Googleハングアウト独立化

Google+フォトの廃止」やGmail取得によるGoogle+自動登録の廃止に続き、Google+ハングアウトがGoogleハングアウトになりました。

Googleハングアウト

ふわふわ

Google+孤立化?

現地時間8月17日に公開された情報ですが、もともとハングアウトはGmailやGoogle+から使用できた機能です。かなり使いやすいこともあって根強い人気のプロダクトでした。今回、google.comのサブドメインを切ってまで独立させていることから、相当な気合いを感じます。

同様に、つい2年位前までは「あらゆるGoogleサービスはGoogle+をハブに展開していく」等と発表していたGoogleですが、ここ最近の動きを見るにGoogle+が…離れ小島化している印象を受けます。とは言っても海外では人気のGoogle+ですから無くなることは無いとは思いますけれど、日本では今後も伸び悩んでいくことでしょう…。

ふわふわ

LINE、Facebookに対抗?

Googleハングアウトは、無料のインターネット(ビデオ)通話や電話機との通話、メールやチャット機能等がありますが、何と言ってもチャット内容を後で検索するin:chat機能や相手のオンライン状況が分かる機能、さらに相手が打ち込んでいる間の「・・・」が出る機能等が他に無い有難いものでした。

LINEは「既読」と「スタンプ」が命ですが、日本でも利用者数が多いことからリーダーポジションを確立していますよね。

Facebookメッセンジャーは…どうなんでしょう。FacebookやInstagramを使用しているユーザーは多いものの、メッセンジャーアプリまでダウンロードして使うようなユーザーは(今の段階でまだ)殆どいないような印象を受けています。

しかし、今回のGoogleハングアウトの独立化は明らかにLINEやFacebookに対抗していくブランド声明だと解釈して良いかと思います。そして、Googleハングアウトは充分に競合と戦っていけるようなサービスだと思います(使用していない人は食わず嫌いなだけで…)。じゃないと、Googleは本当にあらゆるC2C系で完敗しちゃいますからね。

ふわふわ

一度使ってみましょう

今後も話題になるかもしれませんので、お時間がある時に是非一度お試しください。シンプルで直感的インターフェイスやその音質を味わうことで、意外と癖になるかもしれませんよ。


関連記事

Twitter:フリート廃止

2020年11月に実装されたTwitterのフリート機能ですが、不人気のため廃止となるようです(笑)。Twitterが公式ブログで発表しました。8月3日までですので、実質約9ヶ月の稼働でしょうか...。音声コミュニケーションの可能性の問題なのか、Twitterユーザー特性の問題なのか。 公式ブログよ ...(続きを読む)

Instagram:リール広告開始

Instagramでは、2020年8月にリール機能が始まり、その後12月にそのままショップ機能に繋がるようになりました。そんなリールで広告配信が始まりましたのでご紹介します。 リール広告はTikTokの合間に流れるYouTube広告みたいなもの リール自体は30秒以内の動画です。そのリールだけをひた ...(続きを読む)

Instagram:個人のマネタイズ強化

Instagramでは米国現地時間6月8日に、インフルエンサーとなるクリエイターの収益化サポートのための各種機能強化を発表しました。要は「インフルエンサーのお金儲けを支援→Instagramアクティブユーザーの確保→Instagramの発展」という図式ですね。 バッジ機能の強化 2020年10月にテ ...(続きを読む)

Twitter:Tip Jar機能

5月7日、英語圏のみの対応ですが、ついにTwitterが投げ銭機能である「Tip Jar」を導入したと発表しました。先日発表のチケット制スペースに続き、いよいよユーザーのマネタイズに本格支援参入する形ですね。 Tip Jarとは この度、Twitterが発表したのはTip Jar機能。直訳すると「チ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。