編集しながらリッチリザルトテスト

リッチリザルト化(ワンボックスやナレッジグラフ等、検索結果でのサイトページの見え方が特殊化)するためのリッチリザルトテストがソースコードベースで編集しながらチェックできるようになったと、Googleが発表しましたので、ご紹介したいと思います。

リッチリザルトテスト

ふわふわ

リッチリザルトテストについて

リッチリザルトテストとは、リッチリザルト化の対象となっているかどうかを確認できるツールでして、URLかソースコードを記載し、チェックするものです。それが今回、ツール上でそのままソースコード編集をしながらチェックすることも出来るようになったと、Googleがツイートしています。

<リッチリザルトテストの新機能>
Chrome Dev Summitでも発表していました通り、リッチリザルトテストツールがこの度、ツール上でコード編集できるようになりました。コード編集を実感できる例を一部ご紹介します

引用)@googlewmcより意訳

ふわふわ

利便性の有無は・・・?

但し、このリッチリザルトテストはまだまだベータ版でして、いくつか制限があります。

制限事項

サポートされているリッチリザルト
このテストでは、現在、次の種類のリッチリザルトのみがサポートされています。

報告されないエラー

  • schema.orgの文法エラー
  • その他のさまざまなエラー(ベータ版であるため)

引用)Search Consoleヘルプ

サポート対象の種類がかなり限られており、しかもschemaの文法チェックまでは行ってくれないようです。ですので確認の際は、構造化データテストツールも併用し、2重チェックした方が良さそうですね。

ふわふわ

今後に期待のツール?

正直今の段階では、サポート対象でない限りあまり有用性を感じません。でも、リッチリザルト化は今後種類や表示方法も増えていくでしょうし、より複雑化してくるかもしれません。そうなった時にこのツールは便利になるのだとは思います。

まだベータ版ですが、今後は実際のリッチリザルト表示例等も示してくれると良いですね。


関連記事

Search On 2020の内容

米国現地時間10月15日にGoogleがオンライン開催したSearch On 2020。このフォローアップ記事がThe Keywordに掲載されていますので、和訳しながらご紹介したいと思います。結構長いので、挫けず頑張ります...。 The Keywordより ブログ掲載されている内容をまずは和訳し ...(続きを読む)

文節(passages)単位でマッチング

Googleは検索クエリに対するマッチングとして、ただのページ単位での概念でなく、コンテンツの一節のみでも最適な回答になっていると判断した場合、検索上位に影響してくる旨を発表しました。Search Onのイベント内で発表したようですが、Twitterでもフォローアップしていましたので、ご紹介したいと ...(続きを読む)

今後のコンテンツと目次

Googleのニューラルマッチングシステムの技術により、検索クエリを通して検索者を理解する概念が高まっています。検索者を理解する概念というのは、つまり「どんな人によるニーズか」という概念です。そして、その概念が、(今度はRankBrainによって概念化された)コンテンツとどうマッチングして検索ランキ ...(続きを読む)

鼻歌検索

いよいよGoogle検索を通して鼻歌で曲を探すことができるようになりました。(Googleアシスタント等に入力される)音声検索で音の連鎖でマッチングした結果を表示するようです。米国現地時間10月15日にGoogleが発表しました。 Googleの発表内容 The Keywordで発表されたGoogl ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。