FlashがGoogle検索から除外

Googleは検索からFlash(SWFファイル)を除外していくとウェブマスター向け公式ブログで発表しました。今年中にFlashのサポートを終了する予定とのことです。

Flash

ふわふわ

Flashの終焉

既にFlashをサポートしているブラウザは殆どありません。昔はよくFlash形式のゲームで遊んだものですが、これもひとつの時代なのでしょう…。HTMLの発展に反比例するようにそのユーザビリティには限界が生じ、需要も無くなってきました。

かつてMicrosoftは「1つの時代の終わり」と題して、ウェブブラウザでのFlashのサポート終了を発表しました。Chrome(バージョン76以降)、Microsoft Edge、FireFox 69では、Flashがデフォルトで無効になっています。

引用)ウェブマスター向け公式ブログ

そしてこの度、GoogleもChromeだけでなく検索でもサポートしなくなるようです。

ふわふわ

swfのインデックスを確認

一応、現状のFlash形式のGoogleインデックス状況を知りたければ、「filetype:swf」と検索すればSWFのファイル形式でインデックスされているものが表示されますが、そのままでは検索できません。あくまで「filetype:」は検索オプションです。ですので、何でも良いのですがメインとなる検索キーワードが必要です。ここではテキトーにTLD(トップレベルドメイン)名やwwwをキーワードとして検索してみましょう。

SWFファイルを検索

結構な量がインデックスされていますね。「www△filetype:swf」ですと想定で500万件近くインデックスされています。これが年内にゼロになっていくわけですね。

ふわふわ

今後はHTML5を使うように

今後は、Flashの単独ファイルは存在自体を読み込まなくなります。ページ内にFlashコンテンツが入っている場合は、その部分だけポッカリ無視する形になるとのことです。SWF形式がGoogle検索から姿を消すというわけですね。

そんなFlashの代わりとして活用できるのはHTML5の規格です。HTML5では様々な動的コンテンツを生成可能です。ゲームだって作れます。もちろんJavaScriptも有効かと思います。

Flashはウェブの発展に大きく貢献しました。その遺産はHTML5などのウェブ規格が引き継いでいくことでしょう。

引用)ウェブマスター向け公式ブログ

それにしても…こうやってファイル形式の代謝が行われていくと同時に、インターネットって進歩していくものなんですね…と、しみじみ。


関連記事
今まで強調スニペットで表示されることを狙って頑張って検索順位上昇を狙って...ようやく検索結果1位&強調スニペット化に成功したと思っていたら...日本時間1月23日にそういったサイトページが軒並み11位(2ページ目以降)に順位下落しました。これにはGoogleによる新しいメカニズムが働いたようで.. ...(続きを読む)
英語版ではありますが、GoogleのSearch Console(以下:GSC)を使った検証トレーニング動画シリーズがYouTubeで開始しました。動画で紹介されていますので、受験英語レベルでも充分理解できると思います。是非ご参考ください。 https://www.youtube.com/watch ...(続きを読む)
Googleのリッチリザルトテストツールにおいて、テスト結果内に表示される「ページの読み込みに関する問題 詳細を表示」をクリックすると読み込めない外部リソースを指摘してくれる機能が追加された、とGoogleがツイート発表していましたのでご紹介します。 どういう内容? まずはGoogleのツイート内容 ...(続きを読む)
Googleはモバイルの検索結果画面のデザインを2019年5月に変えました。アイコン表示によってサイト選択の直観性を重視した形となりました。その後、デスクトップ版でも同様の検索結果デザインが散見されましたが、いよいよ正式にデスクトップの検索結果デザインも変更したとツイート発表されましたのでご紹介しま ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。