編集しながらリッチリザルトテスト

リッチリザルト化(ワンボックスやナレッジグラフ等、検索結果でのサイトページの見え方が特殊化)するためのリッチリザルトテストがソースコードベースで編集しながらチェックできるようになったと、Googleが発表しましたので、ご紹介したいと思います。

リッチリザルトテスト

ふわふわ

リッチリザルトテストについて

リッチリザルトテストとは、リッチリザルト化の対象となっているかどうかを確認できるツールでして、URLかソースコードを記載し、チェックするものです。それが今回、ツール上でそのままソースコード編集をしながらチェックすることも出来るようになったと、Googleがツイートしています。

<リッチリザルトテストの新機能>
Chrome Dev Summitでも発表していました通り、リッチリザルトテストツールがこの度、ツール上でコード編集できるようになりました。コード編集を実感できる例を一部ご紹介します

引用)@googlewmcより意訳

ふわふわ

利便性の有無は・・・?

但し、このリッチリザルトテストはまだまだベータ版でして、いくつか制限があります。

制限事項

サポートされているリッチリザルト
このテストでは、現在、次の種類のリッチリザルトのみがサポートされています。

報告されないエラー

  • schema.orgの文法エラー
  • その他のさまざまなエラー(ベータ版であるため)

引用)Search Consoleヘルプ

サポート対象の種類がかなり限られており、しかもschemaの文法チェックまでは行ってくれないようです。ですので確認の際は、構造化データテストツールも併用し、2重チェックした方が良さそうですね。

ふわふわ

今後に期待のツール?

正直今の段階では、サポート対象でない限りあまり有用性を感じません。でも、リッチリザルト化は今後種類や表示方法も増えていくでしょうし、より複雑化してくるかもしれません。そうなった時にこのツールは便利になるのだとは思います。

まだベータ版ですが、今後は実際のリッチリザルト表示例等も示してくれると良いですね。


関連記事

ページエクスペリエンスのおさらい

GoogleのCore Web Vitalsの導入が2021年5月に導入されます。伴ってページエクスペリエンスを達成しているWebページには検索結果のスニペットに何かしらのマークがされるということも発表されています。そこで、あらためてページエクスペリエンスについて記事にしておこうかと思います。 ペー ...(続きを読む)

SEOの勉強は何から始める?

「今年こそSEOの勉強を始めます!そこで、何から見ていけば良いでしょうか?」というご質問を結構受けます。聞く人によっては「何から見ていけば良いか、って聞いてくる段階でセンス無い」とか「依存心が強い」とか思うかもしれませんが、私はSEOの勉強を始めると言われるだけで嬉しいので、ちゃんと答えています。そ ...(続きを読む)

GSCでGoogleニュース確認

Googleニュースで表示された検索パフォーマンスに関して、Search Consoleで確認できるようになりました。Google検索セントラルブログで発表されています(日本語版です)。一応注意点含め私からもご紹介しておきます。 対象はGoogle検索のニュースタブ検索結果ではない 今回、Searc ...(続きを読む)

インデックスカバレッジが改良

Googleは米国現地時間の1月11日、Search Central BlogでSearch Consoleのインデックスカバレッジデータを改善したと発表しました。日本語版はまだですので和訳してご紹介します。 Googleからの発表内容 Search Central Blogでは以下のように案内され ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。