202106コアアップデート

Googleは米国現地時間6月2日にコアアップデートを行うことをツイートしました。前回が米国現地時間2020年12月3日でしたので、約半年後の告知となっています。コアアップデートの度にGoogleは2019年8月のブログ記事を引用して発表していますが、その記事の和訳は私のブログでこちらに記載していますので、ご確認ください。

アップデート

ふわふわ

Googleからの発表内容

今回はツイートだけでなく、新しく執筆されたブログ記事まで紹介していますので、ツイート内容とブログ記事を和訳してご紹介します。

本日あとで、年に数回行っている全体のコアアップデートをリリースします。これは2021年6月のコアアップデートと呼びます。更新に関する案内は以下の通りです。
https://webmasters.googleblog.com/2019/08/core-updates.html

この後また2021年7月のコアアップデートが控えています。これについては詳細は…続く

引用)@searchliaisonより和訳

 

2021年6月コアアップデートで予定する改善の一部がまだ準備できておらず、現在出来上がっている部分だけ更新しており、残りは202年7月のコアアップデートで引き続き行います。概してコアアップデートでは、大部分のサイトにとってコアアップデートに気付くようなものではありません…

引用)@searchliaisonより和訳

 

もちろん、コアアップデートによって一部のコンテンツページが順位下落したり順位向上したりする可能性はあります。今回のリリースは2段階構成になっているため、コンテンツページの一部では6月に大きく変動して、7月にまた戻ってくるようなこともあるかもしれません。

引用)@searchliaisonより和訳

 

念のため申し上げておきますと、コアアップデートは特定のWebサイトを狙うものではありません。コアアップデートを含め検索全般で高い成果を上げたい場合は、次の案内事項をご参照ください。

引用)@searchliaisonより和訳

 

また、Google検索が1年に何千回も更新されており、検索体験と検索結果の品質を向上させるべく更新し続けていることを説明している本日のブログ投稿もご覧ください。

引用)@searchliaisonより和訳

 

2021年6月のコアアップデートが始まりました。アップデートによくあることですが、完全にロールアウトするには通常1週間~2週間かかります。

引用)@searchliaisonより和訳

 

ツイート内で紹介されているSearch Central Blogの記事は私のブログで過去和訳済みです。あともうひとつThe Keywordの記事が紹介されていますので、以下和訳します。

Google検索を改善するために私たちがどうアップデートしているか

Googleのコンピュータやスマートフォン、アプリは、より良いものにするために定期的にアップデートされています。それはGoogle検索でも同様です。実際、Google検索は年に何千回も更新され、操作性や検索結果の品質を向上させています。ここでは、そのプロセスがどう機能しているかについて詳しくご説明します。
 

アップデートが重要な理由

Google検索には、世界各国から150もの言語で毎日何十億もの検索がされています。Googleのこの自動システムは、インデックスに登録されている何千億ものページの中から、最も関連性が高く信頼できる情報を特定し、検索ユーザーが探している情報を見つけられるようにしています。これほどの規模と複雑さで高品質な検索結果を提供するには、あらゆるシステムが必要です。Googleは、可能な限り最も有益な結果を表示できるよう、これらのシステムを改善する方法を常に模索しています。
継続的な改善によって、Googleの評価プロセスの結果、検索結果ページに表示される無関係なWebサイトページの数が、過去5年間で40%以上減少したというデータもあります。Googleは1日に何十億もの検索ユーザーをWebサイトに送客していますが、より関連性の高い検索結果を提供することで、毎年各Webサイトへの流入は創業以来増加の一途を辿っています。
また、Googleは毎日1億人以上のユーザーを幅広いサイトに送客しており、Web上で世界中のサイトが発見される手助けをしています。新しいサイトが増え、常にWebが変化していく中で、検索ユーザーにとって最高の情報を提供するのと同時に、幅広くパブリッシャーやクリエイター、ビジネスをサポートするためには、継続的にアップデートすることが必須です。
 

アップデートによって検索をより良いものにするく

アップデートの例をいくつかご紹介します:
先月、検索でより良い商品レビューを見つけてもらうための改良を行いました。自動化されたシステムにより、そのレビューが単に商品の基本的な情報を伝えているだけではなく、綿密な調査や専門知識を有しているかどうかまで精査しています。このアップデートにより、コンテンツ制作者の高品質な情報が見つかりやすくなりました。
また、数年前に行ったアップデートでは、コンテンツがモバイルフレンドリーかどうかを判断するようにしました。比較的関連度が高いコンテンツが多数存在する場合、モバイル端末での表示に優れたコンテンツを優先的に表示することで、モバイル端末の検索ユーザーにとってより有益な情報となりました。
週によっては、検索を少しずつ改善するために、何十ものアップデートを短期間で実施することもあります。これらのアップデートは、Googleの品質評価プロセスを元に充分テストされ、評価されたものです。ほとんどの検索ユーザーが気付かないところで、ひそかにGoogleはアップデートの度に少しずつ改良し続けているのです。これらのアップデートを積み重ねることで、検索が素晴らしい結果を提供し続けることができるようになっています。
あまりにも多くの段階的アップデートがあるため、そのすべてについて詳細をお伝えすることは賢くありません。しかし、上述の2つのアップデートのように、サイトオーナーやコンテンツ制作者などが対応を検討できるような実用的情報がある場合には、発表・共有するようにしています。
 

