[使用するドメイン]の廃止

Googleは新しいサーチコンソールに移行している中で、サイトの設定にあった[使用するドメイン]機能を廃止したと発表しました。元々この機能はただの設定でしたし、サイトオーナーとしては別作業でURLを正規化する業務もあったので、特段問題もないかな、とは思います。

G Search Console

ふわふわ

どんな内容?

新しいGoogle Search Consoleではそもそもサイトの設定という項目が無いのですが、旧Search Consoleではサイトで設定するドメインをwww有りか無しか、設定しないか、を選択する項目がありました。つまり、Googleにどちらのドメインで認識させるかという機能です。これは検索結果に表示されるURL等にも影響するものでした。

しかし、今後はGoogleが判断してドメイン解釈と表示をしていくとのことです。

グッバイ[使用するドメイン]設定!今日からこの設定はSearch Consoleで使用できなくなりますが、優先して使用するドメインに関しては引き続きシグナルを送るようにしてください。詳細はコチラ https://webmasters.googleblog.com/2019/06/bye-bye-preferred-domain-setting.html

引用)@googlewmcより意訳

既に「使用する」ドメインの機能は旧Search Consoleから無くなっています。

[使用するドメイン]がない

Googleからは以下の説明があった上で、URLの正規化方法を4つ案内してくれています。

Webサイトにおいて、複数のURLにも関わらず同じ内容になることはよくあります。例えば、http://example.com/ の中には https://www.example.com/index.html でも同じ内容になることもあるでしょう。これを分かりやすくすべく、Google検索においては、canonicalを参照して1つのURLに絞って認識するようにします。もし、Googleに認識してもらいたい特別なURLがあるなら、優先的に検知してもらうやり方がいくつかありますので、それを参照ください(以下に記載)。

引用)Webmaster Central Blogより意訳

  • HTMLページでrel=”canonical”タグを挿入する
  • HTTPヘッダーでrel=”canonical”を使う
  • サイトマップでドメイン統一する
  • 301リダイレクトを使用する

1つ目は通常のcanonicalのことで、<head>内に入れるタグですね。一方で、例えばPDFファイル等で<head>タグが挿入できない時は、2つ目のようにHTTPヘッダー内に使用する方法です。他にも、同じようにnoindexを挿入したい場合においても、通常のnoindexタグ挿入以外にも、X-Robots-Tagでnoindexを入れる等というケースもありますよね。
いずれにしても.htaccessファイルにて設定可能です。

ふわふわ

逆に実際とSearch Consoleの設定を一致させる手間が省ける

もともとSearch Console内の[使用するドメイン]の設定とは別に、URLの正規化は前述のように行うべきでした(ユーザーの混乱や被リンクの混乱を招かないため)ので、今回の機能が無くなっても支障は無いかと思います。むしろ、わざわざSearch Consoleで設定しなくても済みますので、ちゃんとサイト運用している人にとっては面倒が減ったのではないでしょうか。

このように運用を簡素化してくれることで、私も教えることが減りますので非常に助かります(笑)。


関連記事

Search Console Insightsがリリース

2020年8月にSearch Console Insightsのベータ版がリリースされていました。私はベータ版の対象者になっていたので、当時は詳細を紹介していました。これが米国現地時間2021年6月15日に正式にリリース紹介されましたので、あらためてご紹介します。ここ数日間をかけて徐々にロールアウト ...(続きを読む)

SEOが不要になる

私の個人的な意見です。個人的な意見というのは、確証が無い憶測での記事ということですので、ゆる~い感じでご覧いただければと思います。 SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」の訳ですが、このSEOについて、何か特別なマークアップ以外はもう考えなくて良く ...(続きを読む)

GSCのクエリフィルタリング機能更新

先日、Google Search Console内での検索パフォーマンスで正規表現フィルタが新機能として実装されたことをご紹介しましたが、その後この機能がアップデートされたと米国現地時間6月1日にGoogleは発表しました。発表内容は日本語ですが、ここでもご紹介します。 Googleからの発表内容 ...(続きを読む)

202106コアアップデート

Googleは米国現地時間6月2日にコアアップデートを行うことをツイートしました。前回が米国現地時間2020年12月3日でしたので、約半年後の告知となっています。コアアップデートの度にGoogleは2019年8月のブログ記事を引用して発表していますが、その記事の和訳は私のブログでこちらに記載していま ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。