GSCでコード内検索可能に

非常に小さなチューニングですが、Google Search Consoleで、ソースコードを検索したり、ワンクリックでコピーできる機能が加わりましたので、そのご紹介です。

G Search Console

ふわふわ

どんな機能?

まずは、Google Webmastersのツイートをご覧ください。

Search ConsoleのURLテストツール(AMPテストやリッチリザルトテスト、URL検査等に含まれているツール)に、新たな機能が追加:

    ① マークアップ(ソースコード)内で検索
    ② コードをコピー&修正しやすい

これにより、レンダリングされたマークアップの確認が分かりやすく、今までより、手早く簡単に検証できるようになります!

引用)@googlewmcより意訳

これはGoogle Search Console内の、どの機能からでも結構ですが、ソースコードを確認する際のツールです(下絵の場合は、[URL検査]⇒[クロール済みのページを表示]からソースを表示させた場合です)。

GSCでのコード確認

ご覧のように、虫眼鏡アイコンとページコピーアイコンが並んでいます。

検索アイコンとコピーアイコン

検索すると、探しているソース部分をすぐに見つけることができ、コピーアイコンをクリックすると、ソース全体がコピーされるという仕組みです。

コードを検索

以上です。

ふわふわ

ちょっとした機能だけど…

このように、ほんのちょっとの変更ではありますが、こういった気遣いは末永く有効になりますよね。黎明期から新Search Consoleを見ているサイト運用者にとっては、自分のサイトの使い勝手を良くする参考にもなるのではないでしょうか。


関連記事
今まで強調スニペットで表示されることを狙って頑張って検索順位上昇を狙って...ようやく検索結果1位&強調スニペット化に成功したと思っていたら...日本時間1月23日にそういったサイトページが軒並み11位(2ページ目以降)に順位下落しました。これにはGoogleによる新しいメカニズムが働いたようで.. ...(続きを読む)
英語版ではありますが、GoogleのSearch Console(以下:GSC)を使った検証トレーニング動画シリーズがYouTubeで開始しました。動画で紹介されていますので、受験英語レベルでも充分理解できると思います。是非ご参考ください。 https://www.youtube.com/watch ...(続きを読む)
Googleのリッチリザルトテストツールにおいて、テスト結果内に表示される「ページの読み込みに関する問題 詳細を表示」をクリックすると読み込めない外部リソースを指摘してくれる機能が追加された、とGoogleがツイート発表していましたのでご紹介します。 どういう内容? まずはGoogleのツイート内容 ...(続きを読む)
Googleはモバイルの検索結果画面のデザインを2019年5月に変えました。アイコン表示によってサイト選択の直観性を重視した形となりました。その後、デスクトップ版でも同様の検索結果デザインが散見されましたが、いよいよ正式にデスクトップの検索結果デザインも変更したとツイート発表されましたのでご紹介しま ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。