サーチコンソール

“Google Search Console” – ウェブマスター ツールが新しくなりました」とGoogleウェブマスター向け公式ブログで発表があったように、WebMasterToolの名称がSearchConsole(サーチコンソール)となりました。以上です(笑)。
searchconsole

ふわふわ

Google側のコメント

ツール名変更意図として、Googleウェブマスター向け公式ブログには以下の内容が書かれています。

従来のいわゆる「ウェブマスター」は、ウェブマスターツールのユーザーの一部でしかないということがわかってきました。ウェブマスターツールは、小規模事業主から、SEOの専門家、マーケティング担当者、プログラマー、デザイナー、アプリ デベロッパー、個人のサイト運営者、そしてもちろんウェブマスターまで、さまざまな方々にご利用いただいていたのです。すべての方々に共通していたのは、「作ったものをオンラインで公開したい、Google検索ですぐに見つかるようにしたい」という気持ちでした。そこで、Googleウェブマスターツールの名称をGoogle Search Consoleに一新し、Google検索に関心を寄せるすべての方々を対象にサービスを提供することになりました。

 

SearchConsoleの解釈

直訳的な意味としては、「検索に関する操作装置」って感じですかね。転じて「SEO向け管理確認ツール」というところまで解釈できなくもないです。恐らくSEO寄りの管理画面として機能する強みを高めていくのかもしれません。従来のWebMasterToolは、ウェブ管理者が「自分のサイトがちゃんとGoogleに読み込まれているか」という点で健全に機能しているかを確認する意味合いが強かったと思います。しかしながら、SEO視点での利用者が多いため、初心者ではなく中級者向けに機能していく予定なのかもしれません。

いずれにしても今回のツール名変更に意図された方針は私の立場としては有難いかぎりです。でも、URLや各サービス名称もこれから変更されていくとなると…結構面倒臭いですね(笑)。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。