Facebookが偽記事対策

FacebookはNewsroomで、より確かな情報が優先されてユーザーのフィードに表示されるようアルゴリズムを更新したと発表しました。

豊川稲荷

ふわふわ

背景には…

以前にもご紹介しましたが、Facebook上で出回った「ローマ法王がトランプ氏を支持した」や「デンゼル・ワシントンがトランプ氏を支援」等という偽ニュースがトランプ氏の米大統領選に追い風になったのかもしれないと話題になり、巷ではFacebookに対する不満が生じていたのも事実でした。昨年11月頃の話です。

Facebookの信頼は、ドナルド・トランプ大統領が選挙戦で勝つのに捏造記事が一躍買ったという疑念で傷ついてしまった。

引用)TechCrunch Japan

ふわふわ

発表内容

そこでFacebook側では色々と対策を講じてきたと思いますが、現地時間1月31日に今回の発表がありました。

ニュースフィードにおいて、私たちの目指すところは、利用者により関連した投稿記事をストリームとして表示していくことです。そこで私たちは今回、そのメカニズムにおいて、2つの優先要因シグナルを更新したことを発表します:

  • より信憑性の高い記事を特定して、その表示優先順位を高める新しいシグナルを導入
  • ユーザー個人に対して、関連するような記事内容を予め把握しておくことで、該当記事をリアルタイムに表示する新しい仕組み

引用)Facebook Newsroomより意訳

明らかに偽記事と言いますか…不確かな情報が出回ることを未然に防止するメカニズムですね。これによるFacebook離れを引き留められるとか、そういうものではないですが、Facebookサービスにおけるネガティブな要素は排除できていくのではないでしょうか。

私たちのニュースフィードの価値のひとつとして、本物のコミュニケーションということが挙げられます。そして、センセーショナルでスパミーなまぎらわしい情報のせいで誤った情報を受け取ることなく、最も共感できる本物の投稿記事を優先表示させてほしいという声を耳にしていました。

引用)Facebook Newsroomより意訳

このアップデートでは、捏造記事や釣りタイトルの記事、あるいは良くユーザーに非表示にされる記事を配信しているFacebookページを判別する。また、疑義のある記事でアルゴリズムを訓練することで、ニュースフィード上の似たようなコンテンツも特定する。一方で、そのような記事の特徴を持たないコンテンツの露出は増やすという。

引用)TechCrunch Japan

それにしても今回は非常に迅速な対応だったと思います(もしかしたら今回のアップデートはトランプ氏の話題以前から進行していたのかもしれませんが)。逆に考えれば、Facebookにとってはそれだけ(ユーザーの滞留率や広告効果等において)ニュースフィードが生命線なのでしょうね。今後はイチユーザーとしても注目してみたいと思います。


関連記事
ちょっとSNSが前進するような話でしたので、ご紹介します。Instagramでは米国現地時間2019年7月8日、コメントにヘイトな内容(攻撃的だったり、貶めるような内容)が含まれている場合、AIが判断して一旦踏みとどまらせるスキームを導入すると発表しました。 どんな内容? 簡単に言うと、Instag ...(続きを読む)
Instagramは米国現地時間6月4日、インフルエンサーが企業商品を投稿した内容を企業が広告配信する――ブランドコンテンツ広告を提供開始したと発表しました。これにより、芸能人によるステルスマーケティングが減っていくかもしれません。ちょっとご紹介したいと思います。 どんな内容? 著名人がよく、ブログ ...(続きを読む)
Instagramのショッピング機能が実装されまして1周年となります。その1周年を記念して、Instagramでは、「Insta Shopping Weekend」を期間限定で原宿にオープンするそうです。これは、日本初開催とのことです。 どういう内容? Instagramのオフラインショッピングのイ ...(続きを読む)
InstagramがIPSOSに調査委託した「Instagramが日本経済に与える影響」について結果発表していましたので、ご紹介したいと思います。こちらに関してはFacebookニュースルームでも紹介されています。 前提として 今回の調査内容はInstagramがどれくらい、インバウンド観光、中小規 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。