Discoverレポート対象がChromeも

2019年4月から始まったGoogle Search ConsoleにおけるDiscoverのレポートですが、今まではAndroidとiOSのGoogleアプリでの表示に関するレポートだけが対象でした。でも、この度Chromeでの表示に関するレポートも含有されるようになったとSearch Central Blogで米国現地時間2月2日に発表されました。記事を和訳してご紹介しますので、Search Consoleレポーターは理解しておきましょう。

Google Discover

ふわふわ

サチコ内でDiscoverアクセスが増えていく

要は、Search Console内でのDiscoverレポート部分に新しくChromeブラウザからの表示やクリックが加わるため、急に「Discoverに取り上げられることが多くなった!」と思いがちですが、単純にレポート対象が広がったよ、って話です。

Search Console DiscoverレポートにChromeデータが追加

Google Discoverは、ユーザーが特定の何かを検索していなくても、興味のある最新トピック情報を得られる人気の方法です。パブリッシャーやサイトオーナーは、Discoverのパフォーマンスレポートにアクセスして、AndroidとiOSのGoogleアプリに表示されるDiscoverで自分のサイトのパフォーマンスに関する重要な指標を確認することが出来ます。
また、AndroidまたはiOSのChromeで新しいタブを開いた時にDiscoverコンテンツに遭遇する方法もあります。しかし今まではChromeからのDiscoverトラフィックについては、既存のDiscoverパフォーマンスレポートには含まれていませんでした。
それが今回Search Consoleで、Chromeからのトラフィックも含めてサイトのDiscover表示回数とクリック統計を確認出来るようになりました。

Discoverレポート

このデータに関しては、数ヶ月かけて徐々にSearch Console Discoverパフォーマンスレポートに反映されるようになります。つまり、レポート対象のサイトトラフィックが、以前よりも上昇する可能性があるということです。
ChromeからのDiscoverトラフィックは、今日のトラフィックの一部から徐々に検証対象となり、新しい発信元リファラhttps://www.google.com/が使用されるようになり、GoogleアプリのDiscoverで使用されているリファラと同じになります。以前までのリファラwww.googleapis.com/auth/chrome-content-suggestionsではなくなります。

レポートに関するご質問やコメントについては、Search Centralのヘルプフォーラムにお気軽にお問い合わせいただくか、その他のチャンネルからお問い合わせください。また、Discoverのコンテンツがどのように表示されるかについて、考慮すべきヒントと詳細説明しているGoogle Discoverと自分のWebサイトページもご参照ください。

引用)Search Central Blogより和訳

ふわふわ

徐々に増えて見える感じ

米国現地時間2月2日からChromeに表示されたDiscoverが対象となって徐々にSearch Consoleに反映されます。ですので、過去のChrome表示分が反映されるわけではございません。ですので、Search ConsoleでDiscoverレポートを常時見ている人にとっては徐々にDiscoverで取り上げられたように見えるかもしれません。

もしかしたら本当に徐々にDiscoverで取り上げられるようになったかもしれませんが、まぁ大抵の場合は「今まで通りの表示の感じが分かるようになった」に過ぎないと思いますのでご注意ください。


関連記事

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

About This Result機能の更新情報

まだ日本には導入されていませんが、既に英語圏では「About This Result(この検索結果について)」機能が実装されています。今回はこの機能によって知り得る情報に新しい情報が追加されたとのことで、The Keywordでその説明がされています。この「About This Result」機能は ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。