Search Consoleで各項目を比較する

GoogleのSearch Console内にある検索アナリティクスに「クエリを比較する」「ページを比較する」「国を比較する」「デバイスを比較する」「検索タイプを比較する」という機能が追加されましたのでご紹介しておきます。

バラ

ふわふわ

参考URL

ふわふわ

どんな機能?

Search Consoleの検索アナリティクス内にある各項目のところで、今までは「期間を比較」という比較項目がありましたが、今回残りの各項目でも比較することができるようになりました。

例:クエリを比較する場合

クエリを比較

そうすると、2つまでクエリ(≒キーワード)を入力する項目が開きますので、比較したいクエリを入力します。この時、飽くまでも完全一致なクエリであることと、複合キーワードの場合はスペースを半角にしないと検出してくれないこと、を気を付けてください。私は全角スペースで複合キーワードを入力したら検出されませんでした。
クエリを比較2

比較したいクエリを入力後、「比較」をクリックすると折れ線グラフでそれぞれの推移を確認できます。下図はクリック数のみですが、表示回数、クリック率、掲載順位の軸でも確認できます。
クエリ比較3
↑ここでは、「○○○ 価格」と「○○○ 効果」というクエリで比較してみました。

ふわふわ

「…で?」感

クエリの比較項目だけで言うのであれば、2つの検索キーワードにおけるニーズ推移を比較したい場合には役立つと思いますが…サービスが同じである以上、ニーズ推移を比較して得られるものも少なく…個人的には微妙な機能です。もしかしたら何かのタイミングで活用できるかもしれませんが、今は思い浮かびません(笑)。ただ、プロパティセットに2サイト登録し、それぞれに見合った(施策する)クエリを比較すると面白い結果(例えば、平日と休日のニーズ推移比較とか)が見えるかもしれませんので、今後そういったことを試して見たいとは思います。

また、ページを比較する場合において、サイト内のキーワードカニバリゼーションが起こっている際に、クリック推移や掲載順位推移を知るという意味では検証しやすく便利かもしれません。

いずれにしましても、最近のGoogleはツール機能の拡張に注力してくれていて、今後がちょっと楽しみです。


関連記事

ECに商品固有IDを

ECサイト等で展開する商品について、Googleは商品固有ID(GTINまたはMPN)の属性を構造化データや商品フィードに入れ込むことを推奨する内容を米国現地時間2月26日にSearch Central Blogで発表しました。これによりGoogleからのファインダビリティ(見つけやすさ)や正確な商 ...(続きを読む)

GSCの関連付け機能が拡張

Googleは、Search Consoleに関連付けられるサービスが新しく増えた旨、発表しました。今まではGoogle Analyticsとだけ関連付けられましたが、Google広告やYouTube等が加わる形になっています。ここでは、その発表内容の和訳とともにご紹介します。 Googleからの発 ...(続きを読む)

画像検索結果を多様化

Googleは画像検索結果にも多様性を持たせる動きを加えたと米国現地時間2月11日にツイートしました。画像検索結果に様々な画像を表示することで、ユーザーの選択肢や情報を増やすことを目的としているようです。 TwitterでのGoogle発表内容 まずは以下のツイート内容をご確認ください。 Have ...(続きを読む)

Passage(文節)ランキング始動

昨年10月に告知されたGoogleのPassage Indexingについて、「文節単位でしっかりとインデックスしてランキング」しますというPassage Ranking(パッセージランキング)が米国現地時間2月10日にローンチしたと発表されましたのでご紹介します。 Googleの発表内容 Goog ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。