検索機能を大幅に改善するコアアップデート

Googleは定期的に、総合的なランキングプロセスに対して大規模な改善を行います。このようなアップデートをコアアップデートと呼んでいます。コアアップデートによって目立った変更が行われることもありますが、一般的には、ユーザーよりもWebサイトの運営や検索エンジン最適化(SEO)を積極的に行っている人の方が気づくことが多いようです。
そのため、この種のアップデートが行われる際には事前にお知らせしています。サイトオーナーの皆様には、今回の変更が、特定の作業が理由するとかではなく、コンテンツ全体をより良く評価し、ユーザーの期待に応えるためにシステム改良しているということを是非ご理解いただきたいと思います。また、コアアップデート(その他アップデートも含む)は、特定のサイトに特化したものではなく、検索全体を改善するためのものであることもご理解ください。これについては、以前にも記事でご案内した通りです:

コアアップデートによってパフォーマンスが悪くなったページは、必ずしも何か特別悪い点があるとは限りません。順位下落したからといってガイドライン違反ページに発生する手動対応やアルゴリズムによる何らかのアクションを受けたとは限らず、ウェブマスターガイドラインにも違反したとも限りません。コアアップデートは特定のページやサイトをターゲットに行われているわけではないのです。そういうわけではなく、コアアップデートはコンテンツを評価する全体のシステムをより向上するために行われているのです。これらの変更により、今まで低く評価されていたページが高評価されることだってあるでしょう。
コアアップデートがどのように機能するかを考える一つの方法として、2015年にあなたが映画のトップ100のリストを作ったとします。そして数年後の2019年に、そのリストを更新したとします。自然と変化していくでしょう。これまで存在しなかった新しくて素晴らしい映画がリストに加えられるかもしれません。もしかしたら、過去の映画を再評価して、以前よりも高い順位にふさわしいと気付くことだってあるはずです。
このリストが変わっていくこと、そして今までリストの上位にいた映画の順位が下落することは、決して悪いことではありません。ただ単に、今までよりも上位にいるべき映画が出てきたということでしかないのです。

コアアップデートは、検索結果の全体的な関連性を高めるために行われます。GoogleによるWebサイトへの送客トラフィックは、大体がインターネット内の入れ替わりにすぎません。一部のコンテンツページの評価が下がる一方で、その分、他のコンテンツページの評価が上がります。長期的に見て、このようにシステムを改善していくことで、毎年検索結果を改善し、Web上のサイトにより多くのトラフィックを送ることができるようになっています。

企業やクリエイターへのガイダンスとツールの提供

コアアップデートについては、特別Webサイト側で実施しなければならないこと等はありませんが、全体的に検索からの流入成功に役立つ案内や実用的なアドバイスはご提供しています。この案内を遵守したからといって希望するすべてのクエリでWebサイトが上位表示されるとは限りません。これは、Googleをはじめ検索エンジンが保証できることではありません。
クエリの種類によっては、何千ものページや派生コンテンツがあり、それらはすべて何らかの関連性を持っています。これらのコンテンツをすべて検索結果の一番上に表示することは不可能です。そんなことになっても検索ユーザーには全然役に立たないでしょう。検索ユーザーは、自分にとって最も役に立つ情報を提供してくれるものだと思ってGoogleへ検索しに来るのです。

企業やサイトオーナー、コンテンツ制作者がコアアップデートの案内を知って関連性が高く有用なコンテンツを作ってくださればくださるほど、Googleがよりよく理解できるようになるでしょう。また、Webサイトを品質ガイドラインに従って作成することや最適化のヒントをもとに実践すること、またどなたでも利用可能な無料Search Consoleツールを活用することも推奨しています。
このようなアップデートと、Googleが提供するツールやアドバイスによって、検索ユーザーとコンテンツ制作者、企業、有益な情報所有者を確実に結びつけることができるのです。

引用)The Keywords

ふわふわ

いちいち気にするな、でもGoogleからの案内は読んでおけ

毎度のことながら、コアアップデートの度にGoogleが言っていることはひとつ――「いちいち、特定的な改善策を探ろうとするな。そんなことよりもそもそもコンテンツの質を上げるべくGoogleの案内ドキュメントをよく読め」です。

コアアップデートは情報の更新のようなものです。都度最新の需要に合わせて、最新且つ最適な情報が提供できているか棚卸をしているようなものですね。

だからコンテンツも「作って入れて終わり」ではなく「作って入れたら保守していく」つもりで運用していくと良いでしょう。


関連記事

202112商品レビューアップデート

Googleでは、今年4月の商品レビューアップデート以降、2回目の商品レビューアップデートを行ったと、米国現地時間12月1日にSearch Central Blogで発表しました。まずは前回の和訳した記事をおさらいいただいてから本記事をご覧いただければと思います。そして、その続編としてGoogleが ...(続きを読む)

202111コアアップデート

遅ればせながら...ですが、Google検索では、去る米国現地時間11月17日に、コアアップデートを行うことを発表しました。その翌日にはロールアウトが始まり、1,2週間で完了するとのことでしたので、そろそろ終わっているかもしれません。速報ではないものの、一応今後のアーカイブのためにここでも記事にして ...(続きを読む)

Search Consoleを改善していくみたい

2018年1月から全ユーザーが徐々に新しいSearch Consoleへリニューアルされるようになり、2019年9月に旧Search Consoleが完全に終了しました。それから2年以上、機能の追加はあったものの、基本的UIは変わらなかったSearch Consoleですが、この度デザインが変わりま ...(続きを読む)

Googleビジネスプロフィール

GoogleマイビジネスがGoogleビジネスプロフィールという名称に変わります。そして、ビジネスプロフィール所有アカウント者はGoogleにログインしている状態で完全にGoogle検索結果画面やGoogleマップから内容編集や設定ができる用になります。Googleが米国現地時間11月4日と11月5 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。