FlashがGoogle検索から除外

Googleは検索からFlash(SWFファイル)を除外していくとウェブマスター向け公式ブログで発表しました。今年中にFlashのサポートを終了する予定とのことです。

Flash

ふわふわ

Flashの終焉

既にFlashをサポートしているブラウザは殆どありません。昔はよくFlash形式のゲームで遊んだものですが、これもひとつの時代なのでしょう…。HTMLの発展に反比例するようにそのユーザビリティには限界が生じ、需要も無くなってきました。

かつてMicrosoftは「1つの時代の終わり」と題して、ウェブブラウザでのFlashのサポート終了を発表しました。Chrome(バージョン76以降)、Microsoft Edge、FireFox 69では、Flashがデフォルトで無効になっています。

引用)ウェブマスター向け公式ブログ

そしてこの度、GoogleもChromeだけでなく検索でもサポートしなくなるようです。

ふわふわ

swfのインデックスを確認

一応、現状のFlash形式のGoogleインデックス状況を知りたければ、「filetype:swf」と検索すればSWFのファイル形式でインデックスされているものが表示されますが、そのままでは検索できません。あくまで「filetype:」は検索オプションです。ですので、何でも良いのですがメインとなる検索キーワードが必要です。ここではテキトーにTLD(トップレベルドメイン)名やwwwをキーワードとして検索してみましょう。

SWFファイルを検索

結構な量がインデックスされていますね。「www△filetype:swf」ですと想定で500万件近くインデックスされています。これが年内にゼロになっていくわけですね。

ふわふわ

今後はHTML5を使うように

今後は、Flashの単独ファイルは存在自体を読み込まなくなります。ページ内にFlashコンテンツが入っている場合は、その部分だけポッカリ無視する形になるとのことです。SWF形式がGoogle検索から姿を消すというわけですね。

そんなFlashの代わりとして活用できるのはHTML5の規格です。HTML5では様々な動的コンテンツを生成可能です。ゲームだって作れます。もちろんJavaScriptも有効かと思います。

Flashはウェブの発展に大きく貢献しました。その遺産はHTML5などのウェブ規格が引き継いでいくことでしょう。

引用)ウェブマスター向け公式ブログ

それにしても…こうやってファイル形式の代謝が行われていくと同時に、インターネットって進歩していくものなんですね…と、しみじみ。


関連記事
Googleはウェブマスター向け公式ブログで、改めてスパムレポートの利用方法について紹介しました。ユーザーからGoogleへ申告できるスパムレポートに関して、Googleはそれをもってすぐに当該サイトページを手動対策(通称:ペナルティ)するのではなく、アルゴリズムに組み込んでいくようにしているとのこ ...(続きを読む)
ディレクトリと内部リンク構造(パンくずリスト)がコンテンツテーマに則したツリー構造になっていて、それが相似しているとクローラビリティ(回遊性)とインデックス効率が良い、という話は何度かさせていただいています。これが実現できれば確かに最も美しいと思います。しかし一方で、これを遵守するあまりユーザーにと ...(続きを読む)
Googleの画像検索結果において、フェイク画像が入っていたりしてユーザーの混乱を招くこともあります。そこで、Googleではファクトチェックした画像には事実確認済みである情報を表記するようになりました。既に世界的規模で導入されているそうで、The Keywordで発表しています。私が確認した限り、 ...(続きを読む)
2018年にも発表がありましたGoogleのスパムレポートについて、2019年度版がウェブマスター向け公式ブログで発表されましたので、ご紹介します。これぞまさしくイタチごっこかもしれませんが、壮大なスパム対Googleの戦いの話です。 概要 2019年を振り返って、Googleからのレポートをまとめ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。