[使用するドメイン]の廃止

Googleは新しいサーチコンソールに移行している中で、サイトの設定にあった[使用するドメイン]機能を廃止したと発表しました。元々この機能はただの設定でしたし、サイトオーナーとしては別作業でURLを正規化する業務もあったので、特段問題もないかな、とは思います。

G Search Console

ふわふわ

どんな内容?

新しいGoogle Search Consoleではそもそもサイトの設定という項目が無いのですが、旧Search Consoleではサイトで設定するドメインをwww有りか無しか、設定しないか、を選択する項目がありました。つまり、Googleにどちらのドメインで認識させるかという機能です。これは検索結果に表示されるURL等にも影響するものでした。

しかし、今後はGoogleが判断してドメイン解釈と表示をしていくとのことです。

グッバイ[使用するドメイン]設定!今日からこの設定はSearch Consoleで使用できなくなりますが、優先して使用するドメインに関しては引き続きシグナルを送るようにしてください。詳細はコチラ https://webmasters.googleblog.com/2019/06/bye-bye-preferred-domain-setting.html

引用)@googlewmcより意訳

既に「使用する」ドメインの機能は旧Search Consoleから無くなっています。

[使用するドメイン]がない

Googleからは以下の説明があった上で、URLの正規化方法を4つ案内してくれています。

Webサイトにおいて、複数のURLにも関わらず同じ内容になることはよくあります。例えば、http://example.com/ の中には https://www.example.com/index.html でも同じ内容になることもあるでしょう。これを分かりやすくすべく、Google検索においては、canonicalを参照して1つのURLに絞って認識するようにします。もし、Googleに認識してもらいたい特別なURLがあるなら、優先的に検知してもらうやり方がいくつかありますので、それを参照ください(以下に記載)。

引用)Webmaster Central Blogより意訳

  • HTMLページでrel=”canonical”タグを挿入する
  • HTTPヘッダーでrel=”canonical”を使う
  • サイトマップでドメイン統一する
  • 301リダイレクトを使用する

1つ目は通常のcanonicalのことで、<head>内に入れるタグですね。一方で、例えばPDFファイル等で<head>タグが挿入できない時は、2つ目のようにHTTPヘッダー内に使用する方法です。他にも、同じようにnoindexを挿入したい場合においても、通常のnoindexタグ挿入以外にも、X-Robots-Tagでnoindexを入れる等というケースもありますよね。
いずれにしても.htaccessファイルにて設定可能です。

ふわふわ

逆に実際とSearch Consoleの設定を一致させる手間が省ける

もともとSearch Console内の[使用するドメイン]の設定とは別に、URLの正規化は前述のように行うべきでした(ユーザーの混乱や被リンクの混乱を招かないため)ので、今回の機能が無くなっても支障は無いかと思います。むしろ、わざわざSearch Consoleで設定しなくても済みますので、ちゃんとサイト運用している人にとっては面倒が減ったのではないでしょうか。

このように運用を簡素化してくれることで、私も教えることが減りますので非常に助かります(笑)。


関連記事
ちょうど1年前に新Search Consoleがβ版から卒業し、それから今まで新Search Consoleと旧Search Consoleと両方のインターフェースを活用できていましたが、ついに旧Search Consoleが終わりました。Google Webmaster Central Blogで ...(続きを読む)
「表示速度上げても検索順位が上がるか分からないんでしょ? じゃあ、そこに作業工数をかけません。」と言う人もいます。そんな時、私は閉口してしまいますが、それって本末転倒ではないでしょうか。 そこで、ちょっと私なりの意見を書いておこうかと思います。 目的は何か? 「検索順位を上げる」という目標を立てる人 ...(続きを読む)
「御社のサブドメインを使って情報発信メディアを作りませんか?情報発信メディアの作成やコンテンツライティング、SEOは弊社側で独自に行います!」という営業を受けたことはあるでしょうか? これ、海外では意外とそういう業者が横行しているようです。私は今のところ1回しかそういう業者に出くわしていませんが、G ...(続きを読む)
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。