Google:モバイル検索結果にバッジ表示

つい先日、Google画像検索に新機能が出来たばかりですが、またまたGoogleのモバイル検索結果に新機能が出来たようです。

見つけやすくしよう

ふわふわ

どんな機能

モバイルでの画像検索結果左下に小さくバッジが表示されます。バッジの種類は今のところ「レシピ」「商品」「動画(再生時間)」「(アニメーション)GIF」のようです。

Google Webmaster Central Blog

カップケーキを焼きたいと思った時、それが種類で、どんなものがあるか想像したい時、画像検索は非常に有効に働きます。でも、その中からレシピを知りたくても、美味しそうなカップケーキの写真だけ並んで、結局作り方も分からないまま離脱してしまうケースも多いと思います。
そこで、画像検索者が望んだ内容を見つけられるように、モバイル画像検索結果のサムネイル画像内に各種別のバッジを表示するようにしました。今のところ、その種別対象はレシピと動画と商品とアニメGIFです。

引用)Google Webmaster Central Blogより意訳

自分のサイト内の画像に構造化データのマークアップを設置することで、それぞれのタイプの表示をさせることができるようになります。これは検索者が画像の内容をすぐに察知して、サイト所有者の意図した導線を辿ってくれる手助けになるでしょう。サイト所有者がレシピを案内している画像なのであれば、そのページにレシピの構造化データをマークアップしてください。商品であれば商品を、動画であれば動画の構造化データをマークアップしてください。GIFに関しては、マークアップしなくても我々のアルゴリズムが自動的に検知してくれます。
構造化データをマークアップしても100%バッジが出現する保証はできませんが、バッジとして表示される可能性は高くなります。

引用)Google Webmaster Central Blogより意訳

モバイル画像検索のバッジ

実際にモバイルで画像検索すると意外と結構出てきますね。まだ実感値は薄いですが、確かに使い勝手は多少良くなってくると思われます。

ふわふわ

その背景には?

以前もお伝えしていますが、世界的に見てもInstagram等のSNSにおける画像検索が増えているようです。日本では、「欲しいものはInstagramで探して、買いたい商品のイメージができたらAmazonやメルカリで具体的に探す」動態も増加しています。つまりGoogle離れと言いますか…検索の多様化ですね。

そういった動きに対してGoogle側の焦りがあるのかどうかは分かりませんが、画像検索結果に最新軸を設けたり色味軸を設けたり、今回の構造化データのバッジ化を付与したりして、とにかく(モバイル)画像検索を強化しています。

実際私も画像検索は良く使います。特に人名検索(有名人を知りたい場合)や何かの書類の雛形を作りたい時は結構画像検索に頼ります。ですので、こういった機能は非常に有難いですね。