GSCでコード内検索可能に

非常に小さなチューニングですが、Google Search Consoleで、ソースコードを検索したり、ワンクリックでコピーできる機能が加わりましたので、そのご紹介です。

G Search Console

ふわふわ

どんな機能?

まずは、Google Webmastersのツイートをご覧ください。

Search ConsoleのURLテストツール(AMPテストやリッチリザルトテスト、URL検査等に含まれているツール)に、新たな機能が追加:

    ① マークアップ(ソースコード)内で検索
    ② コードをコピー&修正しやすい

これにより、レンダリングされたマークアップの確認が分かりやすく、今までより、手早く簡単に検証できるようになります!

引用)@googlewmcより意訳

これはGoogle Search Console内の、どの機能からでも結構ですが、ソースコードを確認する際のツールです(下絵の場合は、[URL検査]⇒[クロール済みのページを表示]からソースを表示させた場合です)。

GSCでのコード確認

ご覧のように、虫眼鏡アイコンとページコピーアイコンが並んでいます。

検索アイコンとコピーアイコン

検索すると、探しているソース部分をすぐに見つけることができ、コピーアイコンをクリックすると、ソース全体がコピーされるという仕組みです。

コードを検索

以上です。

ふわふわ

ちょっとした機能だけど…

このように、ほんのちょっとの変更ではありますが、こういった気遣いは末永く有効になりますよね。黎明期から新Search Consoleを見ているサイト運用者にとっては、自分のサイトの使い勝手を良くする参考にもなるのではないでしょうか。


関連記事
ちょうど1年前に新Search Consoleがβ版から卒業し、それから今まで新Search Consoleと旧Search Consoleと両方のインターフェースを活用できていましたが、ついに旧Search Consoleが終わりました。Google Webmaster Central Blogで ...(続きを読む)
「表示速度上げても検索順位が上がるか分からないんでしょ? じゃあ、そこに作業工数をかけません。」と言う人もいます。そんな時、私は閉口してしまいますが、それって本末転倒ではないでしょうか。 そこで、ちょっと私なりの意見を書いておこうかと思います。 目的は何か? 「検索順位を上げる」という目標を立てる人 ...(続きを読む)
「御社のサブドメインを使って情報発信メディアを作りませんか?情報発信メディアの作成やコンテンツライティング、SEOは弊社側で独自に行います!」という営業を受けたことはあるでしょうか? これ、海外では意外とそういう業者が横行しているようです。私は今のところ1回しかそういう業者に出くわしていませんが、G ...(続きを読む)
「いずれ日本にも・・・」という期待を込めての記事です。Google検索結果では、米国における大学の概況を知る機能が2018年6月から始まりましたが、それが2年制についても(日本でいる短大?)表示されるようになったと米国現地時間8月15日にThe Keywordで発表がありました。そのご紹介です。 大 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。