MFI化の進捗は?

サイバーエージェントSEO情報ブログを拝見して、In-House SEO MeetupにおけるGoogleのGary Illyes氏の話が非常に興味深かったので、思わずこのブログでも紹介したいと思います。MFI(モバイルファーストインデックス)についてです。

速く進め

ふわふわ

3つの興味深い内容

元記事には詳細が記載されていましたが、私が気になったのはGary Illyes氏が発言した(とされる)以下の点です。

  • MFIの導入は準備が出来たサイトから順次移行していく予定
  • 準備の出来たサイトはSearch Consoleで通知され、MFIへの移行有無を判断できる
  • Googleはレスポンシブを公式推奨

この内容を拝読する限り、クオリティニュートラルな(=デスクトップからモバイルに評価移行してもランキングに大きな影響を及ぼさない)サイトからMFI化していくと推測できますし、おそらく年内にその第1弾が導入されるかは微妙ですね…。

ちなみにGoogleがレスポンシブを推奨している理由として、コンテンツ、各種タグやアノテーション、構造化データの設定がデスクトップとモバイルで統一されていないらしく、そのせいでクオリティニュートラルが非常に実現しにくいようです。

ただし、既存サービスをレスポンシブウェブデザインに移行するということは簡単ではない場合も多いと思われます。アメブロもそうですが。(アメブロはMFI考慮してセパレートからダイナミックサービングに移行済み)その場合は仕組み部分で、

  • デスクトップとモバイルで原則同じコンテンツを提供する
  • 構造化データやhreflangなど検索エンジンが参考としたり検索結果に使用したりするものを落とさない
  • モバイルでもデスクトップでも同じ体験を提供できるようにする

あたりができればダイナミックサービングでも問題はないと思います。
(個人的にはクロール効率等の問題でセパレートは避けたほうが良いと思っています)

引用)サイバーエージェントSEO情報ブログ

しかし、確かにMFIやレスポンシブウェブデザインに移行するサイト運用者側のメリットが感じられなければ、いつまで経ってもMFIは進まないでしょう。元記事にも書いてある通り、MFI化やレスポンシブ化したサイトはランキング評価が向上するというアルゴリズムを作ったほうが、MFIは進むと思います。

せっかくMFI化に向けて(ある意味Googleに協力的なスタンスで)、手間暇かけてモバイル体験を最適化しても「いや、そもそもユーザーのことを考えれば、それ当然の話だから」だけでは重たい腰が上がらないのかもしれませんね(笑)。少なくとも企業サイトのご担当者様側はそんなイメージなのでしょうね…(笑)。

ちなみに、私は全くそうは思いません。
販売促進のために集客の入口(Google検索)だけ最適化したって、その後がダメダメなら全然販売促進の目的は達成できていませんから。でも、得てして企業サイト側は集客入口とその後で担当者や担当部署が異なるケースが多く、それゆえ前述のような状態に陥ってしまうのだと思います。

ふわふわ

で、MFIいつになるの?

これは私の完全な憶測ですが、MFI化は順次導入で間違いないと思いますし、その第1弾の波が年内に導入されるとは思えません。Googleは公式に何かしらの予告をするに違いないと思いますし、まだまだ決められていない要素が多すぎるはずです。

まぁ2018年には始まるとは思いますが、ユーザーだけでなく、運営者側のMFIメリットも考慮してもらいつつ…運営者側は(デスクトップかモバイルか)どちらに転んでも評価を受けられるような準備を進めていくしかありませんね。


関連記事
新型コロナウィルスの影響により、実店舗だけでなく(特に物流ビジネスを主としている)オンラインビジネスでも停滞を余儀なくされているサイト運用者もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな運営の停滞に伴って、Google検索におけるSEO上の措置についてGoogleが案内してくれていますので、ご紹介します ...(続きを読む)
SEOに向けて分析している中で、「競合サイトや他の業界はどのくらいのペースや頻度でページを増加しているんだろう」と思ったことはございませんか? 以前、before/after:の検索コマンドをご紹介したことはありましたが、厳密に日付単位で順位状況は分かっても、その時期に公開されたページかどうかは分か ...(続きを読む)
コロナウィルスによって、エンターテイメント業界中心に数多くのイベントや催事が世界レベルで中止や延期になっていますよね。経済破綻の恐れもある中で、各運営元も選択を余儀なくされています。そんな時、検索ユーザーに対してもいち早く対応できるよう、構造化データの共同母体であるSchema.orgの情報更新に伴 ...(続きを読む)
最近耳にするようになった「リードナーチャリング」という言葉。マーケティング用語の一環ですが、その名の通り「lead(導いて)」「nurturing(育てる)」という意味からも、潜在顧客にアプローチし購買意欲を高めるための見込み顧客育成として使われます。要はリーチした潜在顧客をCold→Cool→Wa ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。