GSCでコード内検索可能に

非常に小さなチューニングですが、Google Search Consoleで、ソースコードを検索したり、ワンクリックでコピーできる機能が加わりましたので、そのご紹介です。

G Search Console

ふわふわ

どんな機能?

まずは、Google Webmastersのツイートをご覧ください。

Search ConsoleのURLテストツール(AMPテストやリッチリザルトテスト、URL検査等に含まれているツール)に、新たな機能が追加:

    ① マークアップ(ソースコード)内で検索
    ② コードをコピー&修正しやすい

これにより、レンダリングされたマークアップの確認が分かりやすく、今までより、手早く簡単に検証できるようになります!

引用)@googlewmcより意訳

これはGoogle Search Console内の、どの機能からでも結構ですが、ソースコードを確認する際のツールです(下絵の場合は、[URL検査]⇒[クロール済みのページを表示]からソースを表示させた場合です)。

GSCでのコード確認

ご覧のように、虫眼鏡アイコンとページコピーアイコンが並んでいます。

検索アイコンとコピーアイコン

検索すると、探しているソース部分をすぐに見つけることができ、コピーアイコンをクリックすると、ソース全体がコピーされるという仕組みです。

コードを検索

以上です。

ふわふわ

ちょっとした機能だけど…

このように、ほんのちょっとの変更ではありますが、こういった気遣いは末永く有効になりますよね。黎明期から新Search Consoleを見ているサイト運用者にとっては、自分のサイトの使い勝手を良くする参考にもなるのではないでしょうか。


関連記事

目次の順序はランキングに影響する?

コラム等の記事を読んでいると、どの記事も面白いように「とは」「種類」「メリットデメリット」「使い方」「注意点」の順番で目次設定されていて、その通りのストーリー順序で記事化されています。これは以前にも私は触れています。しかし、この順序はSEO評価(検索順位が上がりやすいこと)に繋がるのでしょうか。私の ...(続きを読む)

検索結果タイトル生成アップデート

Googleは米国現地時間8月24日、Webサイトページを検索結果に表示する際、タイトルを生成する新しいシステムを導入したと発表しました。記事内容を和訳しながらご紹介したいと思います。 検索結果表示のタイトルについて 元々、ずいぶん前からタイトルの書き換えは起こっていました。私も以前記事にしていまし ...(続きを読む)

Googleが検索の仕組みを案内

もう何度も何度も何度もGoogleは案内してきていると思いますが、改めてGoogleは「Google検索の仕組み」ページのデザインをリニューアルして公開しました。合わせてThe Keywordでもその内容を案内していますので、和訳してご紹介します。 Google検索の仕組みについて 新しくGoogl ...(続きを読む)

構造化データテストツールは別モノへ

2020年の7月に構造化データテストツールが廃止予定であることをGoogleは予告していました。要はリッチリザルトテストツールに統合されるという話でした。そして8月9日に構造化データテストツールはSchema.orgのテストツールとして変貌しました。 そもそもどうだったの? もともと、構造化データの ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。