GSCにセキュリティ確認機能が実装

Google Search Consoleに「セキュリティの問題」に関する新機能が実装されましたので、ご紹介します。

G Search Console

ふわふわ

ちょっと嬉しい機能

Search Console内の「手動による対策」という項目が、「セキュリティ手動による対策」という項目名に替わり、その中に「セキュリティの問題」という機能が実装されました。

セキュリティの問題

内容としてはマルウェアに関するケースが多くなるとは思いますが、以下のセキュリティエラー項目を確認しておくと良いでしょう。

法人運営でも個人運営でも、オウンドメディアがひとつとは限らないと思います。例えば、ブログを別のドメインサイトやプロパティとして運用していたり、アーンドメディアとして他サイトを立ち上げることもあるかと思います。そういった場合、一方をWordPressによるサイト運用にするケースもかなり多いはずです。

WordPressは、セキュリティにおいて非常に注意しなければなりません。しかし、それはWordPressが脆弱だからというわけではなく、CMSとしての利用者が圧倒的に多いため、プラグインやテーマ等を駆使したアタックが多いのです。従って、常にプラグインやテーマのバージョンアップデートには気を配らなければならないと思います。アップデートが滞ってバージョンが古くなると、その脆弱性を突いてマルウェアの攻撃を受けやすくなります。

私もこのブログを含めいくつかWordPressで実装しているサイトを保有していますが、更新頻度は極力高く保っているつもりです。その上でこういった「セキュリティの問題」を気軽にチェックできる機能がGSCに導入されたことは喜ばしいですね。

何かあった時のために、「転ばぬ先の杖」ならぬ「転んだ先の杖」としていち早く発見できるよう、この機能を常時確認することをオススメします。


関連記事
Googleから今年5月にリリースされたばかりのHow-toとFAQの構造化データマークアップですが、まだHow-toの方は日本でのリッチリザルト化は見受けられません。日本へのマークアップ反映はまだのようです。一方でFAQの構造化データマークアップに関しては、迅速に反映されているようでして...それ ...(続きを読む)
もともとGoogleでは、明らかになっていないものの、QDD作用が働き、検索結果の1P以内に同ドメインをクラスタリング(連続表示)したがらない傾向にあったかと思います。しかし検索クエリによって、実際には検索結果1ページ目に同じサイト(ドメイン)が3つ4つ並ぶこともしばしば。それが今回のアップデートに ...(続きを読む)
米Googleでは画像検索結果からGoogle Lensを使って、再検索できるようになっていました。私は今回のThe Keywordの記事公開タイミングで知りましたが、いつから実装されたのでしょう。元々昨年秋のGoogle20周年記念のタイミングで公表されていました。 どういう内容 昨年にGoogl ...(続きを読む)
日本時間2019年6月4日(米国現地時間6月3日)にGoogleのコアアルゴリズム・アップデートがありました。もちろん通常通りのロールアウト(徐々に展開)していく感じですが、早速一部で変化が見受けられましたのでご紹介したいと思います。 今回は予告形式 サイト運用者からの希望もあり、今回のコアアルゴリ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。