Googleのレンダリングが常時最新に!?

GoogleのWebmaster Central BlogでChromium(Google Chrome開発の元となっているオープンソースのプロジェクト)に合わせてGooglebotが最新のレンダリング機能を持つようになった、と発表されました。つまり、Webページレイアウトをより正確に理解し、ランキング評価に組み込まれるということですね。

レンダリングエンジン

ふわふわ

Webmaster Central Blogの意訳

Google I/O 2019でも詳しく触れられるようですが、取り急ぎWebmaster Central Blogの訳をご紹介します。

新しい、不朽のGooglebotの登場

Googlebotは、Webページに訪問し、それを検索結果にインデックスさせるまでの機能を持つクローラーです。SNSやイベントのコミュニティなどで最も多く聞かれる質問が、Googlebotを最新のChromiumに合わせて、常時新鮮な状態(レンダリング)にすることはできないのか、という内容でした。しかし今日、検索においてWebページをレンダリングする際、Googlebotが最新のChromiumに合わせたレンダリングエンジン(この投稿時点ではVer.74)で機能するようになったことを、幸いにも発表します。これからのGooglebotは、レンダリングエンジンが最新のWebプラットフォーム機能に対して正確に準拠できるよう、定期的にアップデートしていきます。

今回の件がどう影響するか
以前のバージョンと比較すると、以下の例のように、Googlebotは1,000以上もの新たな機能をサポートしています。

もしGooglebotに対して特殊なトランスパイル(特殊なプログラミング言語でコーディング)をしていたり、ポリフィル(CSS,HTML,JavaScript等をうまく読み込んでもらうために特殊なオブジェクトを用意する手法)を使っていたりしていて、その手法が今でもWebページに必要だと判断しているならば、確認・検証しておくべきでしょう。いくつかまだ制限事項があるので、JavaScript関連の課題をまとめたトラブルシューティング集、またはJavascript SEOの動画シリーズをチェックしてみて下さい。
<以下略>

引用)Webmaster Central Blogより意訳

つまりGooglebotが、より正確に常時最新(どこまでかは分かりませんが…)のレンダリングが出来るエンジンへとバージョンアップしたという内容です。従って、従来のGooglebotのレンダリング用に特殊なコーディングをしたり、JavaScriptの部分に特殊な施しをしていたサイト運用者は、一度見直したほうが良いとのことです。

ふわふわ

喜ばしいのは…

これは、SEOという点においてはコーダーやフロントエンドのエンジニアだけでなく、場合によってはバックエンドのエンジニアにも有難いのではないでしょうか。そして、サイトオーナーにとってはSEOを意識しつつも、デザイン性を追求できるようになるのではないでしょうか。ひと昔前までは、テキストぎっちぎちのWebサイトページが高評価されていましたが、今後はすっきりとした――空白を存分に活かしたサイトページでも、優れたUXを与えられるのであれば高評価されていくのでしょうね。

そして「そのデザインだとSEO的にちょっと…」等と言われ、やる気が下がっていたWebデザイナーにとっても、存分に能力を発揮できるようになるのではないでしょうか。

なんか…これからのWebページのUIの在り方等も変わってきそうでワクワクしますね。


関連記事

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

About This Result機能の更新情報

まだ日本には導入されていませんが、既に英語圏では「About This Result(この検索結果について)」機能が実装されています。今回はこの機能によって知り得る情報に新しい情報が追加されたとのことで、The Keywordでその説明がされています。この「About This Result」機能は ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。