FacebookがAIで劣悪投稿を排除

Facebookは、悪質なサイトページをリンク紹介している投稿をニュースフィードで表示させないようにしたと、2017年5月10日(米国時間)に発表しました。このアップデートは今後徐々に導入強化されていくようです。

排他

ふわふわ

どういう内容?

Facebookのニュースフィードでは、低品質なサイトページへ誘導させることだけを目的として、扇情的にリンク紹介する投稿をよく目にします。Facebook側としては、このことがユーザーに不快感を与えるとし、そういった広告を排除してきました。それがこの度、対象を広告投稿だけでなく、一般的な投稿まで広げたとのことです。

FacebookはAIを使って、悪質なサイトページや低品質なサイトページを紹介している投稿を瞬時に検知できるようになっています。この機能を活かして応用したようです。

実質的な内容をほとんど含んでいなかったり、破壊的であったり、衝撃的であったり、悪意のある広告でいっぱいであったり…そういったサイトページを投稿からクリックしてしまった時、ユーザーは本当に失望した気持ちになると聞いています。

引用)Facebook Newsroomより意訳

ユーザーが低品質サイトページに触れてしまうような投稿や広告をニュースフィードから排除していくよう、今日からアップデートを始めました。我々が既に導入している間違った情報を抑止する機能と同様、このアップデートによって、金儲けスパマーを手助けすることはもうなくなるでしょう。

引用)Facebook Newsroomより意訳

このアップデートのために、Facebookでは何十万ものリンク先の低品質サイトページを分析したとのことです。そして、Facebook上でそうしたサイトページを紹介する投稿に類似した傾向があるか理解するために、人工知能を使ったようです。

ふわふわ

影響度は?

このアップデートによって、良質な広告や投稿の方が優先的にニュースフィードへ表示されてくるようになりますが、数ヶ月かけてロールアウトしていくようですので投稿主は少しずつ体感できるのではないかと思われます。ただし、これもニュースフィード表示を決定するシグナルのひとつに過ぎないとFacebook側は述べています。まるでGoogleのアルゴリズムアップデート時のセリフのようです(笑)。

ふわふわ

問われ続けるFacebookの精度

簡単に言いますと、Facebookでは、偽記事対策に続き、そういうサイトページへのリンク紹介をも取り締まっていくということです。プラットホーム側のこういう地道な対策を続けることで、ユーザーのストレスやSNS離れを防止させていくことが重要なのでしょう。つまり、Facebookはどこかの誰かの罪にさえも責任と贖罪が生じるわけです。

スパムは今後も増え続けますし、多様化し続けると思いますが、その対処を問われ続けるFacebookも大変ですね。


関連記事
米国現地時間5月21日、Workplaceに新機能が実装されたとFacebookが発表しました。Workplaceの新しいビデオ通話機能や、VRを活用したOculus for Businessを広く利用可能にしました。 Workplaceについて Workplaceとは以前ご説明した通り、ビジネス向 ...(続きを読む)
日本時間5月12日、Instagramでは、お気に入り店舗のギフトカードを購入したり、応援スタンプを作成したり、料理注文機能のパートナーを拡大したりすることを発表しました。これらは新型コロナ禍に苦しむ中小ビジネス支援を目的としていますが、主に飲食系の独立店舗向けに対するコミュニケーション救済の印象を ...(続きを読む)
FACEBOOKがMessengerを使ったグループビデオ通話「Messengerルーム」を立ち上げることを発表しました。かなり有用な印象を受けましたので、ここでご紹介します。 モバイル使用イメージ Messengerルーム概要 FACEBOOKニュースルームによれば、Messengerルームは以下 ...(続きを読む)
Instagramでは米国現地時間4月10日、ライブ動画をデスクトップでも閲覧できるように機能拡張したと発表しました。ちなみに4月17日からはコメントもデスクトップ版で入力できるようになりました。 新型コロナウィルスも背景にある 新型コロナウィルスの影響で外出の自粛要請が世界規模で起こっているのは周 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。