GSCでコード内検索可能に

非常に小さなチューニングですが、Google Search Consoleで、ソースコードを検索したり、ワンクリックでコピーできる機能が加わりましたので、そのご紹介です。

G Search Console

ふわふわ

どんな機能?

まずは、Google Webmastersのツイートをご覧ください。

Search ConsoleのURLテストツール(AMPテストやリッチリザルトテスト、URL検査等に含まれているツール)に、新たな機能が追加:

    ① マークアップ(ソースコード)内で検索
    ② コードをコピー&修正しやすい

これにより、レンダリングされたマークアップの確認が分かりやすく、今までより、手早く簡単に検証できるようになります!

引用)@googlewmcより意訳

これはGoogle Search Console内の、どの機能からでも結構ですが、ソースコードを確認する際のツールです(下絵の場合は、[URL検査]⇒[クロール済みのページを表示]からソースを表示させた場合です)。

GSCでのコード確認

ご覧のように、虫眼鏡アイコンとページコピーアイコンが並んでいます。

検索アイコンとコピーアイコン

検索すると、探しているソース部分をすぐに見つけることができ、コピーアイコンをクリックすると、ソース全体がコピーされるという仕組みです。

コードを検索

以上です。

ふわふわ

ちょっとした機能だけど…

このように、ほんのちょっとの変更ではありますが、こういった気遣いは末永く有効になりますよね。黎明期から新Search Consoleを見ているサイト運用者にとっては、自分のサイトの使い勝手を良くする参考にもなるのではないでしょうか。


関連記事

過去のインフォメーションページ運用

もう何年も前からご相談の多い「過去のインフォメーションページはそのままで良いのか?捨て方が分からない」という内容。これに関して私の意見をご紹介しておきたいと思います。実はインフォメーションページはSEOだけでなく、ユーザー訪問状況、運用管理工数等によって方法がだいぶ変わるんです。 過去のインフォメー ...(続きを読む)

「高品質」へのGoogleの取り組み

このタイミングであらためてGoogleが「高品質なコンテンツページに向けてなにをしているのか」を説明しています。目新しい情報はございませんが、一応ここでも和訳して共有しておこうかと思います。 Googleの説明内容 検索品質を担保するために、Googleでは(BERTをはじめとした)アルゴリズムの強 ...(続きを読む)

ウェブ検索からのCTRを上げる

Googleウェブ検索でクリック率を上げるためのテクニック要素を備忘録的に記載しておきます。今回はDiscoverや画像検索、ニュース検索等は含めず、またリッチリザルト化やAMP、検索順位上昇の概念も含めない、純然たるウェブ検索結果のブルーリンクとして表示される部分のみに注視して考えます。 クリック ...(続きを読む)

WebフォントとSEO

最近、5Gや表示速度、Core Web Vitals等に対する世間での意識が高まっているせいか、「Webフォントってどう思います?」というご質問をよくいただきますので、私なりの意見をご紹介しておこうかと思います。 Webフォントとは 今さらご説明も不要かと思いますが、Webサイトに表示するテキストフ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。