Search Consoleで各項目を比較する

GoogleのSearch Console内にある検索アナリティクスに「クエリを比較する」「ページを比較する」「国を比較する」「デバイスを比較する」「検索タイプを比較する」という機能が追加されましたのでご紹介しておきます。

バラ

ふわふわ

参考URL

ふわふわ

どんな機能?

Search Consoleの検索アナリティクス内にある各項目のところで、今までは「期間を比較」という比較項目がありましたが、今回残りの各項目でも比較することができるようになりました。

例:クエリを比較する場合

クエリを比較

そうすると、2つまでクエリ(≒キーワード)を入力する項目が開きますので、比較したいクエリを入力します。この時、飽くまでも完全一致なクエリであることと、複合キーワードの場合はスペースを半角にしないと検出してくれないこと、を気を付けてください。私は全角スペースで複合キーワードを入力したら検出されませんでした。
クエリを比較2

比較したいクエリを入力後、「比較」をクリックすると折れ線グラフでそれぞれの推移を確認できます。下図はクリック数のみですが、表示回数、クリック率、掲載順位の軸でも確認できます。
クエリ比較3
↑ここでは、「○○○ 価格」と「○○○ 効果」というクエリで比較してみました。

ふわふわ

「…で?」感

クエリの比較項目だけで言うのであれば、2つの検索キーワードにおけるニーズ推移を比較したい場合には役立つと思いますが…サービスが同じである以上、ニーズ推移を比較して得られるものも少なく…個人的には微妙な機能です。もしかしたら何かのタイミングで活用できるかもしれませんが、今は思い浮かびません(笑)。ただ、プロパティセットに2サイト登録し、それぞれに見合った(施策する)クエリを比較すると面白い結果(例えば、平日と休日のニーズ推移比較とか)が見えるかもしれませんので、今後そういったことを試して見たいとは思います。

また、ページを比較する場合において、サイト内のキーワードカニバリゼーションが起こっている際に、クリック推移や掲載順位推移を知るという意味では検証しやすく便利かもしれません。

いずれにしましても、最近のGoogleはツール機能の拡張に注力してくれていて、今後がちょっと楽しみです。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。