Googleが仮想通貨広告を禁止

Facebookが今年に入って仮想通貨やICO(Initial Coin Offering:新規仮想通貨公開)の広告を全面的に禁止する旨、発表していましたが、いよいよGoogleも今年の6月から仮想通貨等の広告を全面的に禁止することになりました。金融関連の広告掲載ポリシーを改訂しています。

ビットコイン

ふわふわ

Googleの仮想通貨広告の禁止範疇

まず、禁止される媒体はGoogleの広告全てとのことなので、適用範囲はAdWords、AdSense、YouTube等も含まれると推察できます。掲載禁止される広告については以下が対象になります。

  • 仮想通貨(の取引所)関連
  • 仮想通過ウォレット(電子財布)
  • 仮想通貨取引アドバイス関連
  • ICO(Initial Coin Offering:新規仮想通貨公開)
  • バイナリーオプション(取引)関連
  • 差金決済取引(CFD)関連

Googleは仮想通貨に関して慎重な構えでいるようで、実際投資ギャンブル的に利用して被害を受けたケースもあるため今回の決断に至ったようです。

グーグルの広告責任者のスコット・スペンサー氏は14日、米放送局CNBCに対し「仮想通貨の未来は予見できないが、この分野では、消費者が実際に被害にあったり、潜在的に被害にあったりしそうな場面を十分見てきた。細心の注意を払っていきたい」と今回の措置を説明した。

引用)Cointelegraph

しかし、仮想通貨取引所側の意見としてはこのGoogleの決断を決してネガティブには捉えていないようです。

仮想通貨取引所を運営する米コインベースの英部門最高経営責任者(CEO)、ジーシャン・フェロス氏は、グーグルの決定は前向きな動きで、需要を後退させることはないと指摘。

引用)東洋経済オンライン

ふわふわ

まだ市場が未熟だし…

確かに仮想通過に関しては既に「得した」「損した」なんていう話が増えてきていますし、そんな状況だからこそFacebookもGoogleも市場が成熟するまでは全面禁止にしたのではないかと思われます。

しかし、例えば仮想通貨交換業者になるかもしれないメルカリ自体の広告は禁止になるのかと言えば…ここは微妙なところですよね。こういったことも含め、しばらくは様子を見ていかなければならないかと思います。

当然かもしれませんが、SEO上でも仮想通貨はYMYLの範疇ですので、健康・医療アップデートのような取り締まりが入ってくるようになると考えておかなければなりませんね。


関連記事

有益情報を発信するツイート紹介

最近、色々なサービス展開上、Webページデザインの勉強をしている私です。とはいえ技術的なコーディングやプログラミングではなく、市場参入視点やユーザーへのコンバージョンやエンゲージメント視点での勉強です。これに関しても終わりがなく、且つ伝えたい内容によってUIデザインは変化するので、常にインプットが必 ...(続きを読む)

PDRがしっくりくる

先日、SEOや新規ビジネスを考えている中、「やっぱりPDCAだとうまくいかないなぁ」と思いまして...PDRにしてみたところうまく回りだしたので、そんなPDRをご紹介してみたいと思います。 PDRとは PDRとは2011年頃にハーバードビジネススクール(HBS)のLinda Annette Hill ...(続きを読む)

訴求方法における他社参考のしかた

自分のWebサイトページにおける訴求方法を考える時、無作為に他社のWebサイトやランディングページを見て、見た後にそこから何かを得ようとする人がいます。でも、無作為に他人のWebサイトページを見ているだけでは、あまり気付きも参考要素も得られません。そこでここでは他社のWebサイトページを見る時の心構 ...(続きを読む)

NAVERまとめが終了

2014年に一世を風靡した(...私の中で)あのNAVERまとめがついに終了するそうです。残念とか悲しいとかではなく、なんとなく感傷的な気分になりましたのでご紹介しておきます。あの1件以来まるで目立たなくなってしまいましたが...それでも私はユーザーとして普通に見ていたんですけどね...。 終了の通 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。