WordPress用Google公式プラグイン

ひそかに気になっていたWordPress用のGoogle公式プラグインが“β版テスター募集”として登場していますので、ご紹介します。

Site Kit by Google

ふわふわ

どんな機能

「Sit Kit by Google」という名称(?)のこのプラグインは、WordPressの機能にGoogleのサービスを組み込むことが出来るみたいでして、以下のGoogleサービスをWordPressの管理画面を通して確認できる機能だと思います。「思います」というのも、今の段階ではとりあえず使用したい人はβ版のテスターとして参加したい旨を申請して、承諾を受けてからβ版を利用できる仕組みになっておりまして、今現在私はテスター申請しているものの、正式版含め、何も利用していないので分からないのです(笑)。

現時点で利用可能と思われるサービス

  • Google Search Console
  • Google Analytics
  • AdSense
  • PageSpeed Insights

実際にテスターとしての参加申請に対し承諾を受ければ、「本人確認」「対象サイト確認」「Google Search Console繋ぎ込み」で設定完了となるようです。

ふわふわ

機能性を想像してみよう

実際には、わざわざGoogle Search ConsoleやAnalytics等を切り替えてみたりしなくても、WordPressの管理画面から流入や課題点、表示速度等が分かるため、状況把握に関しては楽になりそうです。利用イメージとしては、Jetpackみたいな感じでしょうか。

わざわざGoogleの各種管理画面に情報を取りに行かなくても、WordPressを通して記事を作成しようとした時、自ずと目に入るようだと便利な気がします。また、サイト内で一定のカテゴリやコーナーだけにWordPressを実装している場合でも、それ専用にGoogle Search Consoleのプロパティを用意しておけば有用ですね。

あと気になるのは管理者権限でしょうか。Google Search Console等の権限が無くてもWordPressのID/PASSさえ知っていれば情報は手に入るのであれば、情報共有は比較的楽になりそうです(ビジネス上は一長一短ありそうですが)。

いずれにしても正式リリースや利用が楽しみです。


関連記事
Googleから今年5月にリリースされたばかりのHow-toとFAQの構造化データマークアップですが、まだHow-toの方は日本でのリッチリザルト化は見受けられません。日本へのマークアップ反映はまだのようです。一方でFAQの構造化データマークアップに関しては、迅速に反映されているようでして...それ ...(続きを読む)
もともとGoogleでは、明らかになっていないものの、QDD作用が働き、検索結果の1P以内に同ドメインをクラスタリング(連続表示)したがらない傾向にあったかと思います。しかし検索クエリによって、実際には検索結果1ページ目に同じサイト(ドメイン)が3つ4つ並ぶこともしばしば。それが今回のアップデートに ...(続きを読む)
米Googleでは画像検索結果からGoogle Lensを使って、再検索できるようになっていました。私は今回のThe Keywordの記事公開タイミングで知りましたが、いつから実装されたのでしょう。元々昨年秋のGoogle20周年記念のタイミングで公表されていました。 どういう内容 昨年にGoogl ...(続きを読む)
日本時間2019年6月4日(米国現地時間6月3日)にGoogleのコアアルゴリズム・アップデートがありました。もちろん通常通りのロールアウト(徐々に展開)していく感じですが、早速一部で変化が見受けられましたのでご紹介したいと思います。 今回は予告形式 サイト運用者からの希望もあり、今回のコアアルゴリ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。