お盆前に…情報まとめ

いよいよお盆に入る前に、ここ最近のSEO関連情報を一部まとめてご紹介します。時事ネタとして抽出させていただき引用しておりますが、各ブログ記事には各々の気付きや真理になる情報も数多くございます。是非本ページをきっかけに各ブログ記事をご覧くださいませ。私の立場的にも、ご紹介する各ブログページをご覧いただくことは業務上非常に有益なのでございます。

牛

ふわふわ

各ブログ記事からのピックアップ

引用・一部抜粋させていただきつつ、ご紹介します。詳しくは引用元から各サイトページをご参照ください。

Google検索結果の7パックが3パックへ

従来は、7つのローカルビジネスがリスティングに掲載されていました。7パック(7 Packs)とローカルSEOの世界では呼んでいます。これが3つに減りました。 <中略> 7つあった“席”が3つに減ったということは、4つのローカルビジネスが検索結果から締め出されます。検索トラフィックに影響が出てきそうです。パック結果に残った方はトラフィックが増えそうだし、反対に締め出された方は減りそうです。競争がさらに激しくなることを意味します。
引用元)海外SEO情報ブログ

 

Googleが8月末頃までNoHackedキャンペーン

Googleの把握しているところでは、ハッキングされたサイトの数は過去1年間で1.8倍に増加しています。Googleとしてもこの増加傾向を食い止めようとさまざまな対策を講じていますが、サイト運営者ご自身の手でウェブコンテンツをハッキングの被害から守る方法もご紹介できたらと思っています。 <中略> キャンペーン期間中、不正なハッキングからサイトを保護する方法に焦点を当て、それぞれの方法がどのように機能するかについて理解を深めていただきたいと思っています。
引用元)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

In-house SEO Meetup開催後記事➀

SEOに最も適しているのは、”インフォメーションクエリ”。インフォメーションクエリは、検索者が何らかの情報の”答え”を探している。そこで、的確な答えを提供すると、ウェブサイトの信頼にも繋がる。インフォメーションクエリでの検索者は、緊急性があまりなく、”衣食住”や”心”といったところに関わる部分で慎重にサービス・商品に関する情報を探している。
引用元)WEBコンテンツ・SEOで”噂の”インデックスサーチ公式ブログ

 

In-house SEO Meetup開催後記事➁

・そのうち客(まだ商品を必要ないと感じている)FB広告向き
・お悩み客(もしかしたら必要かなと感じている)SEO向き
・いますぐ客(どこで何を買おうかな?)リスティング広告向き
・いちげん客(また買うべきかな?)メルマガ向き
・おとくい客(友達に勧めたいな)ソーシャル向き
引用元)おむすび

 

PDFの中の画像もGoogleがインデックス

PDFファイルのなかに埋め込まれている画像を、Googleは現在インデックスできるようになっています。いつからできるようになったのは不明ですが、以前は、PDF内の画像をGoogleはインデックスしませんでした。
引用元)海外SEO情報ブログ

 

Googleが検索アナリティクス用のAPIを公開

Googleが検索アナリティクス用のAPIを公開しました。6月の中旬頃からテスターを募集しており、2ヶ月弱でのローンチとなります。検索アナリティクスのテスター期間と比べると早かったなと感じておりますが、APIなので妥当なところでしょうか?今回のAPIにより1000行以上のデータが取得できればと、多くの方が期待していたと思いますが、それは叶わなかったようです。
引用元)SEO Japanブログ

 

ふわふわ

時事ネタ中心にご紹介

特にIn-house SEO Meetupでの住太陽氏のお話は真理的でフォローアップ記事を拝読していて面白かったです。インハウスですので私は参加できないのですが、こうして様々な記事から世の中の流行と傾向を知る機会を得ることができています。

他にも有益な記事は沢山あったのですが、細々ご紹介していくのも…ですので今回は一部ピックアップしてご紹介させていただきました。


関連記事

スマホの検索結果が無限スクロールに

随分前から一定のIPでテストされていたと思いますが...いよいよスマホでのGoogle検索結果が無限スクロールUIに変わるようです。米国現地時間10月14日、The KeywordでGoogleが発表しています。 The Keywordの和訳 UIというか、ページ送りに関する機能性が変わるという話で ...(続きを読む)

Googleによるファクトチェック

先日、「About This Result」機能についてご紹介しました。要は、この検索結果に登場するWebサイトページの信憑性を測ったり、拡張して情報を得るための機能です。米国の英語圏が対象の機能ですので、まだ私たちはその機能に触れることはありませんが、その「About This Result」機能 ...(続きを読む)

3ツールでUIと機能変更

Google Search Consoleではお馴染みのURL検査ツールですが、実はこれと同じメカニズムで動いているのがAMPテスト、モバイルフレンドリーテスト、リッチリザルトテストのツールのようです。それが今回、この3つのツールにURL検査ツールと同じ機能を導入し、UIを統一していくと米国現地時間 ...(続きを読む)

About This Result機能の更新情報

まだ日本には導入されていませんが、既に英語圏では「About This Result(この検索結果について)」機能が実装されています。今回はこの機能によって知り得る情報に新しい情報が追加されたとのことで、The Keywordでその説明がされています。この「About This Result」機能は ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。