2016年2月5日のリンクネットワーク対策

昨年末頃から「まだか、まだか」と言われていたペンギン・アップデート。Googleの発表では2016年の1月~3月の間に…なんて言われましたが、本日Googleウェブマスター向け公式ブログで「リンクプログラムのネットワークに対策を行いました」という発表がございました。でもどうやらペンギン・アップデートではなく、飽くまで一部の業者によるリンクネットワークに対して手動処置を行ったものと推察されます。しかも日本で。

鞄

ふわふわ

今回の内容は?

Googleではこの度、検索結果を不正に操作するためにリンクプログラムに参加しリンクの売買を行っていた日本語のいくつかのサイトネットワークに対して対策を施しました。この中にはウェブマスター向けガイドライン違反を繰り返しているサイトも含まれていたため、通常よりも厳しい対策を施したケースもあります。
引用元)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
どうやらどこかの(SEO)業者が使用する外部リンクの傾向や特性、環境等から、それらと思われるものに対してリンク元サイトにもリンク先サイト(=購入していたサイト)にも手動対応(ペナルティ)を与えたようです。

ふわふわ

警鐘を鳴らした?

また、以前もお伝えしましたが、ウェブマスターの知らないところでウェブマスター向けガイドラインに違反するような施策が行われてしまうケースがあるようです。以前はSEO業者の例を紹介しましたが、SEO業者にとどまらず広告などの業務委託により発生することもあるようです。これを防ぐために、ウェブマスターの皆さんには業務委託先がどのような施策を行っているか随時確認することをおすすめします。
引用元)Googleウェブマスター向け公式ブログ

 
ブラックハットを承知で、意図して外部リンク売買に関するリンクネットワークに手動措置を行うケースを今までは例としてきましたが、リンク元もリンク先も意図していないところで広告が直リンクになったりすることもあるから気をつけてください、ということも述べられています。

要はアフィリエイトプログラムとして提携したものの、<a>タグでのリンクがリダイレクト処理されているわけでも、rel=nofollowになっているわけでもなく、直接リンクされていたとか…しかも発注側は確認をしていなくても、受託側でこっそりそういうことをやっていたというケースもあるってことですね。ですので、SEO会社やSEO会社との取引だけに気を付けるべき話ではないぞってことですかね。きっと、手動対応を受けたサイト運営者からGoogleに対して「どういうこと!?」なんていうお粗末な問い合わせが多く来るのでしょう…(笑)。

まぁ、いずれにしても普通に運用していればこの記事も「ふーん」という対岸の火事的な解釈で済みそうですね。


関連記事
GoogleはChromeにて、HTTPSサイトページの中にHTTPのリソースが含まれている場合、今後は混合コンテンツとしてデフォルトでブロックしていくと、Security Blogで発表しました。 混合コンテンツって? まず最初に理解しておかなければならないのは混合コンテンツというものについてです ...(続きを読む)
Google Search Console(以下:GSC)で「アドレス変更」が実装されました。新しいGSC用に生まれ変わって導入されたので、機能自体が新しいわけではありませんが、一応Googleが公表してくれています。 概要は? Googleの発表は以下の通りです。 Launching today ...(続きを読む)
最近、非常に多くなってきたリッチリザルト。構造化データのマークアップによるものが多いですが、マークアップはしたものの、サイトオーナーは「本当に出ているのかなぁ」と疑問に思うかもしれません。そこで、Google Search Console(以下:GSC)でリッチリザルト表示がどうやって確認できるかに ...(続きを読む)
今回はE-A-Tについて私なりに書いておこうかと思います。まず知っておいていただきたいこととして、E-A-Tは無形です。E-A-Tはアルゴリズムではありません。もっと言ってしまえば幻想です。「E-A-T対策」とか訳のわからないことを言う人がいますが、単純にGoogleにとってE-A-Tは「どんな人が ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。