モバイル表示速度がランキング要素化

だいぶ遅い情報ですが、次回のモバイルフレンドリーアップデート時にはモバイル表示速度が影響してくるとのことです。私も年内にはモバイルの表示速度がモバイルSEOに影響すると言い続けてきましたが、どうやら年内にはアップデートとして導入される模様ですね。今のところはモバイル検索順位に関して、デスクトップのSEO要素を基盤としながら、いくつかの項目においてモバイルフレンドリーが要素適用されていたのみで、モバイルSEOに関わる表示速度はあくまでもデスクトップ表示速度に依存していました。ですので、ようやくこのねじれ現象が解決されそうです。

スピード

ふわふわ

Googleのゲイリー・イリーシェ氏によると

THE SEM Postによると、現地時間6月1日にシドニーで開催されたSearch Engine SummitでGoogleのGary Illyes氏がこの件に触れたようです。

Google has long talked about wanting to make page speed a mobile friendly factor, but this is the first time someone from Google has confirmed that it is actually coming.
I also asked Illyes when this would be coming, and he first said he didn’t want to give a date, which is understandable. But when I asked if we could expect it on months or years, he said that he w0uld expect to see it within “months”.

<意訳>
モバイルフレンドリーの要件において、モバイル表示速度を組み込むことはGoogleがずっと願っていたことでした。しかし、それが実際に間もなく導入されると確認できたのは今回が初めてです。
それがいつのことになるかイェーシュに訊ねましたが、彼は日付を特定して言いたくないと仰っています。勿論、そのことは理解できます。そこで「数ヶ月という感覚値ですか?数年という感覚値ですか?」と訊いたところ、「おそらく数ヵ月以内だろう」と答えてくれました。
引用)THE SEM Post

 
近いですね。数ヶ月を2,3ヶ月というイメージで捉えるならば、今年の秋口くらいには実装されるのでしょうか。

He also said that Google has been very transparent about everything with the mobile friendly update, so SEOs should expect to see something on Google’s webmaster blog when it happens. And if history is repeated, we will get at least a couple of months notice before before it becomes reality.

<意訳>
モバイルフレンドリーアップデートに関して、Googleは情報の透明性を明らかにしているとイェーシュも言っているので、実際に導入される時はGoogleウェブマスター向け公式ブログでしっかりと発表されるでしょう。そして、昨年にモバイルフレンドリーが導入された時と同じように捉えるなら、少なくとも導入2ヶ月前に告知されるのではないでしょうか。
引用)THE SEM Post

 
モバイルフレンドリーにおいて、Googleのウェブマスターへの通知が今まで通りなのであれば、Googleウェブマスター向け公式ブログにしっかりと事前告知されるはずだと言っていますね。

This is also key because this would be the first time that something is included into the mobile friendly algo that isn’t strictly an on-page user experience issue, although page speed definitely plays a role in user experience. But how would Google factor this? Would it look at sites that are below a specific page speed metric on mobile?

<意訳>
これは、今まで「できている、できていない」のイチゼロ解釈で済んだモバイルフレンドリー要件ではないアルゴリズムとして、初めての要素になるのではないでしょうか。しかし、確かに表示速度は明らかにユーザー体験を左右する一因になります。それにしても、Googleはこの要素をどう定量化していくのでしょう。モバイル表示速度の速いサイトページ基準値をどう設けていくのでしょうか。
引用)THE SEM Post

 
実際に表示速度をどう捉えて基準化していくかについては、まだ試行段階のようで、読込速度等の単位等に関しても明確化していないようです。しかし、この記事を読み進めると分かりますが、より速い表示速度のサイトページをプラスに働かせる要素というよりは、表示速度の遅いサイトページに対してランキングを下げていく要素となりそうです。

ふわふわ

表示速度の遅いモバイルサイトページはテコ入れしておきましょう

この記事を読む限りの私の個人的見解としましては、例えば、PageSpeed Insightsでモバイルの表示速度が60点以下の場合はランキングを下げる、とかそういう話なのではないかと考えています。それであれば確かにあと数ヶ月で導入することも可能そうですし…。

いずれにしましても、今のうちにPageSpeed Insightsで確認するなり、think with Googleで確認するなり、GTmetrixで確認するなりして、致命的に表示速度の遅い箇所を修正することをオススメします。


関連記事

目次の順序はランキングに影響する?

コラム等の記事を読んでいると、どの記事も面白いように「とは」「種類」「メリットデメリット」「使い方」「注意点」の順番で目次設定されていて、その通りのストーリー順序で記事化されています。これは以前にも私は触れています。しかし、この順序はSEO評価(検索順位が上がりやすいこと)に繋がるのでしょうか。私の ...(続きを読む)

検索結果タイトル生成アップデート

Googleは米国現地時間8月24日、Webサイトページを検索結果に表示する際、タイトルを生成する新しいシステムを導入したと発表しました。記事内容を和訳しながらご紹介したいと思います。 検索結果表示のタイトルについて 元々、ずいぶん前からタイトルの書き換えは起こっていました。私も以前記事にしていまし ...(続きを読む)

Googleが検索の仕組みを案内

もう何度も何度も何度もGoogleは案内してきていると思いますが、改めてGoogleは「Google検索の仕組み」ページのデザインをリニューアルして公開しました。合わせてThe Keywordでもその内容を案内していますので、和訳してご紹介します。 Google検索の仕組みについて 新しくGoogl ...(続きを読む)

構造化データテストツールは別モノへ

2020年の7月に構造化データテストツールが廃止予定であることをGoogleは予告していました。要はリッチリザルトテストツールに統合されるという話でした。そして8月9日に構造化データテストツールはSchema.orgのテストツールとして変貌しました。 そもそもどうだったの? もともと、構造化データの ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。