202012コアアップデート

米国現地時間2020年12月3日にGoogleはコアアルゴリズムのアップデートを始めたと発表しました。今年1月5月にコアアップデートをしましたので、7ヶ月ぶりくらいですね。結構間が空きました。

アップデート

ふわふわ

毎度おなじみの

今夜より、年に数回行っているコアアルゴリズムのアップデートをリリースしています。呼称は2020年12月コアアップデートです。このような更新に関する案内としては、これまでにご説明した通りです。詳細は、このブログ投稿をご覧ください。

引用)@searchliaisonより和訳

GoogleからのTwitter情報を見ても、ほぼ5月の時と同じ内容ですね。コアアップデートについても毎度Googleは同じブログを紹介してくれています。私のブログでもその和訳記事を掲載していますので、こちらをご参照ください。

「コアアップデートの仕組み」 https://fuwafuwa.biz/seo/core-updates/

そして、Googleから伝えていることも同じで「コンテンツ品質を自問しろ」の1点です。まぁ、そりゃあそうですよね…。コーディングに関するテクニックは常に改善していくべきですので、あと出来ることはコンテンツだけですもんね。

文章だけでなく、読みやすさや要素の情報設計順序等も見直すと良いと思います。特に今後のPassageインデックス(文節インデックス)を考えると尚のこと、細かな記事の修正や追加は重要になってくるでしょう。ページ内コンテンツにおいても「ちなみに―」みたいな要素も大事になってきそうです(そういえばその後のPassageインデックスはどうなったのでしょう…? どうやら強調スニペットというわけではなさそうですが…検索結果表示がどうなるのか…)。

ふわふわ

変動の程は?

Googleの発表から15時間くらい経過した今の時点では、そんなに変動を感じません。細かなキーワードで中規模な順位変動が見受けられますが、私が管理している中でビッグワードでの変動は見られません。なので、この細かなキーワードにおける中規模変動もコアアップデートの影響といえる程の因果性を感じていません。もちろん、私が知らないところで変動が起こっているかもしれませんが…。

コアアップデートに関してはGoogleは毎度「完全に展開するには通常1~2週間かかります」と公表していますので、コアアップデートに関する結果を知るには12月17日前後になるのではないでしょうか。ただ一方で、私の経験では、クエリ単位で展開されていく印象を受けますので、クエリによっては12月17日を待たずに変動(展開完了)していることも考えられます。いずれにしましても、もうちょっと様子を見てみましょう。

現実レベルで私から再度注意点として…です。
コアアップデートは、あくまでもGoogleがグローバルに展開している全体最適に向けたアルゴリズムです。ですので、日本国内におけるどこかの業界の何かしらのクエリにおいては不具合が起こったり、変な検索結果になったりすることもあるでしょう。「今回のアップデートであんな訳の分からないサイトページが上がってる!Googleはどこを見てるんだ!?」的なことを言う人もいるでしょう。でも、Googleは全体最適になりそうだと判断したアップデートですので、細かなクエリまでいちいち見ていません。アルゴリズムによっては当然副作用も起こります。私はそれを「ムラ」と呼んでいますが。なので、コアアップデートによって正当評価されていないと思う場合は、次のコアアップデートを待つしかないでしょう。それでも100%のコンテンツなんてありえないので、ブラッシュアップはシームレスに行うことをオススメします。


関連記事

目次の順序はランキングに影響する?

コラム等の記事を読んでいると、どの記事も面白いように「とは」「種類」「メリットデメリット」「使い方」「注意点」の順番で目次設定されていて、その通りのストーリー順序で記事化されています。これは以前にも私は触れています。しかし、この順序はSEO評価(検索順位が上がりやすいこと)に繋がるのでしょうか。私の ...(続きを読む)

検索結果タイトル生成アップデート

Googleは米国現地時間8月24日、Webサイトページを検索結果に表示する際、タイトルを生成する新しいシステムを導入したと発表しました。記事内容を和訳しながらご紹介したいと思います。 検索結果表示のタイトルについて 元々、ずいぶん前からタイトルの書き換えは起こっていました。私も以前記事にしていまし ...(続きを読む)

Googleが検索の仕組みを案内

もう何度も何度も何度もGoogleは案内してきていると思いますが、改めてGoogleは「Google検索の仕組み」ページのデザインをリニューアルして公開しました。合わせてThe Keywordでもその内容を案内していますので、和訳してご紹介します。 Google検索の仕組みについて 新しくGoogl ...(続きを読む)

構造化データテストツールは別モノへ

2020年の7月に構造化データテストツールが廃止予定であることをGoogleは予告していました。要はリッチリザルトテストツールに統合されるという話でした。そして8月9日に構造化データテストツールはSchema.orgのテストツールとして変貌しました。 そもそもどうだったの? もともと、構造化データの ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。