Google+:ヲワタ

米国現地時間12月10日、米Googleでは、11月にアップデートしたGoogle+において、5,250万人もの個人情報に影響を及ぼす状態にあったAPIがあったとし、Google+のサービス終了を来年(2019年)4月に繰り上げる(当初は2019年8月終了予定だった)と発表しました

Google+

ふわふわ

またまたインシデント?

Google+が個人へのサービスを終了すると発表したのは今年の10月。しかもその際、やはりGoogle+のPeople APIのコード変更による副作用によって2018年3月にバグが発見され、当時約50万人の個人情報が流出される状態にあったことが分かりました。その後すぐに修正したとのことでしたが、Googleの公表が遅れたことについて、世論では不信感が募っていました。

そして今回11月のアップデート時に、同じAPIで、今度は5,250万人の個人情報が流出される状態にあったというわけです。これはさすがにマズいですよね。そして、Googleは当初2019年8月の個人(一般ユーザー)向けサービスの終了を予定していましたが、これが2019年4月に早まる結果となりました。

今のところ、このバグによって何かしらの第3社からの攻撃を受けた形跡は無い、とのことですが…どうでしょう。

私たちは、今後90日間のうちに全てのGoogle+ APIを終了させます。デベロッパーの皆様には近日中にGoogle+デベロッパーページからご連絡・ご案内しますので、しばらくお待ちください。

私たちは一般ユーザー向けGoogle+サービスも前倒しで終了することにしました。2019年8月から2019年4月に早めました。そして、今後数ヶ月間で、一般ユーザーのGoogle+の移行期間を充分に設け、滞りなく安全にデータを移管できるよう、随時情報を発信・説明していきます。

引用)blog.googleより意訳

ふわふわ

Google+完全にダメかな…

私も2011年の開始当初よりGoogle+を利用してきましたし、それなりに愛着もございました。今では使っていませんが、個人アカウントというよりもブランドページを作成し、沢山の方々と交流してきました。登場当時から利用してきたユーザーは今でも利用し続けているようで、「Google+終了反対!」なる運動や署名活動を行っている人もいます。

しかしGoogle+の個人情報の杜撰さは増す一方ですので、やはり世界的に存続は難しいでしょう。残念でなりませんし、Google+の投稿内容がそのままどこかに綺麗に移管されるとも思えません…。本当に残念ですが、引き続きGoogleからの発表を待ちましょう。


関連記事

Twitterの透明性取り組み(17回目)

Twitterがブログで第17回「Twitterの透明性に関するレポート」からのインサイトについて発表しました。Twitter内の健全性のための世界的取り組みや措置について発表していますので、このブログでもご紹介しておきます。 Twitter透明性センター もともとTwitterでは2012年に公序 ...(続きを読む)

Instagram:リールから直接ショップへ

Instagramで今年8月にリリースされた新機能「リール」。この短尺動画であるリール内の表示アイテムから直接ショップ機能にに進めるようになりました。米国現地時間12月10日からリリースされた旨をFACEBOOKが発表しています。 どういうこと? リールという短尺動画の中で表示されている商品に合わせ ...(続きを読む)

Twitter:2020年を振り返る

日本のTwitterブログが2020年を振り返った記事を発表しています。新型コロナの影響もあり、世界全体で見ても、今年はテレビや映画に関して1分当たり7000以上ものツイートがあったそうです。 日本でのリツイートトップ Twitterブログの発表によれば、日本で最も「いいね」とリツイートされたのは「 ...(続きを読む)

Twitter:フリート機能

Twitterが2020年11月11日よりフリート(Fleets)機能を実装しました(「ee」と重ねるのはTweetからの語呂合わせでしょうか)。24時間で消えるツイートです。画像や動画だけでなくテキストの色や配置もいじれます。Instagramのストーリーズ機能にめちゃくちゃ似ています。 フリート ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。