gTLDのSEO効果について

Googleウェブマスター向け公式ブログにて「新しいトップレベルドメイン(gTLD)に対するGoogleでの取り扱いについて」発表がございましたので、ご共有までに記載します。

海

gTLDとは

ジェネリックトップレベルドメイン(Generic Top Level Domain)は、ccTLD(Country Code Top Level Domain)のように各国に割り当てられた固有のドメインとは違い、国別の制限ではなく、グローバルに世界のどこからでも登録することが可能なドメインです。例えば.comとか.netとかがそうですね。ccTLDは.jpとか.ukとかです。

ふわふわ

新しいTLDの扱いについて

Googleは新しく.ingとか.youとかを登場させようとしており(数年前から言われていますけどいつ登場するのか分かりませんw)、既に.onlineや.tokyoも登場しています。そういった新しいTLDはgTLD扱いとしており、またそれに対してGoogleのSEO上の見解をピックアップしてご紹介します。

新しいgTLDは検索に影響しますか?

基本的に、新しいgTLDも他のgTLD(.com、.org など)と同じように処理されます。検索において、特定のTLDのキーワードが有利に働くことも不利に働くこともありません。

 
使用においては特段マイナス要因は無いそうです。

 

「.みんな」のようなTLDも問題ない?

はい。このようなTLDも、他のTLDと同じように使用できます([site:みんな]を検索すると簡単に確認できます)。

 
但し、こういった日本語TLD名は、ASCII文字列にすると「.xn--q9jyb4c」になるので、ソース等に必ずUTF-8を使用したり冗長化したりするので私は個人的に好みません。

 

ブランド名TLDの扱いが.comと異なることはありますか?

いいえ。そのようなTLDも他のgTLDと同じように扱われます。同じ地域ターゲティング設定が必要ですし、URLのクロール、インデックス登録、ランク付けにおいてウェイトや影響が異なるということもありません。

 
ブランド名TLDとは.googleとか.toyota等のことを指しているかと思いますが、これらは商標登録も含んでいるケースがあります。以前、ドメイン名を管理するICANNが新ドメインを公募していた時に応募した企業ブランドが対象になると思います。

 

地域や都市のTLD(.london、.bayernなど)はどう処理されますか?

地域固有のTLDもgTLDと同じように処理します。.euや.asiaなどの地域TLDと同じ扱いということです。ただし、実際にどう使用されているかによって、多少の例外がある場合もあります。

 
日本だと.tokyoとか.yokohamaですかね。用途によってはSearch Consoleの国によるターゲット設定ツールから、サイトが特定の国を対象にしていることをGoogleに示すことも必要かもしれません。

 

従来のccTLDはどうですか?

Googleの既定の処理では、ほとんどのccTLD(例外あり)をウェブサイトの地域ターゲティングに使用しています。ccTLDを見れば、そのウェブサイトが該当の国に関係している可能性が高いと判断できます。

 
例外というのはバニティccTLD(.tvとか.me、例えば.tvはツヴァルというオセアニアにある国家のccTLDですが、テレビという意味で皆使ったりしているので、gTLD扱いしています)のことですね。GoogleはccTLDによって、対象の国をすぐに認識していたりしています。

 

ドメインを.comから新しいTLDに移転する場合、SEOに関してGoogleのサポートはある?

ヘルプセンターのドキュメントで、サイトの移転について詳しく説明しています。Googleでは、新しいTLDへの移転も他のサイト移転と同じように扱います。

 
ただのドメイン変更と同じ扱いだと言っていますね。Googleが管理する新しいTLDだからといって特別な支援が生じるということはないようです。当たり前ですね(笑)。

ふわふわ

従来のTLDと同じ扱い

こうして読んでいると、新しいTLDだからと言ってプラスもなければマイナスもないことが分かります。もちろん、新しいgTLDは話題性もありますし、うまくサービスに絡めたドメインを作成することで覚えてもらいやすくなるとは思いますが、オールドドメインを育て続けている運用担当者にとっては興味が湧かないかもしれません。

ちなみに私はスポーツに関連した個人サイトを立ち上げる際、.ingというgTLDが欲しかったのですが、いつ購入できるか分からなかったので「i」をドメインに含めることで妥協し、.ng(ナイジェリアのccTLD)を取得しました(笑)。ドメイン取得費は年間15,000円でした…。


関連記事
新型コロナウィルスの影響により、実店舗だけでなく(特に物流ビジネスを主としている)オンラインビジネスでも停滞を余儀なくされているサイト運用者もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな運営の停滞に伴って、Google検索におけるSEO上の措置についてGoogleが案内してくれていますので、ご紹介します ...(続きを読む)
SEOに向けて分析している中で、「競合サイトや他の業界はどのくらいのペースや頻度でページを増加しているんだろう」と思ったことはございませんか? 以前、before/after:の検索コマンドをご紹介したことはありましたが、厳密に日付単位で順位状況は分かっても、その時期に公開されたページかどうかは分か ...(続きを読む)
コロナウィルスによって、エンターテイメント業界中心に数多くのイベントや催事が世界レベルで中止や延期になっていますよね。経済破綻の恐れもある中で、各運営元も選択を余儀なくされています。そんな時、検索ユーザーに対してもいち早く対応できるよう、構造化データの共同母体であるSchema.orgの情報更新に伴 ...(続きを読む)
最近耳にするようになった「リードナーチャリング」という言葉。マーケティング用語の一環ですが、その名の通り「lead(導いて)」「nurturing(育てる)」という意味からも、潜在顧客にアプローチし購買意欲を高めるための見込み顧客育成として使われます。要はリーチした潜在顧客をCold→Cool→Wa ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。