Google+フォトの廃止

Google+ではPicasaを使ったウェブアルバムを展開していたりしましたが、この度Google+フォトのサービスが8月1日をもって終了します。

カメラ

廃止と移行

Googleの写真や動画データの管理機能は今年の5月からリリースされた新サービスGoogleフォトに移行・集約されます。Google+フォトは、Android版、Web版、iOS版の順に廃止されていきます。

ふわふわ

注意しなければならないのは、Google+フォトに保存してある写真や動画は8月1日から無くなってしまうわけではないのですが、今後はGoogleフォトを使ってアクセスしていかなければならないということですね。ですので、Googleフォトで引き続き閲覧可能ですが、写真・動画を引き出す(エクスポート)のはGoogleテイクアウトという機能を使うと良いです。

 
GoogleフォトはWeb版の場合はGoogleドライブの中にもありますが、とにかくGoogleフォトの機能は使い勝手が良いです。制限なく保存出来たり、フォルダ管理を自動化してくれたりします。

ふわふわ

まだ利用したことのない方には戸惑いを覚えるかもしれませんが、これを機に是非Googleフォトを利用してみてはいかがでしょうか。


関連記事

Instagram:若年層を守る仕組み

Instagramでは、18歳未満に対する健全な利用に向けて、他のアカウントからの勧誘機会を減らすための機能を米国現地時間3月16日に発表しました。Instagramは13歳から利用可能なのですが、要は未成年者や子どもに対して、援助交際やパパ活、法律に抵触するような悪質な勧誘から守るための機能です。 ...(続きを読む)

Facebook:安心&安全への取り組み

Facebookでは、誤解や有害を与えかねないFacebookグループに対する措置や機能変更を加え、また、iOSとAndroidのモバイルデバイスでもセキュリティキーによる二段階認証を採用するようになりました。コンテンツとしての安全性とデバイスとしての安全性の両側面から施策付けています。 Faceb ...(続きを読む)

Twitter:スペース(Spaces)について

このブログでClubhouseを紹介して、Instagramライブルームを紹介しておきながら、Twitterのスペースを紹介しないわけにもいかないので、2020年12月からベータ版で展開しているTwitterスペースもご紹介します。 Twitterスペース(Spaces)とは Twitterを利用し ...(続きを読む)

Instagram:ライブルーム新設

Instagramのライブ配信は人気の機能ですよね。インフルエンサーが視聴者にライブ動画を配信する機能です。これはインフルエンサーとなるユーザーが別の不特定多数ユーザーに配信するだけでなく、ホストとなって他のユーザーとの1対1のコミュニケーション動画もライブ配信することができました。つまり2人のやり ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。