gTLDのSEO効果について

Googleウェブマスター向け公式ブログにて「新しいトップレベルドメイン(gTLD)に対するGoogleでの取り扱いについて」発表がございましたので、ご共有までに記載します。

海

gTLDとは

ジェネリックトップレベルドメイン(Generic Top Level Domain)は、ccTLD(Country Code Top Level Domain)のように各国に割り当てられた固有のドメインとは違い、国別の制限ではなく、グローバルに世界のどこからでも登録することが可能なドメインです。例えば.comとか.netとかがそうですね。ccTLDは.jpとか.ukとかです。

ふわふわ

新しいTLDの扱いについて

Googleは新しく.ingとか.youとかを登場させようとしており(数年前から言われていますけどいつ登場するのか分かりませんw)、既に.onlineや.tokyoも登場しています。そういった新しいTLDはgTLD扱いとしており、またそれに対してGoogleのSEO上の見解をピックアップしてご紹介します。

新しいgTLDは検索に影響しますか?

基本的に、新しいgTLDも他のgTLD(.com、.org など)と同じように処理されます。検索において、特定のTLDのキーワードが有利に働くことも不利に働くこともありません。

 
使用においては特段マイナス要因は無いそうです。

 

「.みんな」のようなTLDも問題ない?

はい。このようなTLDも、他のTLDと同じように使用できます([site:みんな]を検索すると簡単に確認できます)。

 
但し、こういった日本語TLD名は、ASCII文字列にすると「.xn--q9jyb4c」になるので、ソース等に必ずUTF-8を使用したり冗長化したりするので私は個人的に好みません。

 

ブランド名TLDの扱いが.comと異なることはありますか?

いいえ。そのようなTLDも他のgTLDと同じように扱われます。同じ地域ターゲティング設定が必要ですし、URLのクロール、インデックス登録、ランク付けにおいてウェイトや影響が異なるということもありません。

 
ブランド名TLDとは.googleとか.toyota等のことを指しているかと思いますが、これらは商標登録も含んでいるケースがあります。以前、ドメイン名を管理するICANNが新ドメインを公募していた時に応募した企業ブランドが対象になると思います。

 

地域や都市のTLD(.london、.bayernなど)はどう処理されますか?

地域固有のTLDもgTLDと同じように処理します。.euや.asiaなどの地域TLDと同じ扱いということです。ただし、実際にどう使用されているかによって、多少の例外がある場合もあります。

 
日本だと.tokyoとか.yokohamaですかね。用途によってはSearch Consoleの国によるターゲット設定ツールから、サイトが特定の国を対象にしていることをGoogleに示すことも必要かもしれません。

 

従来のccTLDはどうですか?

Googleの既定の処理では、ほとんどのccTLD(例外あり)をウェブサイトの地域ターゲティングに使用しています。ccTLDを見れば、そのウェブサイトが該当の国に関係している可能性が高いと判断できます。

 
例外というのはバニティccTLD(.tvとか.me、例えば.tvはツヴァルというオセアニアにある国家のccTLDですが、テレビという意味で皆使ったりしているので、gTLD扱いしています)のことですね。GoogleはccTLDによって、対象の国をすぐに認識していたりしています。

 

ドメインを.comから新しいTLDに移転する場合、SEOに関してGoogleのサポートはある?

ヘルプセンターのドキュメントで、サイトの移転について詳しく説明しています。Googleでは、新しいTLDへの移転も他のサイト移転と同じように扱います。

 
ただのドメイン変更と同じ扱いだと言っていますね。Googleが管理する新しいTLDだからといって特別な支援が生じるということはないようです。当たり前ですね(笑)。

ふわふわ

従来のTLDと同じ扱い

こうして読んでいると、新しいTLDだからと言ってプラスもなければマイナスもないことが分かります。もちろん、新しいgTLDは話題性もありますし、うまくサービスに絡めたドメインを作成することで覚えてもらいやすくなるとは思いますが、オールドドメインを育て続けている運用担当者にとっては興味が湧かないかもしれません。

ちなみに私はスポーツに関連した個人サイトを立ち上げる際、.ingというgTLDが欲しかったのですが、いつ購入できるか分からなかったので「i」をドメインに含めることで妥協し、.ng(ナイジェリアのccTLD)を取得しました(笑)。ドメイン取得費は年間15,000円でした…。


関連記事

Search Console Insightsがリリース

2020年8月にSearch Console Insightsのベータ版がリリースされていました。私はベータ版の対象者になっていたので、当時は詳細を紹介していました。これが米国現地時間2021年6月15日に正式にリリース紹介されましたので、あらためてご紹介します。ここ数日間をかけて徐々にロールアウト ...(続きを読む)

SEOが不要になる

私の個人的な意見です。個人的な意見というのは、確証が無い憶測での記事ということですので、ゆる~い感じでご覧いただければと思います。 SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」の訳ですが、このSEOについて、何か特別なマークアップ以外はもう考えなくて良く ...(続きを読む)

GSCのクエリフィルタリング機能更新

先日、Google Search Console内での検索パフォーマンスで正規表現フィルタが新機能として実装されたことをご紹介しましたが、その後この機能がアップデートされたと米国現地時間6月1日にGoogleは発表しました。発表内容は日本語ですが、ここでもご紹介します。 Googleからの発表内容 ...(続きを読む)

202106コアアップデート

Googleは米国現地時間6月2日にコアアップデートを行うことをツイートしました。前回が米国現地時間2020年12月3日でしたので、約半年後の告知となっています。コアアップデートの度にGoogleは2019年8月のブログ記事を引用して発表していますが、その記事の和訳は私のブログでこちらに記載していま ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。