未成年者の画像を守る方法

Googleでは、18歳未満の子どもがGoogle画像検索等に表示されることで悪質な事態になることを防ぐために、新機能を実装しました。その使い方についてThe Keywordにて説明されていますので、その内容をご紹介します。もともと画像削除依頼の連絡ツールはありましたが、今回はその中でも児童に関する専用フォームが出来た、という話です。

画像検索

ふわふわ

申請ツールに関して

近年、児童ポルノや、子どもがゆえの過ちに関して、その画像がいつまでも出回ってしまうことにより、本人が一生背負って生きなければならない問題が増えています。もちろん犯罪に起因、誘発しない場合においても、色々な交友関係や本人が意図していない部分で画像流出してしまうケースもあるとは思います。それらを少しでも抑止できるよう、Googleは検索プラットフォームとしての措置を講じているようです。そんな中、Google画像検索において表示できないようにする方法をGoogleが案内しています。

検索で未成年者が自分の画像を管理できるように

今回の記事では、Google検索で未成年者の画像をより制御できるようにする新しいツールに関して、児童や10代の若者、その家族がどう利用できるかについてご説明します。Googleでは、すでに検索からコンテンツを削除するための様々なオプションを提供していますが、児童や10代の若者にとって、自分が写った写真が予期せずインターネット上に公開されてしまった場合、オンライン上という特殊な環境において様々な問題に対処しなければならない、と難しく感じるのではないでしょうか。
今回新たに導入されたポリシーでは、18歳未満の方、またはその親権者が、簡単ないくつかの手順で、検索結果から画像の削除を申請できるようになりました。この申請によって、対象画像が画像タブやGoogle検索のどの機能にもサムネイル表示されなくなります。
 

Google検索結果からの未成年者の画像削除の申請方法

18歳未満の方で、Google検索結果から削除したい画像がある場合は、本人または親権者、後見人、委任された代理人が、以下の手順で画像削除をリクエストできます:


  • 新しいポリシーのヘルプページで、リクエストフォームを使用する際に必要になる情報を確認してください。
  • こちらのサポートリンクにあるフォームを使って、削除申請ください。
  • 検索結果に表示されている画像を報告するためにフォームに次の必要事項を入力ください:
  • 削除申請リクエスト後、Googleチームがリクエスト内容を確認し、削除要件を満たしているかを確認するため追加で必要情報をおうかがいする場合もあります。要件を満たしている場合、画像の削除が完了した時点でユーザーに通知します。


ご注意いただきたいのは、Google検索結果から画像が表示されなくなったところで、その画像がインターネット上から削除される訳ではないということです。つまり、ネット上から画像を無くしたければ、画像が表示されている該当サイトの所有者に連絡して、画像の削除を依頼しなければなりません。その一般的な方法についてはサポートページで詳しく説明しています。

今回の変更により、若者が自分の消せない過去や画像が検索結果画面上で表示されてしまう状況をより制御できるようになると考えています。Googleでは引き続き、児童や若者、その家族がオンラインで情報を探索する際の安全性を確保するための取り組みをしています。

引用)The Keywordより和訳

ふわふわ

特別措置ルート

もともと自分の著作物である画像を転用されていたり、何かしらの侵害を行っているWebサイトページに対してはDMCA(デジタルミレニアム著作権法)に基づいてGoogleに申請することができました。その際に転用された自分の画像が自分のものであるという証拠が必要ですし、フリーフォーマットにどこまで詳細に記載できるかが重要でした。

しかし、児童やその(中高年の)親たちは必ずしもネットリテラシーが高いわけでなく、ましてや犯罪の温床になりかねない、速やかに対処しなければならない児童写真等に関して、もたもた対応していては手遅れになります。そこでGoogleでは特別に児童や若者向けの専用フォームを設けることで、必要事項への記載を簡素化することにしたようです。これにより情報を過不足無く受け入れ、迅速に対応できるようになるでしょう。おそらく画像に関するGoogleの審査も一般のDMCAルートとは別の流れで進めるのではないでしょうか。

日本はまだそこまで深刻ではありませんが、海外等では非常に敏感な問題になっています。SEOに向けた云々という話ではありませんが、一応、一般知識として「専用のやり方がある」ということは覚えておくと良いでしょう。


関連記事

202112商品レビューアップデート

Googleでは、今年4月の商品レビューアップデート以降、2回目の商品レビューアップデートを行ったと、米国現地時間12月1日にSearch Central Blogで発表しました。まずは前回の和訳した記事をおさらいいただいてから本記事をご覧いただければと思います。そして、その続編としてGoogleが ...(続きを読む)

202111コアアップデート

遅ればせながら...ですが、Google検索では、去る米国現地時間11月17日に、コアアップデートを行うことを発表しました。その翌日にはロールアウトが始まり、1,2週間で完了するとのことでしたので、そろそろ終わっているかもしれません。速報ではないものの、一応今後のアーカイブのためにここでも記事にして ...(続きを読む)

Search Consoleを改善していくみたい

2018年1月から全ユーザーが徐々に新しいSearch Consoleへリニューアルされるようになり、2019年9月に旧Search Consoleが完全に終了しました。それから2年以上、機能の追加はあったものの、基本的UIは変わらなかったSearch Consoleですが、この度デザインが変わりま ...(続きを読む)

Googleビジネスプロフィール

GoogleマイビジネスがGoogleビジネスプロフィールという名称に変わります。そして、ビジネスプロフィール所有アカウント者はGoogleにログインしている状態で完全にGoogle検索結果画面やGoogleマップから内容編集や設定ができる用になります。Googleが米国現地時間11月4日と11月5 ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。