色々スニペットをテスト中?

ちょうど海外SEO情報ブログでも取り上げていらっしゃいましたが、私もGoogleの検索結果画面におけるスニペットで気になった部分がございましたので、ちょっとご紹介したいと思います。

綺麗な写真

ふわふわ

デスクトップ検索結果画面がグリッド化?

これは既にアナウンス済みのものだと思いますが、デスクトップ(PC)でのGoogleの検索結果画面がモバイル(スマホ)と同様にグリッド表示になったりします。

グリッド化したSERPs

恐らくGoogle側で、ユーザー体験上どちらが良いのか、クリック率等でテスト検証しているのかもしれません。個人的にはリスティング広告枠との差別化も明確ですし、グリッド表示になっている方が好みです。

ふわふわ

モバイル検索結果画面にサムネイル表示?

私は9月15日から確認できたのですが、全てのクエリではなく、ビジュアル要素があると便利なクエリを対象に以下のような写真がついているようです。

スマホのリッチスニペット

私が確認した範疇では、犬種別や猫種別のクエリのように10位(1ページ目)~25位(3ページ目)くらいまでズラっとサムネイル表示のスニペットが並んでいるケースもあれば、「犬」というクエリのように3位くらいまでしかサムネイル表示されていないケースもあったりします。また、形の表しにくいクエリ(「保険」等)はスニペットに全く写真が表示されません。

写真が付くクエリやサイトの基準は分かりませんが、私が個人的に運用しているサイトでは写真が出ていますので、この実装前後でクリック率がどう変化したかは追って検証してみたいと思います。

ふわふわ

いつまで続く?

デスクトップ検索結果画面がグリッド化したりしている方はテスト的にずっと行われているようですので、今後こういうケースになったりならなかったりが続くと思います。

モバイル検索結果のリッチスニペットの方はいつまで続くのでしょう。一応今後継続的に表示されていくようですが、「どのクエリ」において「何位くらいまで」等に関しましては引き続き様子を見ていくしかなさそうです。

リッチスニペットになったから全体的にクリック率が上がるのか否か、に関しましては私個人の運用サイトで確認しながらまたご紹介します。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。