GoogleのDiscoverについて

先日のGoogle検索20周年のタイミングでFeedがDiscoverとなり、新たなUIに変わるというご紹介をしました。実際にアプリの方では実装されたようですので、そのご紹介をしたいと思います。

Google Discover

ふわふわ

Discoverって?

ログインしているGoogleアカウントの閲覧動態に合わせて、興味のありそうなニュース記事をGoogle検索トップの下部に表示する機能が「Discover」です。発表から約1ヶ月後となった10月末に導入され始めました。日本ではGoogleアプリが対応しているようですが、WebサイトでのGoogle検索ではPC、モバイル共に表示されていません。WebサイトでのGoogle検索では米国(google.com)では導入されているようです。PCでのDiscover機能の話は出ていないので、Discoverは飽くまでもモバイルのみの機能になりそうです。

表示のしかたはカード形式となっており、まずはGoogleアカウント閲覧履歴に基づいたパーソナル向け記事が表示されます。

Discoverの表示例①

一応、「このカードは今役に立ちますか?」という、英語を直訳したかのような日本が表示されます(笑)。ここでフィードバックをしていくことで精度を高めていく努力をしてくのでしょう。

Discoverの表示例②

その後に続いて急上昇記事をカテゴリ別やニュースとして表示されます。私が確認した限り、カードはGoogle一般検索結果と同じように10枠ありまして、それ以上は「→ その他の記事」として展開されます。ちなみにプライベートモードだとDiscover枠はありません。

ふわふわ

どうなの?

私にとって、そもそもGoogle検索トップ画面は、検索バーの表示しかないUIが通好みであり、その結果利用が発展していったイメージがあります。ポータルサイトを希望するのであればYahoo!で良いわけで…。にもかかわらず、Googleがこのタイミングでポータルっぽさを表現するのはどういう意図があるのでしょう?

確かにモバイルのTwitterやInstagramでしたら、検索しようと思って検索アイコンをタップすると、検索バーの下に人気ハッシュタグやレコメンドするカテゴリ別画像が自動表示されます。ひょっとしてそれらSNSのレコメンド機能をGoogleのモバイル検索にも取り入れようという意図があったのでしょうか。そしてそれはGoogleの場合、トップ画面になるわけですので、トップにDiscover表示をしているでしょうか。

ただ、いずれにしましても私の場合、PCではChromeのURLバーに直接入力しますし、モバイル(iPhone)でも同様にSafariのURLバーに直接入力しますので、Googleアプリ含め、検索トップ画面にアクセスする機会はまずありません。おそらく、こういった検索動態は私だけではなく多くの人がそうなのではないしょうか。従って、一般的にはDiscover表示自体にも気付かず過ごすケースが多そうです。

Discoverの機能が良いか悪いかは個人の好みに依存すると思いますが、嫌なら設定(歯車アイコン)の「マイフィード」をオフにすれば良いので、お好みで調整すると良いでしょう。

マイフィード

個人的にはアクセスしないページですので、何の支障もございません(笑)。


関連記事

配送情報の構造化データ

米Googleでは米国現地時間2020年9月22日に、Googleショッピングにおける発送関連(送料や配送スケジュール)の情報を構造化データのマークアップで対応できるようになる旨を発表しました。現時点では米国(英語圏)のみで日本は未対応ですが、ECサイト運用者は今のうちに理解だけしておくと良いと思い ...(続きを読む)

GoogleがHTTP/2に対応

Googleが2020年11月から一部のサイトでHTTP/2もクロールするようになります。私は2016年にHTTP/2を実装してみましたが、明らかにユーザー体験上の効果が出ました。そしてこの度、GooglebotもHTTP/2プロトコルを検知するようになるとGoogleが発表していますので、そのご紹 ...(続きを読む)

Googleにとって初めてのイベント結果

Googleが米国現地時間2020年8月26日にバーチャルウェブマスターアンカンファレンスを催しました。その結果の感想がWebmaster Central Blogに掲載されていましたので和訳してご紹介しておきます。SEO業界における全体の感覚を知っておくのには参考になると思います。 開催報告 新型 ...(続きを読む)

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。