4月2日でGoogle+個人アカウント終了

Google+の終了発表から何かと情報漏洩の話が尽きなかったGoogle+に関しまして、Google+の個人サービス終了に伴う概要やデータ保存方法に関してご紹介します。既に個人アカウントの連絡先には、通知がきていると思いますのでおさらいになります。

Google+

ふわふわ

参考情報

Google+のサービス終了発表以降、Google側は「追ってデータ移管方法を順次案内する」という紹介をしていましたが、それがようやく案内された形になります。

これまで Google+をご利用いただいた皆様にお礼申し上げるとともに、写真やその他のコンテンツのダウンロード方法など、今後の対応方法についてお伝えいたします。
4月2日をもちまして、お客様のGoogle+アカウントとお客様が作成したすべてのGoogle+ページのサービス提供を終了し、一般ユーザー向けGoogle+アカウントのコンテンツの削除を開始いたします。

引用)Googleからの案内メールより

4月2日を最後に完全にGoogle+が利用できなくなりますので、今の2ヶ月間のうちにGoogle+にあげていたデータを移管したり、削除すると良いでしょう。データのダウンロード方法に関しては、Google+ヘルプから参照ください。なお、本日(2月4日)からは既にプロフやページ等の新規作成は出来なくなっています。

一般ユーザー向けGoogle+アカウント、Google+ページ、アルバムアーカイブからコンテンツを削除する処理には数か月かかります。その間はコンテンツが残っている場合があります。たとえば、アクティビティログでGoogle+アカウントの一部を参照できる場合があります。また、一般ユーザー向けGoogle+の一部のコンテンツは、データが削除されるまで引き続きG Suiteユーザーに表示される場合があります。
2月4日以降、Google+のプロフィール、ページ、コミュニティ、イベントの新規作成はできなくなります。

引用)Googleからの案内メールより

Google+コミュニティのオーナーや管理者はコミュニティ内のデータをダウンロードすることができますが、3月上旬から一般投稿されたコミュニティ内の投稿データもダウンロードできるようになるとのことです。

Google+コミュニティのオーナーまたは管理メンバーの方は、Google+コミュニティのデータをダウンロードして保存することができます。2019年3月上旬より、一般公開コミュニティの投稿の投稿者、本文、写真などの詳細データをダウンロードできるようになります。

引用)Googleからの案内メールより

G Suiteを利用したGoogle+アカウントに関しては引き続き利用できるようですが、こちらも色々新しくなりつつありますし、また機能拡張等も控えているようです(話は逸れますが、個人的にはGmailが少し使いやすくなってきて嬉しいです)。

G Suiteのお客様には引き続きG Suiteアカウント用Google+をご利用いただけます。詳しくはG Suite管理者にお問い合わせください。新しいデザインや機能を近日中に公開いたしますので、どうぞご期待ください。

引用)Googleからの案内メールより

ふわふわ

順次引越し作業を進めましょう

私もかなりGoogle+をGoogle+ページを通してやってきた人間です。Google+ページアカウントや自作コミュニティが無くなるのは非常に寂しいですが、かなり膨大な投稿やデータをあげてきましたので、徐々に引越し作業をしていこうかと思っています。

Google+アカウントを利用・運用していた方はギリギリになるまで忘れてしまわないように、今のうちから徐々にデータの引越し作業を進めてみてはいかがでしょうか。


関連記事

Twitter:フリート廃止

2020年11月に実装されたTwitterのフリート機能ですが、不人気のため廃止となるようです(笑)。Twitterが公式ブログで発表しました。8月3日までですので、実質約9ヶ月の稼働でしょうか...。音声コミュニケーションの可能性の問題なのか、Twitterユーザー特性の問題なのか。 公式ブログよ ...(続きを読む)

Instagram:リール広告開始

Instagramでは、2020年8月にリール機能が始まり、その後12月にそのままショップ機能に繋がるようになりました。そんなリールで広告配信が始まりましたのでご紹介します。 リール広告はTikTokの合間に流れるYouTube広告みたいなもの リール自体は30秒以内の動画です。そのリールだけをひた ...(続きを読む)

Instagram:個人のマネタイズ強化

Instagramでは米国現地時間6月8日に、インフルエンサーとなるクリエイターの収益化サポートのための各種機能強化を発表しました。要は「インフルエンサーのお金儲けを支援→Instagramアクティブユーザーの確保→Instagramの発展」という図式ですね。 バッジ機能の強化 2020年10月にテ ...(続きを読む)

Twitter:Tip Jar機能

5月7日、英語圏のみの対応ですが、ついにTwitterが投げ銭機能である「Tip Jar」を導入したと発表しました。先日発表のチケット制スペースに続き、いよいよユーザーのマネタイズに本格支援参入する形ですね。 Tip Jarとは この度、Twitterが発表したのはTip Jar機能。直訳すると「チ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。