Instagram:まとめ機能テスト

NAVERまとめが9月末で完全終了しますが、それに入れ替わるようにInstagramでまとめ記事を作れる機能が(日本を含め)テスト導入されました。Instagramが発表していますので、その内容をご紹介します。

インスタ

ふわふわ

発表内容と機能

簡単に言うと、他の人の投稿画像や動画を周辺情報含め一定のテーマに即してまとめて記事化することで、まとめ者としての情報発信力が増すだけでなく、選定された投稿者においても情報発信力を持つ第3者からの表示促進を得られる機能です。まぁ、Instagram内におけるNAVERまとめですね。

まとめ機能を使うと、作成者はInstagram上にシェアされている様々な商品やスポット(位置情報タグ)、フィード投稿を選び、タイトルや説明文を加えて記事のような形式で公開することができます。いま注目しているファッション小物、近所のカフェやレストラン、お気に入りの漫画アカウントなど、自分の興味関心に基づいて自由にテーマを設定し、おすすめのコンテンツを簡単に紹介することが可能です。

引用)Facebookニュースルーム

まとめた内容に関しては、プロフィールの専用アイコンタブからタップして閲覧することができます。まとめられた側の人(画像等の投稿主)はまとめ者に引用されると通知が届く仕組みになっているようです。

例:https://www.instagram.com/ginzamagazine/guides/
まとめイメージ

ちなみに今回のまとめ機能は3種類に分かれていて、商品系のまとめ(商品まとめ)、場所系のまとめ(スポットまとめ)、何でもまとめ(投稿まとめ)があるようです。

  • 商品まとめ:Instagramのショッピング機能を利用しているブランドの商品を引用し、まとめを作成できます。まとめには写真や動画だけでなく商品名や価格も表示され、タップすると商品詳細ページに飛ぶため、購入したい場合は「ウェブサイトで見る」をタップして外部ECサイトでショッピングを楽しむことが可能です。また、将来的にはクリエイターやパブリッシャーが作成した商品まとめが発見タブ内の機能「Instagramショップ」に掲載されるようになる予定です。
  • スポットまとめ:おすすめスポットの位置情報タグと、それに紐づくフィード投稿を選んでまとめを作成できます。
  • 投稿まとめ:フィード投稿を引用し、まとめを作成できます。フィードに投稿されていれば、リール動画やIGTV動画のプレビューなど、どんな種類の投稿でも引用することができます。

引用)Facebookニュースルーム

この中でも、投稿まとめに関しては、既に5月から一部の国でテストが開始されていましたが、商品まとめとスポットまとめは今回初めてのテストとのことです。

ふわふわ

引用問題は大丈夫か?

度々、キュレーションメディア等による画像引用が著作権法において抵触するかどうかが取り沙汰されます。今回はどうなのでしょうか…?
一応、著作権法の第32条においては、正統な範囲であれば引用できるとしていますが、Instagram内での投稿は公開情報となる中で、どういう扱いになるのでしょう。

公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

引用)著作権法 第三十二条

ただ、Instagramのデータに関するポリシーに関しては以下のように記載されています。

利用者、それ以外のFacebookおよびInstagramの利用者、および弊社は、Facebookグループ企業の他の製品内、検索結果内、またはツールやAPI経由を含め弊社製品の内外で、公開情報へのアクセスを提供することも、公開情報を任意の相手に送信することもできます。公開情報は、検索エンジン、API、テレビなどのオフラインメディアに代表される第三者のサービスを通じて、また弊社製品と連携するアプリやウェブサイトなどのサービスによって、閲覧、アクセス、再シェア、またはダウンロードすることもできます。

引用)Instagramデータに関するポリシー ※太字は私による装飾

つまり、今回のまとめ機能も「公開情報を任意の相手に送信する」というシェア(Twitterでいうリツイートですね)と同じ扱いになりますね。なので引用問題には抵触していないことが分かります。

ふわふわ

Instagramのメディア化?

Instagramはただの画像SNSプラットフォームだけでなく、短編動画、ショッピング等、様々な情報基点メディアとして発展してきています。日進月歩ですね。そして今回、自由にテキストや説明文等も作成できるまとめ機能(もはやプロモーショナルなランディングページみたい)も始まっています。ここまでくるとFacebookと市場を食い合ってしまいそうですが…そこは連携という形で行き来できるようにしているのでしょうね。

いずれにしましてもInstagramのメディア化は進んでいますし、ますます“気付き”メディアとしても台頭してくるでしょう。引き続き注目のSNSなのでございます。


関連記事

Instagram:ライブルーム新設

Instagramのライブ配信は人気の機能ですよね。インフルエンサーが視聴者にライブ動画を配信する機能です。これはインフルエンサーとなるユーザーが別の不特定多数ユーザーに配信するだけでなく、ホストとなって他のユーザーとの1対1のコミュニケーション動画もライブ配信することができました。つまり2人のやり ...(続きを読む)

Twitter:クソリプ抑止テスト再開

以前より、Twitterではリプライ時にセンシティブな内容を含んでいる場合、いったん立ち止まって考えるようiOSアプリでテストをしていました。これが2020年5月頃の話です。その後2020年8月にiOSやAndroidアプリ、Webにてテストを行いつつ、並行してツイート時にリプできる対象者を絞る機能 ...(続きを読む)

人がメディア化する時代のYouTube

私は常々「人がメディア化している今の時代において、もはやプラットフォームはなんでも良い」と言っています。TwitterやYouTube、Instagram等のSNSが盛んになることで、ユーザーは当初そのプラットフォームの可能性を楽しんでいましたが、SNSが成長期から成熟期になるにつれ、プラットフォー ...(続きを読む)

Clubhouseを始める前に

連日マスコミでも取り上げていることもあり、Clubhouseの招待枠が1人5枠までロールアウトしていることを機に、アーリーアダプターからアーリーマジョリティまで利用者が広がっているようです。そこで、Clubhouseの利用を始める際、最初にClubhouse側から案内される招待記事を和訳しましたので ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。