サーチコンソール

“Google Search Console” – ウェブマスター ツールが新しくなりました」とGoogleウェブマスター向け公式ブログで発表があったように、WebMasterToolの名称がSearchConsole(サーチコンソール)となりました。以上です(笑)。
searchconsole

ふわふわ

Google側のコメント

ツール名変更意図として、Googleウェブマスター向け公式ブログには以下の内容が書かれています。

従来のいわゆる「ウェブマスター」は、ウェブマスターツールのユーザーの一部でしかないということがわかってきました。ウェブマスターツールは、小規模事業主から、SEOの専門家、マーケティング担当者、プログラマー、デザイナー、アプリ デベロッパー、個人のサイト運営者、そしてもちろんウェブマスターまで、さまざまな方々にご利用いただいていたのです。すべての方々に共通していたのは、「作ったものをオンラインで公開したい、Google検索ですぐに見つかるようにしたい」という気持ちでした。そこで、Googleウェブマスターツールの名称をGoogle Search Consoleに一新し、Google検索に関心を寄せるすべての方々を対象にサービスを提供することになりました。

 

SearchConsoleの解釈

直訳的な意味としては、「検索に関する操作装置」って感じですかね。転じて「SEO向け管理確認ツール」というところまで解釈できなくもないです。恐らくSEO寄りの管理画面として機能する強みを高めていくのかもしれません。従来のWebMasterToolは、ウェブ管理者が「自分のサイトがちゃんとGoogleに読み込まれているか」という点で健全に機能しているかを確認する意味合いが強かったと思います。しかしながら、SEO視点での利用者が多いため、初心者ではなく中級者向けに機能していく予定なのかもしれません。

いずれにしても今回のツール名変更に意図された方針は私の立場としては有難いかぎりです。でも、URLや各サービス名称もこれから変更されていくとなると…結構面倒臭いですね(笑)。