Googleハングアウト独立化

Google+フォトの廃止」やGmail取得によるGoogle+自動登録の廃止に続き、Google+ハングアウトがGoogleハングアウトになりました。

Googleハングアウト

ふわふわ

Google+孤立化?

現地時間8月17日に公開された情報ですが、もともとハングアウトはGmailやGoogle+から使用できた機能です。かなり使いやすいこともあって根強い人気のプロダクトでした。今回、google.comのサブドメインを切ってまで独立させていることから、相当な気合いを感じます。

同様に、つい2年位前までは「あらゆるGoogleサービスはGoogle+をハブに展開していく」等と発表していたGoogleですが、ここ最近の動きを見るにGoogle+が…離れ小島化している印象を受けます。とは言っても海外では人気のGoogle+ですから無くなることは無いとは思いますけれど、日本では今後も伸び悩んでいくことでしょう…。

ふわふわ

LINE、Facebookに対抗?

Googleハングアウトは、無料のインターネット(ビデオ)通話や電話機との通話、メールやチャット機能等がありますが、何と言ってもチャット内容を後で検索するin:chat機能や相手のオンライン状況が分かる機能、さらに相手が打ち込んでいる間の「・・・」が出る機能等が他に無い有難いものでした。

LINEは「既読」と「スタンプ」が命ですが、日本でも利用者数が多いことからリーダーポジションを確立していますよね。

Facebookメッセンジャーは…どうなんでしょう。FacebookやInstagramを使用しているユーザーは多いものの、メッセンジャーアプリまでダウンロードして使うようなユーザーは(今の段階でまだ)殆どいないような印象を受けています。

しかし、今回のGoogleハングアウトの独立化は明らかにLINEやFacebookに対抗していくブランド声明だと解釈して良いかと思います。そして、Googleハングアウトは充分に競合と戦っていけるようなサービスだと思います(使用していない人は食わず嫌いなだけで…)。じゃないと、Googleは本当にあらゆるC2C系で完敗しちゃいますからね。

ふわふわ

一度使ってみましょう

今後も話題になるかもしれませんので、お時間がある時に是非一度お試しください。シンプルで直感的インターフェイスやその音質を味わうことで、意外と癖になるかもしれませんよ。


関連記事

人がメディア化する時代のYouTube

私は常々「人がメディア化している今の時代において、もはやプラットフォームはなんでも良い」と言っています。TwitterやYouTube、Instagram等のSNSが盛んになることで、ユーザーは当初そのプラットフォームの可能性を楽しんでいましたが、SNSが成長期から成熟期になるにつれ、プラットフォー ...(続きを読む)

Clubhouseを始める前に

連日マスコミでも取り上げていることもあり、Clubhouseの招待枠が1人5枠までロールアウトしていることを機に、アーリーアダプターからアーリーマジョリティまで利用者が広がっているようです。そこで、Clubhouseの利用を始める際、最初にClubhouse側から案内される招待記事を和訳しましたので ...(続きを読む)

音声SNS「Clubhouse」とは

久しぶりに世間を騒がすSNSプラットフォームのお話です。もうすっかりあちこちで話題になっているClubhouse(クラブハウス)ですね。すでにあちこちで色々な解説記事があがっていますが、一応私も触れておきたいと思います。 Clubhouseとは 2020年3月に米国ベンチャーが開発・リリースした音声 ...(続きを読む)

Twitterの透明性取り組み(17回目)

Twitterがブログで第17回「Twitterの透明性に関するレポート」からのインサイトについて発表しました。Twitter内の健全性のための世界的取り組みや措置について発表していますので、このブログでもご紹介しておきます。 Twitter透明性センター もともとTwitterでは2012年に公序 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。