インデックスできた&直近の傾向

ここ数ヶ月に渡って対応できなくなっていたGoogle Search ConsoleのURL検査内[インデックス登録をリクエスト]がようやく機能復旧しましたので、そのご紹介と、2020年12月のコアアルゴリズムアップデート後の印象についてざっくりご紹介しておこうと思います。

歯車

ふわふわ

インデックス登録をリクエスト

GoogleがSearch Consoleで[インデックス登録をリクエスト]をできるようになったとツイートしています。

[インデックス登録をリクエスト]がGoogle Search ConsoleのURL検索に復活しましたのでお知らせします。新年に間に合いまました!
この機能の使用方法についての詳細はヘルプセンターをご覧ください。 https://support.google.com/webmasters/answer/9012289#request_indexing

引用)@googlesearchcより和訳

 

念のため!
1. URLが多数ある場合は、Search Consoleでインデックス登録をリクエストするよりもサイトマップ送信をしましょう。
2.インデックス登録をリクエストしても、Googleインデックスへの掲載が保証されるとは限りません。Googleのシステムでは、高品質で有用なコンテンツを迅速に優先掲載します。

引用)@googlesearchcより和訳

 

内容はご覧の通りです。インデックスは確かに秋から最近までかなり不安定でした。なかなかインデックスされなくて、Twitterからリンク紹介したりXMLサイトマップに掲載することで更新を促進することもしばしばありました。ですので、XMLサイトマップはGoogleへのクローリングとインデクシングという点では確かに有効でした。

今回復旧した[インデックス登録をリクエスト]機能によって、なかなかインデックスされない現象は抑えられると思いますが、乱用は避けたほうが良さそうですね。また、コンテンツ量(と質)が少ないページはクロールされてもインデックスされにくいケースもあるようですので気を付けたほうが良いです。コンテンツ量が少なくてもアクセスが多いページもあったりすると思いますが、この辺のインデクシングに関しては根気強く見据えておくことをお勧めします。

おそらくGoogle側では、増え続ける玉石混交のサイトページをすべてクロール&インデックスするより、より品質の高いサイトページにリソースを充てるように調整しているはずですので、その辺の見地からこういった発表になっているものと思われます。

ふわふわ

最近の傾向

このインデックスの諸々の騒動(私は色々と影響を受けていたので、騒動と呼んでいますw)と2020年12月のコアアップデートから、なんとなく私の印象をお話しさせていただきます。

今回のコアアップデートによる順位変動はあまり気になりませんでしたが、大きく順位下落しているサイトページもありそうです。一部の有名なヘルスケア系サイトページが大幅に下落した件には触れませんが(笑)、それ以外の順位下落したサイトページには以下の傾向を感じました。

  • エリア系案件の一覧だけを表示しているようなページ
  • 同一サイト内で他のページの内容を寄せ集めたページ

つまり、「概念レベルでオリジナル性の欠けるページ」が影響を受けていた気がします。もちろん私が見た限りの非常に狭い視野ですので、これで全体を語ることはできません。あくまでも私見ですので、イチ意見として「そういう傾向があった側面もあるのかぁ」程度でご理解いただければと思います。

しかしそう考えると、概念レベルで「〇〇を言っているページ」があるにも関わらず他ページで同様の内容を掲載したところで、副次的ページとしてGoogleは解釈してしまうのだと思われます。結果、細かな案件ページをまとめただけのページではオリジナル性もなく、評価も下落するのではないでしょうか。事実、Googleは以前より「案件を寄せ集めたサイト内検索結果のようなページをGoogleの検索結果からリンクさせたくない」旨を公表しています(ユーザーにとって検索結果から検索結果に飛ぶ仕様は二度手間になるのでランキング評価が低い)。

しかも、文節インデックス(Passaged Indexing)の話もあります。これはページ単位で概念化する動きではなく、細かな文節単位(一文一文)で概念化するという動きです。すでに入っているのか入っていないのかは分かりませんが、いずれにせよGoogleは細かく文章単位で内容を理解するということですので、より前述のオリジナル性検知が深くなるのだと考えています。

「じゃあ1ページに情報を詰め込んで余計な重複を省いたサイトページのほうが良いんじゃないか」という考えもありますが、そこはユーザーにとって適切な長さや内容が宜しいでしょう。実際「ファーストビューを見てメインコンテンツや主旨が分からないサイトページはユーザーにも分かりにくいので評価は低い」という側面もあります。これはCore Web VitalsのLCP(Largest Contentful Paint:最大コンテンツの描画)にも相関する話です(ただ、うまく調整できない場合でも、ナビゲーション等でファーストビューに主旨やページ展開を紹介するコンテンツを入れておけば何とかなるかもしれません)。
いずれにしても適切な長さを追求すると良いでしょう。

ふわふわ

というわけで

とりとめもなく最近の傾向を述べてしまいましたが、でもなんとなくどういう方向性でコンテンツ展開していくのが好ましいか、サイトオーナーであればご理解いただけるのではないでしょうか。最近は、この辺のランキング評価に関する方向性を推察することと、ユーザー心理を推察することにズレがなくなってきている気がします。だからこそこの辺の議論は楽しくなってきているのですが、一方で複雑すぎて考えるのを止める人も増えてきていますよね…。
話し相手が少なくなっていることは個人的に残念ではありますが、その分ユーザーだけを見てサイトページを設計するようになるのでしたら、それが本質且つ健全なことなのでしょうね。

そんなことをしみじみ思いつつ、2020年の本ブログ執筆を終わらせたいと思います。
皆様、今年もお世話になりました。良いお年をお迎えくださいませ。


関連記事

目次の順序はランキングに影響する?

コラム等の記事を読んでいると、どの記事も面白いように「とは」「種類」「メリットデメリット」「使い方」「注意点」の順番で目次設定されていて、その通りのストーリー順序で記事化されています。これは以前にも私は触れています。しかし、この順序はSEO評価(検索順位が上がりやすいこと)に繋がるのでしょうか。私の ...(続きを読む)

検索結果タイトル生成アップデート

Googleは米国現地時間8月24日、Webサイトページを検索結果に表示する際、タイトルを生成する新しいシステムを導入したと発表しました。記事内容を和訳しながらご紹介したいと思います。 検索結果表示のタイトルについて 元々、ずいぶん前からタイトルの書き換えは起こっていました。私も以前記事にしていまし ...(続きを読む)

Googleが検索の仕組みを案内

もう何度も何度も何度もGoogleは案内してきていると思いますが、改めてGoogleは「Google検索の仕組み」ページのデザインをリニューアルして公開しました。合わせてThe Keywordでもその内容を案内していますので、和訳してご紹介します。 Google検索の仕組みについて 新しくGoogl ...(続きを読む)

構造化データテストツールは別モノへ

2020年の7月に構造化データテストツールが廃止予定であることをGoogleは予告していました。要はリッチリザルトテストツールに統合されるという話でした。そして8月9日に構造化データテストツールはSchema.orgのテストツールとして変貌しました。 そもそもどうだったの? もともと、構造化データの ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。