編集しながらリッチリザルトテスト

リッチリザルト化(ワンボックスやナレッジグラフ等、検索結果でのサイトページの見え方が特殊化)するためのリッチリザルトテストがソースコードベースで編集しながらチェックできるようになったと、Googleが発表しましたので、ご紹介したいと思います。

リッチリザルトテスト

ふわふわ

リッチリザルトテストについて

リッチリザルトテストとは、リッチリザルト化の対象となっているかどうかを確認できるツールでして、URLかソースコードを記載し、チェックするものです。それが今回、ツール上でそのままソースコード編集をしながらチェックすることも出来るようになったと、Googleがツイートしています。

<リッチリザルトテストの新機能>
Chrome Dev Summitでも発表していました通り、リッチリザルトテストツールがこの度、ツール上でコード編集できるようになりました。コード編集を実感できる例を一部ご紹介します

引用)@googlewmcより意訳

ふわふわ

利便性の有無は・・・?

但し、このリッチリザルトテストはまだまだベータ版でして、いくつか制限があります。

制限事項

サポートされているリッチリザルト
このテストでは、現在、次の種類のリッチリザルトのみがサポートされています。

報告されないエラー

  • schema.orgの文法エラー
  • その他のさまざまなエラー(ベータ版であるため)

引用)Search Consoleヘルプ

サポート対象の種類がかなり限られており、しかもschemaの文法チェックまでは行ってくれないようです。ですので確認の際は、構造化データテストツールも併用し、2重チェックした方が良さそうですね。

ふわふわ

今後に期待のツール?

正直今の段階では、サポート対象でない限りあまり有用性を感じません。でも、リッチリザルト化は今後種類や表示方法も増えていくでしょうし、より複雑化してくるかもしれません。そうなった時にこのツールは便利になるのだとは思います。

まだベータ版ですが、今後は実際のリッチリザルト表示例等も示してくれると良いですね。


関連記事

Search ConsoleでAMPチェック

Search ConsoleでAMPページのエラーを確認(デバッグ)できるようになりました。米国現地時間の7月12日にAMP開発ブログで発表していますので、和訳してご紹介します。 どういうこと? Search Console内の[ウェブに関する主な指標]部分から各URLを確認する箇所で、直接Page ...(続きを読む)

Googleしごと検索の要件変更

米国現地時間7月13日、Googleはしごと検索における求人情報のガイドラインを少し変更したことをSearch Central Blogで発表しました。和訳してご紹介します。 求人情報ガイドラインの更新 今回のアップデートは構造化データにおける新規プロパティの追加とコンテンツポリシーの追加です。 求 ...(続きを読む)

問い合わせ先を検索に明示する

Googleは、検索結果に(エンドユーザーへの)問い合わせ先を適切に表示するための手段をSearch Central Blogで案内しました。いくつかのアプローチ方法がありますので、和訳しながらご紹介したいと思います。 Googleからの紹介記事内容 まずはSearch Central blogの内 ...(続きを読む)

SEO業者は詐欺か?

先日、(私の好きな)フランス在住の日本の著名人がYouTubeライブで「SEOに関して、真摯な業者の見分け方を教えてほしい」という質問者に対して「SEO業者は基本全て詐欺なのでリスティング広告の方が確実に検索結果に表示できる」というような回答をされていました。業界にどっぷり浸かっている私からすれば「 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。