編集しながらリッチリザルトテスト

リッチリザルト化(ワンボックスやナレッジグラフ等、検索結果でのサイトページの見え方が特殊化)するためのリッチリザルトテストがソースコードベースで編集しながらチェックできるようになったと、Googleが発表しましたので、ご紹介したいと思います。

リッチリザルトテスト

ふわふわ

リッチリザルトテストについて

リッチリザルトテストとは、リッチリザルト化の対象となっているかどうかを確認できるツールでして、URLかソースコードを記載し、チェックするものです。それが今回、ツール上でそのままソースコード編集をしながらチェックすることも出来るようになったと、Googleがツイートしています。

<リッチリザルトテストの新機能>
Chrome Dev Summitでも発表していました通り、リッチリザルトテストツールがこの度、ツール上でコード編集できるようになりました。コード編集を実感できる例を一部ご紹介します

引用)@googlewmcより意訳

ふわふわ

利便性の有無は・・・?

但し、このリッチリザルトテストはまだまだベータ版でして、いくつか制限があります。

制限事項

サポートされているリッチリザルト
このテストでは、現在、次の種類のリッチリザルトのみがサポートされています。

報告されないエラー

  • schema.orgの文法エラー
  • その他のさまざまなエラー(ベータ版であるため)

引用)Search Consoleヘルプ

サポート対象の種類がかなり限られており、しかもschemaの文法チェックまでは行ってくれないようです。ですので確認の際は、構造化データテストツールも併用し、2重チェックした方が良さそうですね。

ふわふわ

今後に期待のツール?

正直今の段階では、サポート対象でない限りあまり有用性を感じません。でも、リッチリザルト化は今後種類や表示方法も増えていくでしょうし、より複雑化してくるかもしれません。そうなった時にこのツールは便利になるのだとは思います。

まだベータ版ですが、今後は実際のリッチリザルト表示例等も示してくれると良いですね。


関連記事
Googleから今年5月にリリースされたばかりのHow-toとFAQの構造化データマークアップですが、まだHow-toの方は日本でのリッチリザルト化は見受けられません。日本へのマークアップ反映はまだのようです。一方でFAQの構造化データマークアップに関しては、迅速に反映されているようでして...それ ...(続きを読む)
もともとGoogleでは、明らかになっていないものの、QDD作用が働き、検索結果の1P以内に同ドメインをクラスタリング(連続表示)したがらない傾向にあったかと思います。しかし検索クエリによって、実際には検索結果1ページ目に同じサイト(ドメイン)が3つ4つ並ぶこともしばしば。それが今回のアップデートに ...(続きを読む)
米Googleでは画像検索結果からGoogle Lensを使って、再検索できるようになっていました。私は今回のThe Keywordの記事公開タイミングで知りましたが、いつから実装されたのでしょう。元々昨年秋のGoogle20周年記念のタイミングで公表されていました。 どういう内容 昨年にGoogl ...(続きを読む)
日本時間2019年6月4日(米国現地時間6月3日)にGoogleのコアアルゴリズム・アップデートがありました。もちろん通常通りのロールアウト(徐々に展開)していく感じですが、早速一部で変化が見受けられましたのでご紹介したいと思います。 今回は予告形式 サイト運用者からの希望もあり、今回のコアアルゴリ ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。