Twitter:クソリプ抑止テスト再開

以前より、Twitterではリプライ時にセンシティブな内容を含んでいる場合、いったん立ち止まって考えるようiOSアプリでテストをしていました。これが2020年5月頃の話です。その後2020年8月にiOSやAndroidアプリ、Webにてテストを行いつつ、並行してツイート時にリプできる対象者を絞る機能を実装していました。
そして今回改めて、リプライ時に立ち止まって考えさせるべく、iOSユーザー向けにUIデザインを変えたテストを再開したようです。

Twitterが行く

ふわふわ

Twitterの内容

冒頭で述べた内容が全てなのですが、一応Twitterからの告知内容をご紹介します。

何かでカッとなった時、ついつい心にもないことを口にしてしまうこともあるでしょう。そこでiOSでは、人を傷つけるような有害な言葉を使っている場合に返信を考え直してもらうよう、送信前に内容の修正をユーザーに促すオプションを表示する実験を限定実施しています。

引用)@searchliaisonより和訳

 

返信を修正するように促す機能についてご意見をいただきましたので、それを受けてアップデートしました。
■修正を促すオプションが表示されている場合は、(Twitter側で)そう判断した理由の詳細が表示されます。
■修正を促すオプションを表示するにあたって、会話の文脈を理解する方法を改良しました。
現在、Android、iOS、Webでテストを続けています。

引用)@searchliaisonより和訳

 

咄嗟に口に出てしまった一言で後悔した経験、ありますよね? 私たちは、 誰かを不快にさせる、または攻撃する可能性のある返信の見直しを求める機能の実験をiOSで再開しました。攻撃的でない内容なのに見直すよう促され、何かの間違いでは? と思った方は、今後の改善につなげるべくフィードバックください。

引用)@searchliaisonより和訳

 

つまり、リプライ時にセンシティブな内容(攻撃性が高いと思われるような単語等)を含んでいるとTwitterのAIが判断した場合、「ここの部分がこうなってますけど大丈夫ですか?」みたいな表示がされ、それについて編集し直したり削除したり、はたまたそのまま送ったりする選択肢が表示されるようになるわけです。この見せ方や判断軸について、Twitter側でテストを繰り返しているようです。

ふわふわ

テスト長くない?

Twitterは今回のこの機能について、ずいぶんと慎重に取り組んでいるように感じます。個人的には過剰になりすぎているのでは? と思うほどです。むしろ実装してからの改良でも良いのではないかと思うくらいです。

ただ、Twitterはフリート機能の際にも言っていた通り、Twitterはユーザー間のコミュニケーションが少ないせいでマネタイズ機会を損失していると考えているようです。あまりにも個人完結利用が多いので、ユーザー間コミュニケーションが活性化せず、他のSNSと違ってビジネスを図りづらいとのことでした。
そう考えると、リプライにおける今回の機能がユーザーストレスを生んでしまい、ユーザー間コミュニケーションの低下を招いてしまうのを恐れているのかもしれませんね。

いずれにしましても、長いテスト期間はまだまだ続きそうです…。


関連記事

Instagram:個人のマネタイズ強化

Instagramでは米国現地時間6月8日に、インフルエンサーとなるクリエイターの収益化サポートのための各種機能強化を発表しました。要は「インフルエンサーのお金儲けを支援→Instagramアクティブユーザーの確保→Instagramの発展」という図式ですね。 バッジ機能の強化 2020年10月にテ ...(続きを読む)

Twitter:Tip Jar機能

5月7日、英語圏のみの対応ですが、ついにTwitterが投げ銭機能である「Tip Jar」を導入したと発表しました。先日発表のチケット制スペースに続き、いよいよユーザーのマネタイズに本格支援参入する形ですね。 Tip Jarとは この度、Twitterが発表したのはTip Jar機能。直訳すると「チ ...(続きを読む)

Twitter:スペース始動

今年の3月に紹介しましたTwitterスペースですが、2020年12月からのテスト期間を経て、ついに5月6日、正式リリースしましたのでご紹介します。 スペースを作れる人はフォロワー600人以上 TwitterスペースはまんまClubhouseです。使い方は以前の記事をご参考ください。今までのテスト期 ...(続きを読む)

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。