も「転職」も共起語として同じように考えていました。実際、検索結果画面からもGoogleが同じような単語として取り扱っていたことが分かりました。

しかし、Googleにとっては昨今の「転職」と「求人」では言葉の扱い方が違うようです。それは検索結果画面からも分かります。

検索結果①

検索結果②

つまり、Googleはクエリに対して以下の解釈をしているのではないでしょうか。

  • 「求人」という言葉の中には、ひたすら「求人募集案件」を求めている検索心理がある
  • 「転職」という言葉の中には、転職という「行動における周辺情報」を求めている検索心理がある

「求人」は単語そのものの意味は「雇う(雇われる)ための人探し」ですから、もう求人情報だけで良いわけです。結果的に求人情報一覧が紹介されがち(ベニスアップデートによるエリア要素はあるものの)です。しかし「転職」の場合は、単語として「職業が変わること」ですから、決して「=人探し」ではないわけです。「転職」という検索心理の中には、転職における心理や心得、共感や環境情報等も含まれているケースが多いわけです。

結果的に上記例の赤枠内のように「転職して良かった!」とか「薬剤師が転職するなら必ず知るべき状況別アドバイス」とか、有機質なサイトページがランクインしてくるわけですね。対して「求人」の場合は無機質に求人情報が並ぶ情報サイトページがランクインする傾向にあります。

ふわふわ

これもニューラルネットワークによるもの?

先日ご紹介したように、ニューラルマッチングによる影響は検索クエリ全体の30%に及ぶとのことです。ニューラルマッチングとは、単語そのもののマッチングだけでなく、その中に含まれる意味や概念もニューラルネットワークを活かしたAI(Googleの場合RankBrain)によって最適解となる検索結果を表示するようにしています。そして、前述のことからも「求人」と「転職」の違いに関しては、ニューラルマッチングが働いているのではないかと私は推察しています。

これからも、私たちが何気なく共起語として活用してきた検索クエリが、それぞれ別の意味合いを持って深層心理に合致する検索結果を表示するようになるでしょう。

ふわふわ

もっとミクロに分析していくこと

こういったことからも、今後は施策キーワードにおいて、検索心理を読み解いて仮説付けし、上位にある自身のサイトページのクリック率を検証することで、繰り返し検索体験を最適化していくことが重要です。そう考えると、検索結果画面だけで後手に判断するのではなく、自分のサイトが先駆けとなって、検索心理を満たすコンテンツを先手発信する姿勢が必要ですね。

そして、Googleの検索アルゴリズムを追うのではなく、検索ユーザー心理を追うことで、コンテンツページを構築し、むしろGoogleのアルゴリズム側に追ってこさせるような運用を心掛けたいものです。…まぁ、それも理想論ですし、上手く上位表示されたところで、後から追従してくるサイトページに上位表示されてしまって悔しい思いをしたりもするんですけどね(笑)。


関連記事
Googleウェブマスター向け公式ブログでも「しごと検索」に関する構造化データのマークアップ注意点を再喚起していましたが、ちょうど私のほうでも、「しごと検索」枠登場による一般検索へのCTR影響度を検証したデータがございましたので、ご紹介したいと思います。 マークアップのしかたを間違えてはいけない G ...(続きを読む)
ついに来ました。去年の夏頃に実装予定を発表していましたが、Q&Aとライブ動画の構造化データマークアップサポートに続き、今回How-toとFAQに関する構造化データもマークアップ支援するようになったと発表されました。 どんな内容? 「○○ やり方」「○○ 方法」「○○ しかた」等の検索(いわゆるHow ...(続きを読む)
GoogleのWebmaster Central BlogでChromium(Google Chrome開発の元となっているオープンソースのプロジェクト)に合わせてGooglebotが最新のレンダリング機能を持つようになった、と発表されました。つまり、Webページレイアウトをより正確に理解し、ランキ ...(続きを読む)
Google I/O 2019にて、Google検索がAR(拡張現実)を活かした視覚的な機能を発表しました。既にGoogleの「The Keyword」でも取り上げられていますが、これは興味深い内容でしたので、ご紹介したいと思います。 AR検索 これからの機能として紹介されていますが、例えばGoog ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。