Googleのレンダリングが常時最新に!?

GoogleのWebmaster Central BlogでChromium(Google Chrome開発の元となっているオープンソースのプロジェクト)に合わせてGooglebotが最新のレンダリング機能を持つようになった、と発表されました。つまり、Webページレイアウトをより正確に理解し、ランキング評価に組み込まれるということですね。

レンダリングエンジン

ふわふわ

Webmaster Central Blogの意訳

Google I/O 2019でも詳しく触れられるようですが、取り急ぎWebmaster Central Blogの訳をご紹介します。

新しい、不朽のGooglebotの登場

Googlebotは、Webページに訪問し、それを検索結果にインデックスさせるまでの機能を持つクローラーです。SNSやイベントのコミュニティなどで最も多く聞かれる質問が、Googlebotを最新のChromiumに合わせて、常時新鮮な状態(レンダリング)にすることはできないのか、という内容でした。しかし今日、検索においてWebページをレンダリングする際、Googlebotが最新のChromiumに合わせたレンダリングエンジン(この投稿時点ではVer.74)で機能するようになったことを、幸いにも発表します。これからのGooglebotは、レンダリングエンジンが最新のWebプラットフォーム機能に対して正確に準拠できるよう、定期的にアップデートしていきます。

今回の件がどう影響するか
以前のバージョンと比較すると、以下の例のように、Googlebotは1,000以上もの新たな機能をサポートしています。

もしGooglebotに対して特殊なトランスパイル(特殊なプログラミング言語でコーディング)をしていたり、ポリフィル(CSS,HTML,JavaScript等をうまく読み込んでもらうために特殊なオブジェクトを用意する手法)を使っていたりしていて、その手法が今でもWebページに必要だと判断しているならば、確認・検証しておくべきでしょう。いくつかまだ制限事項があるので、JavaScript関連の課題をまとめたトラブルシューティング集、またはJavascript SEOの動画シリーズをチェックしてみて下さい。
<以下略>

引用)Webmaster Central Blogより意訳

つまりGooglebotが、より正確に常時最新(どこまでかは分かりませんが…)のレンダリングが出来るエンジンへとバージョンアップしたという内容です。従って、従来のGooglebotのレンダリング用に特殊なコーディングをしたり、JavaScriptの部分に特殊な施しをしていたサイト運用者は、一度見直したほうが良いとのことです。

ふわふわ

喜ばしいのは…

これは、SEOという点においてはコーダーやフロントエンドのエンジニアだけでなく、場合によってはバックエンドのエンジニアにも有難いのではないでしょうか。そして、サイトオーナーにとってはSEOを意識しつつも、デザイン性を追求できるようになるのではないでしょうか。ひと昔前までは、テキストぎっちぎちのWebサイトページが高評価されていましたが、今後はすっきりとした――空白を存分に活かしたサイトページでも、優れたUXを与えられるのであれば高評価されていくのでしょうね。

そして「そのデザインだとSEO的にちょっと…」等と言われ、やる気が下がっていたWebデザイナーにとっても、存分に能力を発揮できるようになるのではないでしょうか。

なんか…これからのWebページのUIの在り方等も変わってきそうでワクワクしますね。


関連記事
Googleはリンクの種類を識別しやすくするために、新しくsponsored(有料リンク)とugc(ユーザー間生成リンク)の2つを追加しました。これが直接的に何かに影響する話ではありません。ただ、今まではnofollowで「ページランクを渡さない」という設定をするだけでしたが、Googleに対してよ ...(続きを読む)
ちょうど1年前に新Search Consoleがβ版から卒業し、それから今まで新Search Consoleと旧Search Consoleと両方のインターフェースを活用できていましたが、ついに旧Search Consoleが終わりました。Google Webmaster Central Blogで ...(続きを読む)
「表示速度上げても検索順位が上がるか分からないんでしょ? じゃあ、そこに作業工数をかけません。」と言う人もいます。そんな時、私は閉口してしまいますが、それって本末転倒ではないでしょうか。 そこで、ちょっと私なりの意見を書いておこうかと思います。 目的は何か? 「検索順位を上げる」という目標を立てる人 ...(続きを読む)
「御社のサブドメインを使って情報発信メディアを作りませんか?情報発信メディアの作成やコンテンツライティング、SEOは弊社側で独自に行います!」という営業を受けたことはあるでしょうか? これ、海外では意外とそういう業者が横行しているようです。私は今のところ1回しかそういう業者に出くわしていませんが、G ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。