Twitter:Tip Jar機能

5月7日、英語圏のみの対応ですが、ついにTwitterが投げ銭機能である「Tip Jar」を導入したと発表しました。先日発表のチケット制スペースに続き、いよいよユーザーのマネタイズに本格支援参入する形ですね。

Twitterが行く

ふわふわ

Tip Jarとは

この度、Twitterが発表したのはTip Jar機能。直訳すると「チップ壺」です。Twitterアカウントに対する投げ銭機能となります。投げ銭機能と言えば、有名なのはYouTubeのスーパーチャットやニコ生のギフト、Instagramライブルームのバッジ等が有名どころですが、いよいよTwitterも行うようです。現段階では英語圏でのiOSアプリとAndroidアプリが対象とのことです。
仕組みは簡単。Tip Jarを受け付けているアカウントのプロフ画面に専用アイコンが出来るので、そこをタップして対象アカウントの決済処理可能方法を選択し、送金する形です。

Tip Jar アイコン

アカウントのプロフィールページで、フォローボタンの横にTip Jarのアイコンが表示されていれば、そのアカウントのTip Jarが有効になっています。アイコンをタップすると、そのアカウントが利用している決済サービスのリストが表示されます。お好みの決済サービスやプラットフォームを選択すると、選択したアプリに移動し、支援したい金額を入力することができます。この機能はTwitterを通してではなく、Bandcamp、Cash App、Patreon、PayPal、Venmoといったサービスを通して直接決済されます。Androidでは、スペース内でチップを送ることもできます。

引用)Twitterブログ

今の段階で、Tip Jarを設定できるアカウントは、Twitter社側で選定されたクリエーター、ジャーナリスト、専門家、非営利団体等が対象のようですが、こちらもチケット制のスペースと同様に、対象者や対象言語を拡大してく予定とのことです。

また、Androidアプリに関してはスペース内でもTip Jarは使えるようです。チケット制のスペースが一部Twitter社の手数料が差し引かれるものに対して、Tip JarはTwitter社の手数料は取らないとのことでした。

Androidアプリでは同社のチャットルームサービス「Spaces」内でも送金できる。

引用)ITmedia NEWS

 

Twitterによると、送金される金額の一部がTwitterに入るということはないという。

引用)CNET Japan

ふわふわ

優良なフォロワー数を増やしておけばどこでもマネタイズ!?

「チケット制のスペースをホストするのは魅力的だけどリアルタイムでしゃべるのは苦手」という人、多いかもしれません。そもそも顔出し声出しでマネタイズできるならYouTubeやInstagramでも良いわけで、それは行っているはずですから。それよりも優秀なツイートをする人にとってはとても有益な仕組みが出来るかもしれません。

例えば、フォロワー数の多いアカウントを使ってティザー(断片的な情報のみを公開)的にツイートとフォロワーを加算していきます。そうすることで権威的になったアカウントを使って非公開ツイートのサブアカウントを作り、優良フォロワーだけを集めてツイート(したりスペースしたり)することで、投げ銭を獲得していくというビジネススキームを構築できるわけですね。
まぁ、投げ銭自体は、フォロワーによる善意や積極性に依存するサービスですので計画性のあるマネタイズはできませんが…。でもこういったサイドビジネスを確立していければ、働き方に場所も時間も関係なくなってきます。

いやはや、いよいよ人がコンテンツ化する時代ですね。そしてノマドやワーケーション時代の本格到来ですね。今のうちにじゃんじゃん優良なフォロワーを増やしていくと良いでしょう。以下の猫森うむ子さんのツイートを参考にレッツトライ!です。

それにしても、こうしてIT技術の発展に伴うニューノーマルや新スキームが進めば進むほど、発信者やマネタイズの人間性が問われるって…面白い時代ですよね。ともすると、なんとなく人間味やコミュニケーションを感じないイメージのIT技術ですが、結局それを使うのは人間でありコミュニケーション対象は人間ですので、益々コミュニケーション力が問われるという…。この不思議なパラドクスの最中を生きている私たちは、とても貴重な体験をしていると思います。


関連記事

Instagram:個人のマネタイズ強化

Instagramでは米国現地時間6月8日に、インフルエンサーとなるクリエイターの収益化サポートのための各種機能強化を発表しました。要は「インフルエンサーのお金儲けを支援→Instagramアクティブユーザーの確保→Instagramの発展」という図式ですね。 バッジ機能の強化 2020年10月にテ ...(続きを読む)

Twitter:スペース始動

今年の3月に紹介しましたTwitterスペースですが、2020年12月からのテスト期間を経て、ついに5月6日、正式リリースしましたのでご紹介します。 スペースを作れる人はフォロワー600人以上 TwitterスペースはまんまClubhouseです。使い方は以前の記事をご参考ください。今までのテスト期 ...(続きを読む)

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

Facebook:安心&安全への取り組み

Facebookでは、誤解や有害を与えかねないFacebookグループに対する措置や機能変更を加え、また、iOSとAndroidのモバイルデバイスでもセキュリティキーによる二段階認証を採用するようになりました。コンテンツとしての安全性とデバイスとしての安全性の両側面から施策付けています。 Faceb ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。