テストツールでも最新のレンダリングへ

Googleは、米国現地時間2019年8月7日、Googleの各種ツール内でもレンダリング結果を最新で確認できるようになったとWebmaster Central Blogで発表しましたので、その内容をご紹介します。

レンダリングエンジン

ふわふわ

あらゆるツールでGoogleのレンダリング状況を最新に

Googleでは、今年の5月に最新のレンダリング機能を常時Googlebotが保有できるようになったと発表していましたが、Googleの各種ツール(Google Search Console等)では、その最新のChromiumレンダラー(Googlebotを最新のChromiumに合わせて、常時新鮮なレンダリング機能を持つ)は使われていませんでした。それがこの度使えるようになったとのことです。

テストツールでも不朽のGooglebot利用へ

本日、Googleでは、ほとんどのテストツールをアップデートし、それによりツール内で最新のChromiumレンダラーを利用できるようになりました。これは、Search ConsoleのモバイルフレンドリーテストツールやURL検査ツール等も該当します。今回の記事では、これが何を意味し、これによってどうなるのかを説明していきます。

不朽のChromiumレンダラー
今年のGoogle I/Oで、新しい不朽のGooglebotについて発表しました。
アップデートの根本的な内容は、レンダリングエンジンとして使われていたChrome 41から、最新の安定したChromiumへの変更をしたことです。Googlebotは現在、JavaScriptとページをレンダリングする際、最新の安定したChromiumを使っています。“不朽”と呼んでいる以上、これからも安定したChromiumと共にGooglebotをアップデートし続けます。

新旧のレンダリングの違いJavaScriptを利用して作られたサンプルWebサイトを見ると、古いGooglebotでは空白のままですが、新しいGooglebotでは問題なく機能しています。

これがWebサイトに何の意味をもたらすか
この最新の機能がwebのプラットフォームだけでなく、ツールでも同様にGooglebotの見え方通りになることは非常に喜ばしいです。これはES6+やWebコンポーネント、そして1,000以上もの新しいwebプラットフォームの機能が、最新の安定したChromiumを使って、Googlebotでもテストツールでもレンダリングできることを意味します。

新旧のモバイルフレンドリーテストツールの違い以前のモバイルフレンドリーテストではページのコンテンツは見られませんでしたが、最新版では見られます。

テストツールの何が更新されたか
Googleのテストツールは、Googlebotがどのように対象サイトページを見ているか、そのプロセスの過程をできる限り厳密に反映しています。だからこそ、新しいGooglebotの更新によってGooglebotが実際にレンダリングしているのと同じレンダラーをツールでも使えるようにする必要がありました。

以下のツールで今回の最新のレンダリング機能が実装されます:

GoogleではGooglebotのアップデートによるフィードバックを元にテストを行い、上記ツールを不朽の新しいGooglebotに変更できました。フィードバックについては、Google社員やコミュニティからたくさんいただきました。また、プロダクトエキスパートGoogle Developersエキスパートの方々からもアップデートが正常に機能しているかどうか確認していただきました。

参照:新しいGooglebotはアップデート前と同じユーザーエージェントを使っています。近い将来、ユーザーエージェントのアップデートについてより詳しい情報が発表されると思います。現時点については、Googlebotのユーザーエージェントとテストツールで使われるユーザーエージェントは変わりません。

引用)Webmaster Central Blogより和訳

ふわふわ

あらゆるツールでGoogleのレンダリング状況を最新に

今までは、実際にGoogleが検知しているページ構成(レンダリング結果)と、サイトオーナーがツールで確認できるレンダリング結果に相違がありました。相違というより、ツールで確認できるレンダリングのGooglebotが古かったというわけですね。つまり、本当にGooglebotがどうレンダリングしているかを確認する術がありませんでした。でも今回からGoogleが実際に検知しているページ構成をそのまま各種ツールで確認できるようになったのです。

これで、今後は「実際にGoogleがページ構成をどう理解しているのか」をJavaScript部分含め正確に確認できるようになりましたね。


関連記事

配送情報の構造化データ

米Googleでは米国現地時間2020年9月22日に、Googleショッピングにおける発送関連(送料や配送スケジュール)の情報を構造化データのマークアップで対応できるようになる旨を発表しました。現時点では米国(英語圏)のみで日本は未対応ですが、ECサイト運用者は今のうちに理解だけしておくと良いと思い ...(続きを読む)

GoogleがHTTP/2に対応

Googleが2020年11月から一部のサイトでHTTP/2もクロールするようになります。私は2016年にHTTP/2を実装してみましたが、明らかにユーザー体験上の効果が出ました。そしてこの度、GooglebotもHTTP/2プロトコルを検知するようになるとGoogleが発表していますので、そのご紹 ...(続きを読む)

Googleにとって初めてのイベント結果

Googleが米国現地時間2020年8月26日にバーチャルウェブマスターアンカンファレンスを催しました。その結果の感想がWebmaster Central Blogに掲載されていましたので和訳してご紹介しておきます。SEO業界における全体の感覚を知っておくのには参考になると思います。 開催報告 新型 ...(続きを読む)

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。