Google画像検索に新機能!?

スマートフォンでGoogleの画像検索結果を色や種類でフィルタリングできるようになりましたが、私が知る限り、日本では本日から実装されていましたのでご紹介したいと思います。

クロニクル

ふわふわ

どんな機能

スマホでGoogleの画像検索を行うと、検索タイプのナビゲーションの下に新しい項目が出来ています。

スマホ画像検索結果

「最新」「gif」「クリップアート」色見本「再利用が許可された画像」という項目があります。各項目は以下の通りです。

最新

比較的新しくインデックスされた画像で並び替えられています。厳密に最新順かどうかは分かりませんが、新しめですね…(笑)。

gif

画像のファイル形式がgifのものです。今では画像はjpg形式やpng形式が多いためgif形式は少なく、それでもgif形式でフィルタリングする理由は、アニメーションや動画的な見せ方が多いからだと思います。

クリップアート

「切り抜き画像」という認識で背景が白い画像が表示されます。「png形式による背景が透過画像」では無いようです。どのようにしてGoogleがクリップアートを判別しているかは分かりませんが、画像の4隅が白抜きされている画像が出ているようです。背景が1色で形成されていれば何でも(黒、黄色など)表示されたりもしています。

各色

12色(赤、橙、黄、緑、水、青、紫、ピンク、白、灰、黒、茶)が色見本として並んでおり、該当色をタップすると、ほぼその色でフィルタリングされた画像が表示されます。

再利用が許可された画像

フリー素材的にGoogleが紹介しています。このフィルタリングの判別方法が分かりませんが、再利用が許可されているとは言い切れないので、利用する際はちゃんと確認したほうが良いです。

画像検索結果(最新)

画像検索結果(gif)

画像検索結果(クリップアート)

画像検索結果(色味)

画像検索結果(再利用許可)

ふわふわ

精度云々より傾向値として…

画像検索するクエリ(物)によっては有用な機能だと思います。特に取引型クエリ(Transactional Query)に関する画像検索としては色味によるフィルタリング等はよく使いそうです。ただ、これらのフィルタリングも厳密では無いですし、抜け漏れもありそうですので、結局ただの画像検索も行うことになるでしょう(笑)。

最近は米国ユーザーの44%がAmazonに直接アクセスして商品を探すというデータもあるようで、Googleの取引型クエリの検索シェアをECに食われがちなので、色々と機能を拡張しているのかもしれません。求人情報検索サービスをローンチした背景もなんとなく窺えます。

いよいよユーザーも検索サービスを選択する時代(=Googleの検索市場独占が崩壊)になるのかもしれませんね。


関連記事

目次の順序はランキングに影響する?

コラム等の記事を読んでいると、どの記事も面白いように「とは」「種類」「メリットデメリット」「使い方」「注意点」の順番で目次設定されていて、その通りのストーリー順序で記事化されています。これは以前にも私は触れています。しかし、この順序はSEO評価(検索順位が上がりやすいこと)に繋がるのでしょうか。私の ...(続きを読む)

検索結果タイトル生成アップデート

Googleは米国現地時間8月24日、Webサイトページを検索結果に表示する際、タイトルを生成する新しいシステムを導入したと発表しました。記事内容を和訳しながらご紹介したいと思います。 検索結果表示のタイトルについて 元々、ずいぶん前からタイトルの書き換えは起こっていました。私も以前記事にしていまし ...(続きを読む)

Googleが検索の仕組みを案内

もう何度も何度も何度もGoogleは案内してきていると思いますが、改めてGoogleは「Google検索の仕組み」ページのデザインをリニューアルして公開しました。合わせてThe Keywordでもその内容を案内していますので、和訳してご紹介します。 Google検索の仕組みについて 新しくGoogl ...(続きを読む)

構造化データテストツールは別モノへ

2020年の7月に構造化データテストツールが廃止予定であることをGoogleは予告していました。要はリッチリザルトテストツールに統合されるという話でした。そして8月9日に構造化データテストツールはSchema.orgのテストツールとして変貌しました。 そもそもどうだったの? もともと、構造化データの ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。